スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、スカスタにて。

昨日は、B-SPIRITの特典でイースタンリーグを見に行きました。その当日の様子。

スカスタに着いたのは試合開始30分くらい前。

震災の影響でそんなに人はいないかな?と思ったけど、、

席はほぼ満席でした。。

スタンドに行く前に、募金もしっかり済ませたところ。
どこかで見たことがある女性がいると思ったら、

大矢陽子さんでした

握手を求めたら快く応じてくれました☆変わってなかったですねー。

さて、試合内容ですが、

野手陣が全然振れていませんでした

振れていたのは、新加入の一輝選手ぐらい。

土壇場で同点タイムリーを放った大原淳也選手も良いアピールになったでしょう。

まだまだ調整段階と思えないのが、3年連続最下位チームの悲しいところ。

ただ、ノー作戦でフリーに撃たせていた印象も少なからず残ったので、まだまだと見ていいでしょう。

また、気になったのは、吉村。

彼の復活なくして浮上は有り得ないと思っているんですが。

フォームは非常にリラックスして良いのですが、始動からは悪い時の彼のままでしたね。
今流行のノーステップにしろとは言いませんが、確率の悪さは改善していないと感じました。

あと、筒香。

ちょっとしたきっかけで大化けしそうですが、それをつかめなければ厳しい結果が待っていそうです。

身体も大きいし、スウィングもスーさん仕込みの綺麗なスウィングしてます。

打球が真後ろにいくことが多かっただけに紙一重なんだなと感じました。

後は、ライオンズの若手が活きが良かったこと。

先発の中崎は多少バラツキがあるものの、ダイナミックなフォームで良い印象を持ちました。

後は、浅村ですね。非常に力強く、器用なスウィングをしています。彼は一軍でも通用するでしょう。土井さんは次々と送り込んで来ますね、さすがです。

キャッチャーの岳野もうちの武山とは比較にならないほど体つきが良かったし、育成の方法がやっぱり違うのかなと感じました。


まぁ、ざっとこんなとこが印象に残りましたが、 1番感じたのは、ファンみんな野球が好きなんだなと言うこと、また、野球を見れることが幸せなんだと言うことです。

野球は素晴らしいスポーツ。プロ野球を開催するのが悪ではないと私は思います。ただ、時期や開催方法など世論の納得を得るか得られないかでしょう。

皆が納得できる道が必ずある。

そう思いたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

一野球ファンとして

こんばんは!!よっしー!!

早速、横須賀スタジアムのレポ、ありがとうございます!
陽子ちゃんは、一ベイスターズファンとして、行ける時は、
球場に足を運びたいとずっと言っていましたからね。
相変わらずのニコニコした愛想の良さで、応じていたんじゃないでしょうかね?

ところで試合の方は、他の方のところでもレポを見ましたが、
一也くんと大原淳くんが良かったようですね。
一也くんはいまさら言うことはないですが、大原淳くんは、
守備は問題なくとも打撃に課題があっただけに、自信になったと思います。

裕基に関しては、あまり言い訳にしてはいけませんが、
フォームを矯正中に実戦感覚が鈍ってしまったのも
影響しているように思います。紅白戦ではずっと良かったそうですからね。
筒香くんに関しては、本人もよく分かっているようですが、
体重が後ろに掛かりやすいみたいで。意識的に前に前に
するようにしているようですが、本人がこれを克服したら、
外国人勢と言い争いになるんじゃないでしょうかね?
そしてもう1つこの試合で忘れてならないのは、
イースタンの試合であり、育成と1軍に向けての実戦の場であるということ。
オープン戦が中止になり、開幕の延期などもあり、
1軍の主力が調整の場として出てくるというのは、決して良いことではありません。
日程の問題や開催方法、開催地の問題もそうですが、
12球団で同じ方向を向けない、プロ野球の良くないところが、
こういうところにも出ていると思います。

ファンは野球が好きだからこそ、安心して誰もが楽しめる状況下で
見たいという思いが強いはずです。
中途半端に29日(火)からの開幕にしようとしているセントラルは、
ファンの気持ちを無視している以上は、いくらたっても
いい方向にはいかず、同じ方向を常に向いているパシフィックから
ドンドン離されていくだけです。危機感があまりになさ過ぎますね。
何しろ代表者会議でも選手会の臨時会でも、意見を言っているのが、
東の3球団のみじゃ話しになりません。
ましてや他球団の動向を見てという西の3球団の及び腰、
《結局29日開幕で同調、強い反対のベイスターズ、スワローズは押し切られた格好に。》
選手会では、選手会長にすべて任せていますなんて言って、
動きまくっている新井くんや慎二を悩ませている森野くん。
球団の姿勢がこういうところにも出ていますよ。

