スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美に元気と勇気を!

昨日からベイスターズは奄美大島にて秋季キャンプ。

未曾有の被害を受けた奄美でのキャンプ開催に不安がありましたが、現地の方々の努力のお陰で無事にキャンプインできたようです。

いつも言ってますが秋こそレベルアップのチャンス。限界まで練習しないと。最下位の悔しさをぶつけながら来年に繋がるキャンプになってほしいものです。

内川、村田の両選手と会談の予定があるようですが、お互い腹割って納得いくまで話して欲しいです。去就が来季を大きく左右するだけになんとか残ってほしいですね。権利を行使しても大輔さんの時のように粘り強く交渉することを望みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

詳しくは

こんばんは!!よっしー!!

このキャンプではもう一度『フォオアザチーム』の浸透に向けて
しっかりと取り組むようですね。詳しくは明日の神奈川新聞で!
FAの2人に関しては、僕は一貫して江本さんの意見と変わらないですけれどね。

奄美に元気と勇気をまさにそうですね。
いろいろ野球教室や交流事業を行うようですが。

尚、コーチ人事はは、明日1日の発表になりますが、
スーさんがコーチとしては退団となり、スポーツコミュニティの事業の
方に転籍するそうです。残念です。

ふうちゃん、こんばんは。

加地さんが捲土重来という言葉を使っていましたが、まさにその通り。もうやるしかないんです。売却話はくすぶりますが、現場は結果を残すことだけに集中しましょう。
奄美での秋から来季は始まってます。かなり実践的なこともやるようなので、個々のレベルアップ、チームのレベルアップを目指したいですね。勝つにはどうしたら良いか?みんなが意識を共有しなければ。

スーさん、一旦チームを離れ、違う環境で野球に関わっていくことになりましたね。外部招聘は結構ですが生え抜きがいなさすぎるのもどうかなって思うんですよね。。。

紅白戦と実践練習

こんばんは!!よっしー!!

加地さんの発言に気に入らないファンもかなりいるようですが、
『捲土重来』は何も間違っていないような・・・。
奄美では、初日から紅白戦や実践練習をかなり行っていますね。
飛ばないボールに早いうちに慣れるようにするというのもあるようですが、
どうやら初日の感じだと概ね、反応は悪くなさそうですね。
滑るということぐらいと、野手はやっぱり飛ばないという反応ぐらいで。
筒香くんだけが、飛ばないボールを使っているかどうか分からないぐらい
馴染んじゃったみたいですけれど。(笑)大物感が漂いまくっていますね。

コーチ人事の発表、1日のはずがなかったんですよね。
発表がないまま、現状決まっている方のみ現場にでて指導にあたったようですが、
1軍の投手コーチが1名増員、ファームのコーチが3名増加という話しが
出ていますが、どうなるのか分かりませんね。スーさんの
スポーツコミュニティ行きも、そこでまたいろんな指導者としての
勉強になることがあるのなら、文句はないですし、
もうここ数年いい続けているスポーツコミュニティで野球教室等の
指導を続けている市川和正さんの現場復帰に伴っての
配置転換であれば、それはよく考えたなと思いますけれど。
発表があってからいろいろいうべきことはいいますね。

ストーブリーグ突入

ふうちゃん、こんばんは。

日本シリーズはある意味球史に残るようなシリーズになりましたね。両チームともミスがありながらもがっぷりよつのいい試合だったように思います。視聴率もなかなか良かったみたいですがああいう試合は見入ってしまいますね。

今日からFA解禁となりましたが、うっちーが行使申請の手続きを行いました。
球団は慰留に努めるでしょうが、本人が得た権利、納得いくまで考え、それが他球団であれば私は仕方がないと思ってます。
彼がベイスターズを愛してくれていると信じているし、このチームでなんとかして優勝したいと思ってくれているはず。
球団はその思いに応えてほしいです。これからのビジョンを明確にし、うっちーがそれなら私はここに残りますと思うような熱い気持ちを出していけば、必ず彼は残ってくれると信じています。

ストーブリーグの主役

こんばんは!!よっしー!!

