スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開

今年はベイスターズにとって改革元年。

そう思いながら見守っていましたが、あまりの戦績の腑甲斐なさがブログの更新を滞らさせておりました。

今日からまた再開していこうと思います。


この2ヶ月の間にも色々なことがありましたね。


昨日のタイガースを奈落の底に突き落としたゲーム。

最後に意地を見せました\(^O^)/


久しぶりにスッキリしましたね。


他にもキラリと光る人材が出てきたことも明るい材料。
田中くん、真下くんがあそこまで結果を残してくれるとは思わなかったですね。
燻っている中堅クラスに良い刺激になったでしょう。

来季に向けて、、 ここ何年も同じことの繰り返しですが、今年の90敗は今までと違うものにしなければならないと思います。
なかなか結果を残せない状況にイライラすることもありますが、今年は色々と収穫・課題が見えたし、尾花さんも選手の状態を把握出来てきたはず。

監督がやりたいようにやればいいし、それについてこない口ばかりの人間は出ていってもらっても仕方がない。私のスタンスはそういうものであります。


さて、溜まっていたものをもっと吐き出したいですが、最後にOFFが1番盛り上がるベイスターズ。今年も賑やかになりそうです。
一部スポーツ紙の身売り報道。。。

どうなることやら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕は

こんばんは!!お久しぶりです!!よっしー!!

僕は昨日のタイガースのゲーム、スッキリとした気分になれませんでした。
若手を起用する機会が増えたのはいいのですが、
北くんが守ったことのないレフトでスタメンで使われたこと、
どこを目指して戦っているのか結局見えてこなかったこと、
修は修で打ち、キッカケを作ったのは啓二朗くんでしたが、
ああいうゲームをもっと早くからしないといけなかったこと、
いろいろ考えましたね。球児くんの打たれた後の『もうダメだ』という
口の動きも切なかったです。他球団のファンながら。

戦力外通告の選手を見てまたがっくり。使われるだけ使われて切られた
ジミーと康介くん、監督の好き嫌いで切られた気が強くします。
ホークス時代から正太郎がお気に入りの尾花さんでしたから。
ジミーは本当にシーレックスでもよくやっていてくれたし、康介くんも
いろんな場面での登板になって、大変だったろうによくやってくれていましたから。
見返して欲しいですね。

あと肩の怪我が癒えずに戦力外になった吉原くんは打撃投手転身。
残念ですが、球団のための裏で力になってほしい。

あとは大空也くんと杉本くん、育成枠でしっかりもう1度契約をしないと。
こういう選手を切ってはダメです。

それから身売りの問題は具体的に進んでいるようです。
ただ最新の加地さんのコメントとして、どうなろうと横浜から出る気はないということ、
林市長も横浜から手放す気はないということ、それは重ねていますね。
それだけが救いですが、ファンはやっぱり置き去りにされるんですね。いつも・・・。
シーレックスの消滅しかり・・・。嫌なことはすぐに入り、良いことはなかなか伝わらない、
これがすごく寂しい限りです。
スタジアムの問題も何とかしないと・・・。はぁ・・・。

ふうちゃん、こんにちは☆


御無沙汰してますm(__)m


あまりのベイスターズの腑甲斐なさも手伝ってブログをお休みさせていただきました。


さて、色々と話題豊富ですが、仰るように嫌なニュースはすぐ広がります。逆にはなかなか行かない。
ふうちゃんが色々と警鐘して頂いてことが噴出してきました。
スタジアムや横浜市との問題、現場の問題。今まで山積してきたことのツケがこう出るんですよ。

横浜市、横浜スタジアムも報道されている新潟移転、準本拠地化を避けたいなら態度で示して欲しいです。
ファンはいつてもないがしろ。

ホントに悲しいですよ。何でこんなチームを好きになってしまったんだろう。最近そう感じることがまた多くなってきましたよ。

現場に話を戻すと、康介さん、大西さんの自由契約は納得できません。選手の評価から契約するしないが基本でしょう。彼らはチームの力になってくれた選手です。
使うだけ使って後は知りません。そんな球団、選手からも愛されませんよ。

移転は

こんばんは!!よっしー!!

ベイスターズの不甲斐なさで記事を書く気にあまりなれなかったのは僕も一緒です。
結局ベイスターズがらみで最近書いたブログの記事は、
シーレックスの消滅とこの身売りの問題ですから・・・。どれだけそれが寂しくて、
悔しいことか・・・。
ずっと危機感を持っていたことが、ここに来てやっぱり来たんだと思いましたね。

ちなみに本拠地・横浜から移転せず、、ベイスターズの名称変更はしないというカタチで、
交渉をしているそうです。確か、マルハから親会社変更する際に、
これは球団を保有する上で、変えない重要事項として、契約状況にずっと
盛り込まれてあるはずなのを思い出しました。あとノジマも買収に乗り出していますが、
TBSは先の交渉を優先しているようですね。ノジマは地域密着型店舗展開で、
地域1番店を展開しているところです。しかも先代の社長からホエールズ、
ベイスターズの大ファンなのはもう以前から僕は知っていましたし、
こういう地元の企業を大切にしないといけないんじゃないですかね?TBSとしても。
たぶんフロントも球団としても気持ちは、スポンサー企業でずっと
ついてきてくれているので、同じではないでしょうか?
《もう1ついえば、来年以降もスポンサー契約を更新することが確実ですから。
というか、最初からずっと続けるつもりでいるそうなので。》