あと、そうそう最後に1つ。計画停電の合間に、
ベイスターズが取り組んでいる『がんばろう日本』プロジェクトのことを
ブログで取り上げました。良かったらこちらも読みに来てください。

ふうちゃん、こんばんは。

ブログに先程お邪魔致しました。

がんばろう日本~PLAY for NIPPON~プロジェクト、三日間で5,341,983円の募金となったようですね。

私の母親方の親戚が小名浜に住んでいるのですが、浜の方は甚大な被害となっているようです。

少しでも力になれることがあれば何でもしたいという気持ちが今まで以上に強くなってきました。

開幕問題の対応は明らかにパリーグの方が理にかなっているというか筋が通ってますよね。
開幕日、ナイター対応、延長戦の有無、どれをとっても。

セリーグの対応は、

『被害が出ているのはパリーグなんだからあたし達は同調しないよ。』

というようにしか見えません。

一般社会との価値観の違いをまざまざと見せ付けてくれでますね。自らプロ野球を衰退しているようにしか思えません。

ふうちゃんとずっと話してきた『プロ野球の膿』はまだまだまだまだ残っているんですね。

イースタンの在り方に関して、仰るとおりだと思います。
私も見ているかぎり、明らかに調整の場に利用されていた感じでしたからね。

足並みを揃えることが未だに出来ないプロ野球界に未来は果たしてあるんでしょうか。

足並み

こんばんは!!よっしー!!

ブログにきてくださって、コメントもありがとうございました!
今後もこれは取り上げていって、自分でも出来ることを
いろいろしていきたいと思っています。

ところでプロ野球の開幕問題は、さすがに2度目の文科省と
蓮舫さんのお叱りで、今度こそ同じ方向に向けるのかなと思っていますが、
まだいまだにドームの1球団は反発なんですね。
西の球団は、持ち帰って考えるというドラゴンズの白井さんのコメントのみ。
ベイスターズは今日も、選手会の意向を受けて強い反対の姿勢を見せました。
本当に慎二は、家族が被災しただけにいろいろよく分かっているし、
動いてくれています。球場で、しっかり支えて応援してあげたいです。
がんばれ!という言葉ではないカタチで。

コミッショナーが全くダメですね。今まで以上に及び腰で、
ダメだしをされるって、情けなさ過ぎます。
野球のことを良く分かっているコミッショナーなんだし、
12球団をしっかりまとめるのは自分。権限を強く持つという意識を
もっともって欲しいです。

Jリーグは今日も同じ方向を向いて動きましたよ。ちゃんとした
開幕する上での理由、アントラーズやベガルタのように被害を受けたチームのバックアップも含めて。
この辺りとの差はすごく大きく感じます。
当初のセントラルの開幕だった25日、そして29日のチケットは、
ドームのあのチームと関西のチームのチケットは、
例年になく売れてない上に、オークションにもかなりの数が出され、
Twitterでは、ファンがボイコットとか不買運動を始めるなんていう声も
出ている状況です。危機感を持たないと、ちゃんと耳を傾けるべきところに
耳を傾けないと、セントラルはドンドン置いていかれますね。

イースタンのあり方にとっても、育成と1軍に向けての実戦の場である以上、
上の人間がしっかり、1軍の選手は他で調整できる場を作るべきでしょう、
練習試合が出来ていたなら、同じようなカタチを特例で作るぐらいにしないとダメですね。
緊急時だったら、特例を認めるぐらいあっていいはずですから。

ふうちゃん、こんばんは。

4月12日にセ・パ同時開幕という形でようやく決着しましたね。
決着したものの、プロ野球界が一枚岩ではないということ、色々な所から言われて変えたという後手の印象は拭えません。

プロ野球の試合が国民に勇気を与える。

それを名目に強行しようとした姿はファン離れに繋がってしまいのではないでしょうか?

スポーツが希望と勇気を与える、そう自然と思われる日は焦らなくてもやってくると思います。

今までと同じ環境、心境とはいかないまでも、選手がある程度プレーに集中出来る日が来るはず。

その時に、プロらしい素晴らしいプレー、試合をしてこそプロ野球選手が輝く時です。

強く

こんばんは!!よっしー!!