マリーンズが史上最大の下克上を達成して僕は良かったと思っています。
最初は、パリーグではマリーンズのファンであっても、
3位からの日本シリーズ出場は複雑な思いでしたが、
交流戦で下位に沈んだのはすべてセリーグ。
その重みをしっかりと知って、パリーグにいろいろまなぶべきところが
あることを分からせるには、マリーンズが史上最大の下克上を達成すれば
分かるんじゃないかと思ったのでね。
いや、地味なカードといわれましたが、中身の濃い試合ばかりでした。
ただミスが多かったことだけは残念でしたが・・・。

さてベイスターズが主役となるストーブリーグ突入になりました。(爆)
ウッチーはFA宣言しましたね。ベイスターズは、4年契約での大型契約を
提示したようですね。あとしっかりウッチーがこだわっていたこれからのビジョンも
示したようですが、他球団の評価もしっかり聴いて決めるようですね。
おそらくホークスのみが獲得に乗り出すのでは?ジャイアンツはないでしょ。
このところの発言を聴いてると出る気満々なのかなと思っていましたが、
今日の発言を聴くとフラットでしっかりと考えるといってるので、
フロントの想いは届いたんじゃないですかね?あとはファンの想いと、
ベイスターズのこれからをウッチーが変えるるぐらいになってほしいですね。
秋季練習、キャンプもそうなんですが、雄や一也くん、啓二朗くん、
インターコンチに参加していた加賀くんと祥万くん、そして俊くんと
若手や中堅クラスの選手が、かなり自覚を持って取り組んでいるんですよ。
身売り騒動が破談に終わっても、自分たちのすべきことがある、
選手にも責任があるって声が出るぐらいですからね。
ウッチーも同じ想いのはず、変わるのは選手もなんですよ。

悩みに悩んでいる修も僕は残留だと信じています。
一方、獲得の話しが出ている細川くんと稀哲くんですが、
生え抜きを育てないといけないというのが、尾花さん、哲さん、福沢さんと
方向性が一緒ですし、右打ちの外野手は補強ポイントですが、
それでもやはり生え抜きにこだわって育てて欲しいですね。

メジャー志向

ふうちゃん、こんばんは。

新庄さんがファイターズに入団した時に『これからはパリーグです』って言った時に冗談半分にしか聞こえなかったのが、今やこの状態です。
いよいよ人気・実力共にパリーグの時代が来ましたね。来年、斎藤や星野さんが加わればさらにこの傾向が加速するんじゃないですか。
セリーグはホントに危機感を持ってやらないとどんどんこの状態は進んでいってしまいますよ。

日本のプレーオフが現制度である以上、今回のようにシーズン3位が勝ち残る可能性はあります。この制度が必ずしも、今のままで良いとは必ずしも思いませんし、ただの金集めになっていることも事実でしょう。
しかし、今年のパリーグは混戦でした。マリーンズは滑り込みや借金を背負っての3位ではないですから。胸を張って良いと思いますね。

うっちーはこれからの野球人生をまっとうできる球団に行きたいと言ってます。地元の九州のホークスか、尊敬する先輩がいるカープか、色んな球団の意見・評価が聞ける良い機会だと思います。私たちは静観することしか出来ないですが、彼はうちには必要な選手。是非とも残留して欲しいですね。
村田さんも悩んでますね。悩むだけ悩めばいいんです。FAは選手の権利ですから。でも、育ててくれた球団に恩返しする気持ちが少し芽生えても不思議ではない気がするんですが。。

日本シリーズチャンピオンのマリーンズからは西岡や小林宏さんがメジャー挑戦を表明。岩隈さんもアスレチックスからポスティングと、相変わらず今年もこの傾向が続いてますね。なんとかならないものでしょうか。

制度

こんばんは!!よっしー!!

セリーグは危機感を持たないといけないというのは、
毎年、オフの占めのところで度々ブログで書いていますね。
本当に、セリーグはドンドンいろんな面で差がつきますよ。

FAやポスティングに関しては、制度上の欠陥が多いので、
本当に僕は好かないですね。
確かに選手にとっては大切な権利なのかもしれませんが、
毎回、やっぱり置いていかれるのはファンですから・・・。
球団もポスティングなら金が入るという旨みを利用しているうちは、
よくはなりませんね。日本のプロ野球界全体が。
何しろオリンピックの野球復活のための取り組みは、
どこにいったのかと聴きたいぐらいですから。

ウッチーは、移籍報道が先行していますが、
ベイスターズを変えられるのはやはり自分しかいないというのを
忘れないで欲しいですね。修に関しても同様です。
悩むのは結構ですが、2人がいなくちゃ変わるものも変わらないです。
あとどうやら細川くんと稀哲くんの獲得に乗り出すのは
どうも確実のようですね。あとは多村仁志は動向次第でしょうね。
メジャーが不調な場合は出戻りが今度こそありそうな気がしないでもないです。
生え抜きを育てつつもいい競争になれば、獲得もありですが、
そうでないなら獲得はNOですね。せっかく若手や中堅が
例年になく危機感を持ってやる気になっていますから。どのポジションも。

