スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年開幕☆ 中日1回戦 ~涙の8年ぶり開幕勝利~

震災の影響で日程が順延となり、地元横浜スタジアムでの開幕となった。ベイスターズは開幕戦7年連続で負けてい
る。最後に勝利したのが、2003年のタイガース戦までさかのぼるというのだから、もう開幕=負け=今年もかとい
うのがベイファンにとって通例となっている感すらある。

その”開幕戦連敗”をストップするために、オリックスから移籍の山本投手に開幕投手を託した。

続きを読む

がんばろう東日本

今日は横浜スタジアムで開催されたチャリティーマッチ、ベイスターズ対タイガース戦を観戦してきました。

試合内容はベイスターズの良いところばかりが目立ちました。去年とは違うぞ!そんな場面が多々見られ、今季の戦いに希望がファンには持てたのではないでしょうか。

しかし、こうしてる間にも普段の生活とは違う苦しい環境の中一生懸命生きている人達がいると思うと、野球をぼんやり見るなんて行為は間違っているのかもしれない。

そんな気持ちが心に残りながらの観戦でした。

プロ野球界に出来る事はあらゆる面で復興に尽力しファンに希望と勇気を与え続けることでしょう。

今日も何度か、頑張れ!東北の言葉が応援に混じり聞こえましたが、その声は被災地の方に届くはずです。

今こそ、日本が一つになるとき。私もこれからも出来る事に全力で取り組んでいこうと思います。

昨日、スカスタにて。

昨日は、B-SPIRITの特典でイースタンリーグを見に行きました。その当日の様子。

スカスタに着いたのは試合開始30分くらい前。

震災の影響でそんなに人はいないかな?と思ったけど、、

席はほぼ満席でした。。

スタンドに行く前に、募金もしっかり済ませたところ。
どこかで見たことがある女性がいると思ったら、

大矢陽子さんでした

握手を求めたら快く応じてくれました☆変わってなかったですねー。

さて、試合内容ですが、

野手陣が全然振れていませんでした

振れていたのは、新加入の一輝選手ぐらい。

土壇場で同点タイムリーを放った大原淳也選手も良いアピールになったでしょう。

まだまだ調整段階と思えないのが、3年連続最下位チームの悲しいところ。

ただ、ノー作戦でフリーに撃たせていた印象も少なからず残ったので、まだまだと見ていいでしょう。

また、気になったのは、吉村。

彼の復活なくして浮上は有り得ないと思っているんですが。

フォームは非常にリラックスして良いのですが、始動からは悪い時の彼のままでしたね。
今流行のノーステップにしろとは言いませんが、確率の悪さは改善していないと感じました。

あと、筒香。

ちょっとしたきっかけで大化けしそうですが、それをつかめなければ厳しい結果が待っていそうです。

身体も大きいし、スウィングもスーさん仕込みの綺麗なスウィングしてます。

打球が真後ろにいくことが多かっただけに紙一重なんだなと感じました。

後は、ライオンズの若手が活きが良かったこと。

先発の中崎は多少バラツキがあるものの、ダイナミックなフォームで良い印象を持ちました。

後は、浅村ですね。非常に力強く、器用なスウィングをしています。彼は一軍でも通用するでしょう。土井さんは次々と送り込んで来ますね、さすがです。

キャッチャーの岳野もうちの武山とは比較にならないほど体つきが良かったし、育成の方法がやっぱり違うのかなと感じました。


まぁ、ざっとこんなとこが印象に残りましたが、 1番感じたのは、ファンみんな野球が好きなんだなと言うこと、また、野球を見れることが幸せなんだと言うことです。

野球は素晴らしいスポーツ。プロ野球を開催するのが悪ではないと私は思います。ただ、時期や開催方法など世論の納得を得るか得られないかでしょう。

皆が納得できる道が必ずある。

そう思いたいですね。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

覚悟

まず初めに。

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。
一日も早い、復旧、復興されますようお祈り申し上げます。

私たちに出来ることは復興を支援していくことしか出来ません。一人一人が可能な限り協力していけば必ず乗り越えられると信じ、今こそ日本人の底力を見せようではありませんか!

朝から、スーパー・ガソリンスタンドに並んでいる人を見るたびに残念な気持ちになります。
並んでいる人も必要最低限で良い、極力、東北地方にと言う気持ちを持っている人がほとんどだと思いますが…。

何が無い、停電だ、不便だ。それを被災された方を前にして言えますか?

モラルのなさがここまで来たかと残念でなりません。

また、プロ野球の開幕問題など言語道断。絶対に延期すべきです。
勇気と希望を与えるのが、目的なら、収入を全額チャリティーに出来ますか?
所詮、延期による費用の負担が嫌だからというのが、理由でしょう。

今、プロ野球界に出来ることは、野球ではないということを分かってほしい。

今年、NPBが掲げたスローガンは『覚悟』だったはず。

その意味をもう一度、自問自答して欲しい。

そうすれば自ずと道は決まるはず。

さよなら2010年

2010年もあと3日。


皆様にとって今年はどんな年だったでしょうか。


政治は同じ党で足の引っ張りあいで国民不在の状態が続いていますし、経済もデフレから脱却できないで相変わらずの外需頼み。

良くも悪くも中国との関係がクローズアップされた年でしたが、隣国である以上、上手に付き合っていくしかないんでしょう。

さて、ここは野球のブログなので、そちらに話を戻しましょうか。


あんまり余計なことしゃべると知識の無さがばれますからね(苦笑)


まず、ベイスターズ。


史上初の3年連続90敗で最下位という記録的?な年となったわけですが、尾花さんになり変化の兆しは感じることが出来たと思います。

ただ、監督・コーチ陣と選手との間の意志疎通が薄いのかと感じる場面が多々ありましたね。

やるのは選手なわけですから、チームの方針にのっとってやっていかなければ、まとまるものもまとまりません。

外からの刺激がチームの好転に繋がる事を期待して止まないですね。

そして、一番のニュースになってしまった身売り騒動。来季は引き続きTBSが保有するものの、引き続き身売りの火が燻っている状況です。
これはベイスターズだけの問題ではありません。日本プロ野球界全体の問題であります。
人気のある球団におんぶにだっこの時代など当におわってます。共存共栄こそ生き残る道なのですから、なぜもっとそういう面に取り組んでいかないのか不思議でなりません。

底辺の拡大や国際化問題、ドラフト改革など課題は満載ですよ。

2004年の騒動から来年で7年も経ちます。あれからプロ野球は何が変わったのか?また、何が変わっていないのか?もう一度精査して頂きたいですね。

さぁ、もうすぐ2011年です。来年は良い話題がたくさんブログで書ける、そんな年になって欲しいです。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。