ようやくセントラルとパシフィックと同時に4月12日(火)での開幕になりましたね。
結局最後まで抵抗を続けたジャイアンツをスワローズとベイスターズの最初の
強い意志が押し切った格好です。笹川さんは運営面の問題を元に、
途中、29日での開幕ならという方向転換をして、慎二がショックを受けていたのを
知っていたので、笹川さんがキチンともう1度選手とファンの耳に傾けて、
オーナーも含めて、強く言ってくれたのは、ベイスターズがいろいろと
変わりだしている1つの証だと思います。
オープン戦でもイースタンでもなかなか結果が伴っていませんが、
《昨日は練習試合があり、結果も伴いましたね。今後も開幕までは、
練習試合を各球団で協力し合ってするようです。》
後は選手が自分たちで乗り越えると言う強い気迫と意思が欲しいです。

ところで強行開幕をしたら、ファンはかなり離れるでしょうね。
しかも特定球団に集中すると思います。
Twitterだといろんなファンの気持ちや動きがすごく分かりやすいですが、
ジャイアンツファンも選手も批判の対象になってかわいそうだなと思いました。
あとはドラゴンズのファンやタイガースファンもそうですね。
けんかしていましたし。1枚岩になるということは、ファンも同じ方向を
向かないといけないし、特定のチームのファンであっても、
これは間違っていると思ったら、キチンと意見を言わないと。

今回、この騒動を見て思ったのは、ファンの中でも
『野球さえやってくれれば・・・』という意見が思いのほか多かったのは
すごく残念です。野球だけ・・・特別扱いは出来ません。
野球に限らずスポーツも音楽、芸術、文化と共に、
人の心を救うことが出来るものです。

そのために今、まず何をすべきなのか?
プロとして何をするべき名なのか?
あらためてプロ野球界に問われている気がします。

選手は12月だってプレーするという気持ちでいるんですし、
それに答えるだけの環境を作るのもうえの仕事ですし、
支えるのはファンですね。だからこそ選手もその期待を裏切らないように。
やっぱりプロ野球はすばらしかった、そう被災された方から
少しでもそういった声が聴けるように、今はまず復興に向けて
動いていかないと。

ふうちゃん、こんばんは。

彼岸も過ぎたのに、寒い日が続いていましたが、ようやく春らしくなってきましたね。
また、東北地方では相変わらず余震が続いています。被災された方々の気持ちも計り知れないものがありますね。
引き続き私達が出来ることはやり続けていかなければなりませんね。

さて、開幕まであと2週間になりましたが、ベイスターズにとっては延期がプラスに働くかも知れませんね。直行さんも開幕までには戻れるかもしれないですし。
また、開幕日は12日に決まったものの、課題は山積みですね。
日程や試合時間などなど12球団がお互い協力し合わなければいけないでしょうし、見直す所は見直して欲しいですよ。

確かに。プロ野球だけ特別扱いなどありえませんよね。今までとは普通が普通ではなくなっているんですから。
興業や娯楽は平和であることが前提にあると私は考えます。日本はその土壌が当たり前になりすぎているということが今回の震災で思い知りました。

これからのプロ野球界がどうなるか?その方向性が決まる一年になることは間違いないですし、いつまでもファンや取り巻く資本がついて回ると思っていてはダメでしょう。

もう少しで

こんばんは!!よっしー!!

ようやくここに来て春の気配が出てきましたね。
もう少しで春本番になりそうです。
東日本大震災から復興に向けて、ようやく少しずつ動き出しましたが、
原発の問題があって、進む地域と進めない地域との差も出てきそうで、
チョッとそれだけが心配です。
こちらは今、自分が出来ること、すべきことをしっかりやるのみですね。
またブログでも書きましたが、経済が冷え込まないように、
街から活性化が失われないように、
自粛が続いているイベントごともチャリティー目的でやるなどの
工夫が必要ですね。被災地域の宮城や岩手などからも
このことに関しては、中止をして欲しくないという知事らのコメントが出ていますし。