ふうちゃん、こんばんは。

村田さんの残留が正式に発表にされましたね。。男気溢れる会見に涙が出そうになりました。
チームリーダーの役割を担っていなかったなんだって言われるのは彼のせいだけではなくチーム全体の問題だと思います。彼がきっぱり会見で言い切ったことをチームで共有していかないと。

あとは、うっちーと金城さんですね。金城さんは残留と言われてますが、うっちーはどうなりますか。
でも、マスコミなんてホントにあてになりませんよね。村田さんだって移籍濃厚やら愛想が尽きたなんて言われてましたし。
私は今、うっちーに関して報道されていることは基本的にシカトしてます。それが例え真実だとしても。

ふうちゃんが仰られていたFA制度、ポスティングはファンを置き去りにしているという言葉重く受けとめている人間がどれだけいるか。このままでは日本プロ野球は衰退の一途を辿るのみでしょう。


あと、トレードのニュースもありましたね。桑原謙はタイガース戦の完封が今でも印象に残っています。良いものは持っているのに、やりきれない。これを払拭するには環境を変えるのも一つの手かなとは思いますが、残念ですね。
あと、野中。彼も武器を持っているのに生かしきれない。バファローズは今年盗塁が異様に少なかったので彼がもしかしたら起爆剤になるかもしれませんね。

修は修なりに

こんばんは!!よっしー!!

修は修なりに考えているんだろうなと悩んでいるという発言を
聴く前から思っていました。
いろいろ厳しく言われる格好の面にしても修なりに
考えて気分転換を図ろう、集中しようとか考えていたんでしょうが、
そういう分もすべて変えてやる意気はすごく感じますね。
田尾さんや若松さんが特に厳しくここ数年修のことを
おっしゃっていましたが、これからの取り組みを見て、
修自身も変えてよかった、チームにとって良かった、
村田が変わったからって田尾さんや若松さんに
おっしゃってもらえるようになれば、チームとしての成長にもなると思います。

ウッチーに関しては、僕も基本、マスコミの情報は無視しています。
ウッチー自身、何度も真意が伝わらずに、苦労した面もありますし、
先日、路上のころから知っているいきものがかりの活動休止の報道が
一部で流れたときも本人たちが何もコメントしてないよってツッコミまくりでしたから。
さすがにいきものがかりのときは、いきものがかりの3人もスタッフも
多くのファンも混乱して、心配してるだろうなって思いましたが・・・。
《案の定、いろいろ大変でしたが。》

FAとポスティングに関しては、FAは選手もマネーゲームを避けるような
少し健全なカタチにはなりそうですが、それでも結局、選手も悩むところを見ると、
日本にはそぐわない制度だということですね。
ファンは置き去りにされるというのはもう言うまでもないですし。
ポスティングは、結局、アメリカの悪い部分を真似してるようにしか思えないんですよね。
オークランドにほぼ決まりそうな岩隈くんも、三角トレードの話しが出ていますし、
球団にお金が入るからそれで良い、これが球団への恩返しになると思ったら、
やっぱりそれは大間違いだと思います。もっと大切なことがあるはずですから。

トレードに関しては、信吾に関しては、環境を変えた方がそろそろいいのかなと思いました。
ベイスターズでもシーレックスでもベンチからの盗塁のサインが出ていながら、
出来なかったことが今シーズンも結構あって、それが原因で不調に陥ったり、
首脳陣の怒りをかったりと言うことがしばしばありましたから・・・。
バッファローズで改善して、チームの力に慣れればそれはそれで良いことだとおもっています。
桑原謙くんに関しては、残念でしたね。本人の意識の問題もありますが、
彼の意識を変えてこそ、ベイスターズの向上にもつながる気がしていましたから・・・。
ただ一輝がすぐにキャンプに合流していろいろ取り組んでくれているのが救いですね。

後は佐伯さんがドラゴンズに、田代さんがSKに決まりましたね。
あと大空也くんがプロじゃなかったらと考えていた指導者の道に
進むことになりましたが、それぞれ、希望がかなって良かったと思っています。
それぞれの道で、ベイスターズに強烈な恩返しをして欲しいです。
もちろん、佐伯さんも田代さんもまたベイスターズ復帰を信じて。

外国人のほうでは、カスティーヨとブーチェック、ランドルフが退団になりましたが、
カスティーヨは、一輝の入団の影響を思いっきり受けましたね。
雑なだけで決して下手な守備ではない選手ですし、強肩、スナップスローのよさは
もういまさら言うまでもないので、個人的には残念です。
2年目に力を発揮できる選手のような気がしますし、ウッチーも残してほしいと
ずっと言っていただけに。
ブーチェックは課題が克服できず、ランドルフはけがで登板のめどが立たないというのが
退団の大きな要因だと思いますが、ランドルフもけががなく、登板のめどが立っていれば、
もう1年プレーできたかもしれませんね。

18日(木)になるとFAの解禁になるので、一気にいろいろ動くと思います。
トレードも金銭トレードを中心にまだありそうですね。

ふうちゃん、こんばんは。

実は先週の金曜日、いきものがかりのライブに行ってきました。
活動休止の話題をよっちゃんはネタにしてましたね(笑)久しぶりに行ったライブなんですが非常に楽しめましたよ。
最近のマスコミは言論・表現の自由を翳してやりたい放題のとこありますよね。壁に耳ありではないですが、いらんこと言えない世の中になったもんです。

今年はFA申請多いですね。また、FAを獲得したのに行使せず残留も村田さんを含め何人かいます。見方によっては何のためのFAなの?って思う人もいるんじゃないですかね。行使を防ぐために複数年を結んだり、年俸が跳ね上がったり、お互いにデメリットのことも多く感じます。

カスティーヨはもったいない気がしますね。右が圧倒的に不足してるんですから、条件は提示して欲しかったです。
セカンドで目を瞑りたくなるプレーもありましたが、右の代打、主軸の故障に備える、また、競争を促す意味でももったいないですよ。
また、見る目がないと他球団からいわれるようでなりません。

白井さんのブログを見ていると走塁面の意識が非常に良くなっているとありました。彼がかねてから言っている質に拘る練習が浸透していけば良いですね。
幾らコーチが熱心に教えても選手がそれを汲み取らなければ意味ないですし、コーチが言わなくても選手自身が考え行動出来るようになってくればチーム全体のレベルアップになりますね。だんだん兆候が見えて来てるのは期待が持てます。

あらま

こんばんは!!よっしー!!

先週、いきものがかりの何でもアリーナに行っていたんですね。
横浜アリーナですよね。うらやましい!(笑)
良樹くん、なんでもアリーナではどこでもすっかり新聞報道を
逆手にとって、ネタにしているみたいで。
路上時代の苦労や嬉しさなどから、ファンとの近い距離感を
大切にしているのがいきものがかりなので、
年代を超えて楽しめるライブだと思いますよ。
こういう面は、ベイスターズでも参考になると思うんですけれどね。
穂尊くんも穂尊くんのお父さまもベイスターズファンですし。(笑)
今年は、祖母が4月に亡くならなければ、
ベイスターズ戦2試合、シーレックス戦1試合、
そしていきものがかりのライブ1ヶ所に行く予定でいましたからね。
すべてダメになっちゃいましたが、いきものがかりに関しては、
それでなくても環境的に恵まれているので、あまり
行けなかったからといって不満は全くないんですけれどね。
むしろベイスターズ戦、シーレックス戦に行けなかった方が
悔しさいっぱいです。

FAもポスティングもやはり日本の野球をダメにするという
評論家の声が多いですね。サッカーのJリーグの場合自由獲得競争とはいえ、
下位やJ2落ちのチームからの引き抜きが多く、
そのチームは存続の危機やさらなる弱小チーム、
あるいはJ1に上がってもすぐに降格になるという
悪循環を生んでいますが、《京都サンガに関しては、
ベイスターズ以上にフロントが怠慢なんですが。》
野球界も結局同じ感じになっていますよね。
FAは下位のチームからの引き抜きにほぼなっていますから。
ポスティングは、球団に金が入れば良いだけのことで。
結局、こういうことを続ければ、野球界全体が
不健全になるし、アマチュアから即メジャー希望者も増え、
一向にオリンピックでの野球復活なんていうのは程遠くなります。

ベイスターズでは、早速細川くんと稀哲くん獲得に動くようですが、
どうなりますかね?環境的にはどこよりも実は恵まれてはいるんですが。
ウッチーは、どうやらカープのみになるのではないですかね?
濃厚とまで報道が出ていたホークスは、王さん1人が先走りして、
現場からはGOサインが出てないようですから。
ホークスは、多村仁志の引止めが先なんじゃないでしょうかね?

走塁面に関しては、とにかく全日程終了直後から、雄や一也くんが
打撃面も含めて意識が高いんですよ。一也くんはカスティーヨに
ポジションを奪われた格好になったこともあって、成績も
伴わず、チームの成績にも反映されなかったことで、よっぽど悔しかったんでしょうね。
雄は、成績自体は良くなっていてもやっぱりチームの成績に反映されていない、
その悔しさの方が強いみたいで。
裕基に関しても今年は最悪の年でしたから。そういう悔しさが、
この秋、そしてこれからのオフシーズン、自主トレ、春キャンプに
続々と表れてくるんじゃないですかね?
白井さんもそういう線種の意識の変化を、感じ取っているんじゃないでしょうか?