野球に関しては、センバツ高校野球を見ていて、プロ側が気がつかされた
ことはたくさんあったんじゃないかなって思いますね。
今年はあまりここまで見れていませんが、開会式での選手宣誓、
あるいは破れた被災地の東北高校や茨城の水城高校、勝った
光星学院など、本当に野球が大好きで一生懸命、最後まで
全力でプレーしていましたから。でも彼らはその前に自分たちが
すべきことをやってのことで、またこれからも野球の前に
やることがあるというコメントも出ていますから。
プロが本当はそういう面でお手本を見せないといけないんですがね。

日程や試合時間の問題は、言ってしまえば、ドームの弊害だと思います。
神宮の場合は大学野球の優先があるので例外になりますが、
屋外での野球場なら出来ることができないというのもありますからね。
地方球場から受け入れを準備してくれているところもありますし、
本拠地・フランチャイズでしばらくゲームが出来なくても、
プロ野球のすばらしさをアピールするという取り組みを12球団で
協力し合ってやっていって欲しいですね。
ベイスターズは、その辺は柔軟に協力的で《日程的に無理な時期もありますが》、
神奈川県内の球場《平塚や相模原》を中心に県内周辺の球場も使ったりもして、
スタジアムを他球団に貸すということも考えたりはしているようです。
特別扱いでないプロ野球として、今何をすべきか?
本当にその方向性が示される大切な1年になりますね。

ベイスターズにとっては、開幕の延期で故障者が戻ってこられそうですが、
直くんは、開幕後になるんじゃないでしょうかね?
むしろ腰痛で離脱中の牛くんは戻ってこられそうな気がします。
健太郎くんが結果と内容を残し、リーチも同様、大輔さんが復調というのもあって、
加賀くんがセットアッパーに回せる状況にもあると思いますし。
打線が相変わらずなので、打線ですね、後は。筒香くんは、ファームでしっかり
すべて鍛え直しです。下半身も含めて。彼ならこれを無駄にしないで、
1軍に戻ってくるでしょう。

ふうちゃん、こんばんは。

今日はチャリティーマッチを観戦してきました。

ベイスターズの良いところばかりが目立った感じでしたが、この試合の収益が義援金として送られるとのことで少しでも貢献できたのかな?と思います。

チャリティーマッチ

こんばんは!!よっしー!!

あまりというよりほとんど報道されていませんが、
このチャリティーマッチの働きかけは、ベイスターズ球団なんですよね。
パシフィックの方が動きが早いように見えていましたが、
12球団で最初に動いたのはベイスターズでした。
《当然収益を義捐金にというのもベイスターズの発案で、
タイガースもすぐに賛同。そして12球団ですべて賛同に。》
家族が被災した慎二がとにかく色々考えて動いていたというのもあったんでしょう。
始球式をサプライズで、被災地の子どもたちに
プレゼントをしたというのもすごく良かったと思います。
子どもたちが励みになったっていうコメントが出ていますしね。
こういうことが出来るようになったということは、球団が本気で
変わろうとしている証拠だと思います。

プロ野球の今年のスローガンも『がんばろう日本』ですから、
ベイスターズの『PLAY For NIPPON』の取り組みが大きいと思います。

今日は大輔さんが制球が甘く打たれてしまいましたが、
本人も色々意識してのことのようですし、悲観をすることもなさそうですね。
眞下くんやハミルトンが出てきたのは、リーチが家族に止められて、
来日できない中では、大きいと思います。あと健太郎くんもですね。
全力疾走もそれぞれがしているようですし、あとは打線が上手く
つながることですね。でもやっぱり今年の変わり身は、
いろんな面で楽しみですし、被災地の方たちにもそれが届くことを願っています。

期待

ふうちゃん、おはようございます。

そうだったんですか。非常に意義のあるチャリティーマッチだったと思っていたんですが、ベイスターズ主導だとは知りませんでした。
練習試合だとか合同練習とかでやるんだったら、こういう形にすればいいと思っていたので嬉しかったですね。

私が見に行った試合では、真下くんが非常に大胆なピッチングが出来ていたと思います。フォームが誰かに似ているんですよね。。
変化球でカウントを取れていましたし、あれぐらい投げられれば十分ローテに入れますね。

秦も今年が正念場ということを自覚して、それが形に結果に出つつありますね。彼やハミルトンがロングリリーフやセットアッパーになってくれると大きいです。

打線では村田さんが目立ってましたね。一塁にランナーがいて常に1、3塁を目指すというのが体現出来ていたので良かったと思います。正直、こういう走塁出来るんだって思いましたね。
渡辺直さんをどうやら一番で起用するみたいですね。この2試合を見ても彼の良さが非常に出ていたと思います。とにかく粘り強いし、長打も打てますし、走れる。彼の加入は本当に心強いですよ。

スレッジ、ハーパーもやはり無くてはならないですね。左で大きいの打てるのが2人いると打線に厚みが出ます。

なんだか去年とは別のチームを見ているかのようでした。変わった変わったと言われていてもどこか疑心暗鬼な自分がいたのですが、この前の試合を見ていて、選手達の頼もしさに心打たれましたよ。

一緒にがんばろう!