ふうちゃん、こんばんは。

ストーブリーグが佳境を迎えておりますが、細川さんは報道通りホークスでしたね。複数年であれだけの条件を出されてはかないません。
FAは球団にとってリスクがある複数年契約と年俸の高騰も伴うわけですよね。
そうなると資金力のある球団にどうしてもいってしまいます。ホント、なんとかしなきゃいけないですよ。
でも、うちは細山田、武山、バネとこれからの捕手がいるんですから、彼らを育てないといくのが先決ですよ。捕手は育つという伝統もあるわけですし。

ポスティング制度の弊害出てしまいましたね、制度自体に欠陥があるのにいいわいいわでやってきたツケですよ。
オークランドが元々獲得する意思はないなど言われていますが、起こるべきして起こったと思いますね。 選手・ファンは置いてきぼり。悲しい限りです。

どちらも

こんばんは!!よっしー!!

FAの細川くんは報道どおりでもあり、想定していた通りです。
資金力もそうなんですが、やはり優勝を狙えるチームかというのが
大きいようです。ベイスターズの場合、まだまだ胸を張って
優勝を狙えるチームとはとてもいえませんから。
魅力あるチーム作りを、もうここ数年言い続けていること、
そのままなんじゃないですかね?が、それでもFAにしろ
ポスティングにしろ、野球界をダメにする制度ですけれどね。←これはずっと言い続けます!

選手会長になった慎二、1本立ちを期待されている真吾、そして
ファームの新キャプテン・細山田くんに、黒羽根くん、将くん、
ルーキーの岡くん。来年も競い合って正捕手の座を奪い取るぐらいであってほしいですね。
岡くんが良い刺激を与える気がしてるんですよね。

岩隈くんに関しては、まだ完全決裂ではないようですね。
ただ本人はもう残留にほぼ傾いているようですが。
オークランドの本気度もそうですが、やはり制度上の問題が出ただけの事で、
今まで出なかったことが不思議なぐらいなんですよよね。
本当にいつもこういうのはファンは見守るしかないわけで、寂しい限りですね。

ふうちゃん、こんばんは。

稼頭央さんと岩村さんがアメリカから戻ってイーグルスでプレーするようですが、良し悪しな気がするんですね。
日本である程度活躍→ 若いうちにアメリカにいきたい→ポスティングorFA→ マイナーに落ちたらまた日本に戻ってくる。
これが通例化してますが、ホントにこれでいいのでしょうか。
また、資金力・集客力のあるチームだけが生き残っていく弱肉強食の世界ではプロ野球の未来がないのはわかっているはず。凝り固まった市場原理ではなく共存共栄こそ目指す道ですよ。

オフになってもFAやポスティングの話題しかないのが悲しいです。来季からセリーグはこういうことに取り組みますとか何もないですよね。どっかの会長は何億でも出すから良い投手連れてこいなんて相変わらずなこと言ってますし、球団は異常な青田刈りを繰り返してますしお先が真っ暗ですよ。
こんなことやってればますますセ・パの差は広がっていくばかりです。

日本~アメリカ経由日本行き

こんばんは!!よっしー!!

今の野球界、プロアマ問わず、メジャーを目指して渡米するも
戻るというパターンが、そのままタイトル通りです。(爆)

岩ちゃんも稼頭央もイーグルスですが、岩隈くんの資金を
充てにしての獲得のようで、イーグルス残留になったら、
いろいろ問題が起きそうな気がしています。
このメジャーで通用しな配れば日本へというパターンは
ファンも賛否両論の意見が出ていますが、
僕自身は、いいモノを持ってきて日本でも教える、伝えるという
やりかたであれば、何も言わないですよ。
ただ本当にメジャーで通用しなくなって、声もかからないから、
だったら日本でというのは、軽すぎやしませんかねって思います。
日本でそのままメジャーのやりかたで通用するほど甘くはないですよ。
根本的に考え方を変えないとダメでしょ。そういう意味では、
ちゃんといい物を伝えようとして戻ってきたという良い例では、
今年ベイスターズに復帰した大家くん《この辺は週べや週べのモバイル、
野球系の雑誌にいろいろ、目に見えない財産を持ち帰って、
教えていることが分かるエピソードがいろいろ出ているので、
チェックしてみるといいと思います。》、
タイガースのジョー《城島》ぐらいなんじゃないですかね?
その点は、江本さんや豊田さんも散々おっしゃっていますよね。
FAとポスティングの根本的な問題と共に。
で、何度も言っていますし、ブログでも書いてきていることですが、
ブルーウェーブとバッファローズの合併劇のときに、
選手も血を流すといっていたあの話しはどこへ行ったんでしょうかね?
球団・機構も根本的にいろいろ見直さないといけないことがあるといっていた、
あの話しはどこへいったんでしょうかね?結局、それがあるから、
今年のベイスターズの身売り劇にもつながっていると思いますよ。
単にベイスターズの赤字の問題だけじゃないです。

育成枠の使い方も相変わらず、育成とは名ばかりで、
育成枠という名の選手の救済枠になっていますよね。
球団としても非常事態が繰れば支配下に登録すればいい、
それだけのことだけで。僕に言わせたら、資金力あるチームが
どうのこうの言う以前に、野球界全体がまるで危機感がないです。

アジア大会でアマチュア中心で3位になりましたが、
プロが派遣に協力しなかったからって声があがっていますね。
そうではなくて日本こそ健全なカタチでの派遣になっただけでしょ。
オリンピックに野球を復活させて、アマチュア最高峰の大会に
戻すということを考えているのなら、アジアの各地域にまず、
そういった要請を日本が率先して働きかけなければダメですし、
全くもって、根本的に何もかもが欠けちゃっています。
プロの選手会もこの辺り、しっかりと働きかけないとダメでしょう。
新井くん、選手会の要求ばかりを機構に訴えるよりやることありますよ。
また機構も足下を見てやることが満載ですよ。早く気がついてやってください。
各チームのファンはいつまでも根付いても野球ファンは逃げますよ。

ふうちゃん、こんばんは。

各球団主力選手が契約更改していますが、何億という数字が当たり前になっているのは如何なものですかね。
プロだからこそ結果を残せばそれぐらいの数字は当たり前。一流は資金力がある球団でプレーすれば良い。そんな声も私の同僚から聞きますが、他から見れば異常な世界ですよ。
選手たちも自分達の事ばかりでなくこの国に野球という素晴らしいスポーツが未来永劫続いていけるように、世界にもっともっと普及していくように活動することにもっと執着していかなければ。
アジア大会の件、仰る通りです。機構も選手達もやることは満載。もう忘れたのか?あの時のことを?と強く言いたいです。

あの時の合併球団オリックス・バファローズがマスコット、ユニフォーム等全てを一新するようで。
変えるのは勝手ですが、ファン不在な感じが否めないのは私だけでしょうか。
神戸色を薄めていき、大都市の大阪でやっていけばいいや。そんな気がします。そんな球団にファンはついていくでしょうか?

ベイスターズもいつまでもあると思うなファンと選手。これを肝に銘じてほしいものです。

OBから

こんばんは!!よっしー!!

本当に億単位での交渉が多いですね。それだけの活躍をしているから・・・、
それこそ違和感がありますね。
いつまでプロ野球界だけバブルにしておくんでしょうかね?
選手も麻痺しているんじゃないですか?
古田さんが発足したOB回がアマチュアと連携をして、
オリンピックの野球復活に向けてプロジェクトを進めるようですが、
どうも内容がプロ派遣が前提になっている感じがするんですよね。
選手会にも声をかけるそうですが、プロ派遣でのオリンピックではなく、
アマチュア最高峰の大会の位置づけ。古田さんもそういう意識の強い方なので、
それを忘れないでいただきたいですね。

バッファローズは数年前から大阪色を強めようとしていました。
ただ今年までは、神戸スカイスタジアムの試合数が大目に組まれていたことや
他の準備がそこまで進んでいなくて今年からの取り組みが見送りになっただけです。
ネッピーもユニフォームも大阪色を強めて、神戸の試合数も大幅に減少させて、
古くからの両チームのファンの想いを忘れていないかって思いますね。

ちなみに来年もベイスターズとバッファローズの交流戦は、
スカイスタジアムで組まれていますが、こればベイスターズ側から、
前にもチョッと話しましたが、あれだけすばらしい球場で、
グラウンド整備もトップの球場で、試合をしないのはもったいない、
ベイスターズのスタッフにも研修をさせたいし、選手側からも
この球場でして欲しいという要望が強いのでって、毎年お願いしているんですよね。
再来年もおそらく要望でしょうし、本当にあれだけすばらしい球場と地域を
忘れて欲しくはないですね。