こんばんは!!よっしー!!

チャリティーマッチは、慎二と大輔さんが主になって、
選手の意見をまとめて、球団に話しをしたら、
球団も同じような考えを持っていて、
それならその方向で行こうってなったそうです。
本当は、セパ同時開幕の意見もベイスターズは
セントラルでは真っ先に意見を出していたんですよ。
ジャイアンツのフロントと西の球団の他の球団の意見を
聞いて流動的にというのに、すっかり飲み込まれた格好になりましたが。
デーゲームが多くなることを受けて、中華街とともに
一緒にコラボレーションを行う方向性を打ち出したり、
その時間帯にこられるお客さんを割引するカタチを打ち出そうとしたり、
《他にも地域と一緒に取り組めるプロジェクトを検討中だそうです。
チャリティーも含めて。》、こういう面でも変わろうという姿勢は出ていると思います。
ちなみに、今年、tvkの中継数が大幅に増加しているんですよね。
開幕3連戦は録画中継になりましたが。
これも今まで地元の球団でありながら、不景気によるスポンサーがつかない
ことや放送をするたびに赤字になるという面を言い訳にして、
中継数を減らす、バックアップして応援する体制を作っていなかったと、
身売り問題が出たときに、猛省して、神奈川新聞と共に
『真の市民球団へ』というプロジェクトをスタートをさせたというのがありますが、
球団が変わろうとしているからというのを感じたからではないでしょうかね?
今年からは、ディアーナやホッシーなどの球団のマスコットも中継の
手伝いやボランティアなどの取り組みに、今まで以上に取り組むようで、
神奈川新聞やtvkもバックアップするようです。

選手のほうでは、昨日は焦って打たれた高崎健太郎くんや
眞下くんが結果と内容を残して、今日は須田くんも好投、
湿っていた打線が少しつながりだしたのは大きいですね。
これにハミルトンもロングで使えそうですし、後は俊くんと
波のある打線がつながることですね。
リリーフ陣は、秦くんや加賀くんはいろいろ使い方を考えることが
今年は出来そうですし。
打線は、裕基が典型的ですが、あまりセンターから逆方向打つって
意識をしすぎないで、素直に打ち返す出いいと思うんですけれどね。
由一さんもそういう指導をしたようですが。
後1番~3番は、相手のことも考えて、いろいろ
オプション的に使うようにも考えているようです。
基本的には直人君が1番みたいですが。
雄が走れて、直人くんも走れて、稀哲くんも
一也くんも足が使えるので、いろいろ競争させる意味でも
これはいいかもしれないですね。

リーチが来日したくても出来ない状況にあるとはいえ、
今年は本当に例年以上にいろいろ楽しみですね。
ファームもようやく調子が出てきたようですし。
選手の意識の変化は、いろんな面から感じています。

開幕

ふうちゃん、こんばんは。

震災から1ヶ月。まだまだ余震が続いている状況ですがプロ野球は明日開幕になります。

ベイスターズは横浜スタジアムでドラゴンズとの開幕戦ですが、正直、例年のようなワクワク感にどうしてもなりません。

野球が見たい、ベイスターズの結果に一喜一憂したい。そんな気持ちにならないんですよね。

それでも開幕する以上、ベイスターズを含めプロ野球界は前に進んでいかなければなりません。

平日デーゲームになることで相当な収入減になるでしょう。その辺の対応も今後必要になってきますね。

始球式は欽ちゃんが務めていただけるようですが、ありがたいですね。去年の身売り騒動でベイスターズを応援したいって気持ちから引き受けてくれたようですが、嬉しいの一言です。

開幕投手は山本さんになりそうですね。彼のような新戦力がバシッとやってくれると『今年はやるぞ!』って気持ちでスタート出来るだけに奮起を期待したいですね。

特別なシーズンになることは間違いないですね。プロ野球がどう歩んでいくのか見守っていきましょう。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。