この球団の意識と姿勢は、ベイスターズの誇りですね。
神奈川県内の球場整備の取り組みにもつながればいうことなしですが。

ふうちゃん、こんばんは。

師走に入ってそうそうに身内の不幸がありました。去年も祖母が他界し、今年も叔母が。こういうことは続いてしまうものなんですかね。。。


この1、2週間でますますストーブリーグが盛り上がっていますね。

ベイスターズもだいぶ動きがありました。

まずは、うっちー。

悩みに悩みぬいた上の結論だったのでしょう。ベイスターズファンにとっては残念でしたが、地元で優勝を狙えるチームを選ぶのは当然といえば当然。
フロントへの不信もあったのでしょう。すぽると!での発言、公式ホームページでの文章からするとファンには申し訳ない気持ちがあるのでしょうが、やはり置き去りにされた感は強く残ります。
決まってしまったことは仕方がありません。私ももう切り替えました。しかし、ベイスターズが魅力ある球団にしていくために彼の力は必要でしたね。その魅力作りを怠ってきたツケを球団は重く受けとめないと。第二のうっちーを生まないためにやることは満載です。

そして、寺原のトレード。驚きました。

実績のある左腕先発が欲しかったそれなりの対価として彼が要員になったのでしょう。同級生ということもあってか寂しいです。
これはフロント主導なんでしょうか。現場の意見は反映しているのでしょうか。個人的には尾花さんは寺原も高宮も買っていたと思ってたんですが。。

一方でベイスターズを選んでくれた稀哲さん、中華街での入団会見、さすがでしたね。3年連続最下位球団に来るということは相当な覚悟と勇気が必要だと思います。
彼のプレースタイルはベイスターズにとって一番足りないものを埋めてくれるはず。もう、ふうちゃんとも何年も話してますが、球団が球団がではなく選手も当たり前のことはやりましょうよということ。やることやって結果が出ない方が見てるほうはまだマシですから。

あと、最後にイーグルスから金銭トレードが決まった直人さん。
個人的に大変好きな選手ですので非常に嬉しいのですが、楽天球団の対応に選手・ファンからも物凄い抗議になってますね。
それだけイーグルスにとって支柱のような選手だったのでしょう。悔しさをぜひ力に変えてベイスターズで暴れ回ってほしいですね。

難しい

こんばんは!!よっしー!!

師走に入って叔母さままを亡くされたんですね・・・。
叔母さまのご冥福をお祈りいたします。
僕は今年、4月16日(金)に祖母を亡くしましたから・・・。

ウッチーに関しては、フロントの不信感が強くあるとしたら、
すごく残念に思います。僕もすぽるとの特集を見ていましたが、
身売り騒動はキツかったと言っていましたね。
選手以上にファンがキツいめにあっているということを、
ウッチーには気づいてほしかったです。
FAの下交渉は、シーズン中からしていたわけですし、
あの身売り騒動の最中に交渉するのは難しいことは、
ウッチーが1番分かるはずなので。ただ僕は、FA権を取得した直後から、
お父さまが、近いところで見られたらいいんだけれどっていうのを、
スポーツ紙や地元メディアで結構話されていたというのを
聴いていましたし、今回の時もずっと話されていたので、
ある程度覚悟は出来ていました。江本さんがずっとここ数年の低迷と
このFAまでのことで、選手にも責任があるのを忘れてはいけないと
おっしゃっていましたが、ウッチーには、申し訳ないですが、
ベイスターズから移籍したことを後悔させてやれって思っています。
魅力ある球団作りは、親会社やフロントだけでなく、現場の責任も大きいし、
ファンもすることがありますから。
そういう面では、この契約更改で、ほとんどの選手からコミュニケーションの大切さと
自覚を感じられる発言が見られるのは、一連の身売り騒動やFA、トレードのことなどが
選手に良い意識をもたらせつつあるのかなと思いますね。

寺のトレードは、僕もビックリでした。
これは、フロント主導ではなく、尾花さんも同意してのトレードだそうです。
未知数の外国人選手よりも計算が出来る日本人選手がどうしてもほしかったということで。
喜田くんは、佐伯さんのような存在になってほしいそうですが、雄太くんに
そういう存在になってもらわないと。もちろんレギュラーをとるつもりで。

稀哲くんに関しては、本当に来てくれてありがとうといいたいですね。
ドラフト時に、指名の確約をくれていたのがファイターズとベイスターズと
前にGet Sports特別編で話していたので、縁があったんでしょうね。
色々足りない部分が補えそうです。

あと直人くんですね。ベイスターズ側からすると、ここ数年では、
1番大きなトレードだと思います。こちらも色々補える部分が多いですし。
が、イーグルス側からすると、やはり選手やファンからあれだけ不満が出るのは
当然だと思います。岩隈くんのポスティングでの資金を補強で当てにしていたツケが
直人くんが直撃した格好ですから。FAにしてもポスティングにしても、
育成枠というなの救済枠にしても、結局、あまり意味がないし、
プロ野球をダメにするものなので、変えないといけないと思います。
もう何年も言い続けていますが。
もちろん直人くんは、アマチュア時代から信頼感を周りから得るだけの選手で、
ベイスターズが指名してほしいと思っていた選手の1人なので、
大切に応援しますよ。イーグルスファンのみなさんのためにも・・・。

ふうちゃん、こんばんは。

色々ありました2010年も残す所、数日になりました。去年のこの時期は尾花さんの就任に沸いていましたよね。本当に一年はあっという間です。

村田さんの契約が更改となりましたが、彼がキャプテンシーを持って(今までまったくそうではなかったかは別にして)チームを引っ張っていくとどうなるのか?非常に楽しみです。
自分が下を向いてはいけない。その言葉強く印象に残りましたね。

今年、西岡は並々ならぬ覚悟でシーズンに臨み、結果も残しました。それぞれにプレースタイルはあるので彼を見習えとまでは言いませんが、良い例だと思いますね。

橋本さんや大家さん、トレードが決まった寺原もチームの良くないところを口に出すくらいですから。チームが良くないのは確か。変えられる所はみんなで変えましょうよ。
弱いチームには弱いなりの理由が必ずある。しかも、これほど明確なのに変えられないということは現場・フロント共に恥ずかしく思わないといけません。
息切れはしてしまうかもしれないけど常に全力で、横浜ベイスターズに誇りを持って各人動いて欲しいと思います。

自覚

こんばんは!!よっしー!!

修の契約更改後の会見が象徴的なように、
他の選手を見ていてもかなり自覚が芽生えてきていると感じますね。
ここ数年、トレードも活発になってきて、生え抜きが少なくなってきていると
言われているので、危機感も生まれたし、結果的には、
身売り騒動が選手の意識を変えた気がします。

将くん然り、大家くん然り、寺然り。また、結婚を控えていたからこそ
なのかもしれませんが、秋季キャンプの時の発言で、
これはと思ったのが、一也くんでしたね。身売り騒動が起きた際に、
真っ先に選手にも責任がある、自分たちがしっかりしていれば、
こういうことも起こらなかったはずって、発言していますから。
これは不振に陥った裕基や一也くんや裕基同様に秋季キャンプで
目立っていたと聴いている雄なんかもそうです。
コミュニケーション不足のことを、しっかり分かって、意識してやろうどころか、
既に実行し始めているだけでもここ数年の記録的惨敗も、
身売り騒動も無駄ではなかったと思えますね。もちろん結果はシーズンで
求められますが、白井さんのブログを見ていても、遅くはなりましたが、
意識改革は進んでいるように感じてます。
地域も1人1人が意識するようになってきていますし。
横浜ベイスターズはやっぱりそうでなくっちゃ!

変化の兆し

ふうちゃん、こんばんは。

今年も残りわずかとなりましたが、ちょっと暗い話題が社会でも個人的にも多かった一年だったかなと思います。
神奈川のスポーツ界もプロ野球ではベイスターズが悪い意味で目立っちゃいましたし、サッカーではマリノスのオフのゴタゴタが。もはや日常茶飯事になりつつありますよね。功治、マツが大好きな友人が涙を流していました。ある程度の血の入れ替えは必要にしてもファンが納得できないものを非情に行うのは如何なものでしょうか。
ベルマーレも悲願の復帰を果たすも一年での降格。
こういうチームに頑張って欲しいのですが、所詮Jも親会社の後ろ盾があってなんぼになってます。この辺ももっと考えていかないと。
来年はいい話題で神奈川のプロスポーツが取り上げられればいいですね。

ベイスターズですが、稀哲さん、直人さんの起爆剤に村田さんらがうまく絡めばいい戦いは出来るはず。
個人プレーではなくチームプレーに徹することが必要です。素材はいい選手が揃ってるわけですから、一つ噛み合えば快進撃も夢ではないでしょう。

前評判は来年も良くないでしょうね。その悔しさをバネにしてやっていく。ベイスターズ変わったと思われるにはチームが強くなるしかないんです。
私も来年は今年以上にスタジアムに足を運びたいと思いますし、神奈川にベイスターズがいる幸せを感じながら見守っていきたいと思います。

最後になりましたが、一年間お世話になりました。なかなか更新できないブログに付き合って頂き感謝の言葉しかありません。足りない私にこれからも色々なことを教えてくださいね。

それでは、良いお年を!
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。