で、横浜市とスタジアム、確かに鶴岡社長のおっしゃるように使用料の値下げは
行われていますが、その分のツケは他の事業やベイスターズ球団の立て替え料で、
結局、補てんとしていて支払い、それが入場料の高さになっているので、
これはやっぱり考えないといけないところです。
ベイスターズとしての企業努力、これはもちろんですが、
ファンもすべきこともありますが、横浜市とスタジアムのことは、
これからも使用することになることが確実なので、
《新球場の建設も同時進行と若林オーナーはおっしゃっていますすね。》
球団と市とスタジアムがけんかをしないで、本当に良いカタチで、
もうこうなった以上、しっかりと今後のためにして欲しいです。

現場の方は、そうですね。康介くんとジミーは誰もが納得してないと思いますよ。
使うだけ使って、ハイ終わりでは、不信感をもたれて当然です。
魅力ある球団を作るのなら、こういう面も変えないとダメです。
補強を考えているからといっても、この状況では、難しいですよ。
他球団も相変わらず名ばかりの育成で戦力外の顔ぶれを見るとひどいもんですけれどね。

あと吉原道臣くんは、打撃投手転身はなく現役続行を希望ですね。
個人的には彼も見返して欲しいです。まだまだ怪我が癒えるまでは、
もう少しかかりそうなんですが・・・。ようやく終盤で実践登板ができるようになったので。

ふうちゃん、こんばんは。

毎年、毎年オフになると話題を提供してくれるベイスターズ。
この度、こういう身売りという形になってしまいましたが、時代時代によって財務的に体力がある・野球を愛してくれる企業がオーナーになってきた日本野球ですから、良い方向に考えたいです。
しかし、最後の最後まで情報が漏れてしまうのがTBSらしいですね。
TBSにはこれまで球団を持ってくれたことに感謝したいです。色々と言われてきましたが、あの時某球団の方から唆されたとしてもここまで保有してくれたわけですから。

個人的にはノジマを中心にした県内企業の合同出資という形が理想だと思うんですが。本拠地を横浜から移転しない・ベイスターズの名称を変更しないのを条項としているのがホントに救いですね。
ふうちゃんも仰っていましたが、右往左往している情報に惑わされないようにしていきたいと思います。

横浜ベイスターズ・横浜スタジアム・横浜市もなあなあにせずこれを機会に納得がいくまで、関係を見直して欲しいです。

戦力外の話題がちょこちょこ出ていますが、育成選手って何なんだろうと私も思いました。以前にふうちゃんが青田刈りと仰っていましたが、まさにですよね。少なくとも5年以上は育成というなら契約しないと。この制度はもう一度見直す必要がありますね。

明るい話題と釈然としない問題と

こんばんは!!よっしー!!

明るい話題は、筒香くんのいよいよ登場。《どうもスタメンファーストみたいですね。》と
ファームの月刊MVPに北くんが選ばれたことですね。
3ヶ月連続でシーレックスからの受賞。後半戦の強さと
シーレックス消滅の中で大きな受賞です。え~明るい話題は以上です。(爆)

買収に関しては、本当はTBSだけが確かに問題ではなくて、
横浜市やスタジアム、ファンも考えないといけないことなんですよね。
そう思っていたら、横浜市とオーナーと密談が行われて、
まさにノジマを含むスタジアムのスポンサー企業を中心とした合同出資での
チーム運営、スタジアムの管理の案を市長が出したようで。
しかも買収交渉の席に、スタジアムの問題が絡んでいる分、
林市長自ら、席についても良いなんて言ってますね。
中田前市長のときにはないような展開でチョッとビックリしています。
ベイスターズが横浜市、神奈川の財産という意識が出てきたのは
大きいので、これがいい方向に出れば良いですが。

あと本当にうわさレベルの情報に惑わされることなく。

今日も戦力外が3人出ましたが、野口さんは現役続行、
小山田くんはどうやら肘の状態が思わしくなく引退濃厚。
森笠くんは現役引退で、カープの育成コーチ就任のようです。

で、相変わらず他球団を見ても育成というカタチは相変わらずないですね。
ばっさばっさ若いうちに切られる。育成とは名ばかりで青田刈りの状況、
やっぱり変わらないんだともう今年も怒り心頭です。
アマチュア野球を救うためにも育成枠をしっかりしないととは、
某球団の2人のオーナーと代表がおっしゃっていますが、
そのチームこそ、方向性間違えてますけれど・・・。
最近、ドラフト上位候補の選手であっても
高校生の進学が多いこと、不況でも社会人入りする、
希望する高校生や大学生が多いのは、こういう面も大きいということに
なぜ気がつかないんでしょうかね?
先に手に職を就ける、資格を取る、先を見て動いている学生の方が
よっぽど賢いと思いますね。

ふうちゃん、こんにちは☆

今シーズンの全日程が終了しました。

最終戦では筒香くんの未来を感じさせるプロ入り一号も出ましたし、久々の先発でだった高崎も結果を残してくれました。加地さんの最後の挨拶はジーンとくるものがありましたね。
ああいう情熱のある方がオーナーであれば尚良いんですが。
スタジアムとの契約って10年単位で結んでいるんですね。毎年8億もかかっているですから見直せるとこは歩み寄ってでも見直して欲しいと思います。
なんとか千葉マリンやクリスタみたいな形になりませんかね…。

現場のコーチ人事も徐々に報道にあがってます。白井さんが二軍監督に招聘なんてありましたが本当なんですかね?山下さんも編成部長で戻ってくるなんていうのもありましたし、かなり動きがあるみたいですね。

そして、FAの2人の動向も気になります。なんだか二人ともいなくなりそうな感じがしないでもないのは私だけですかね。
この弱小球団でこれからもやるのか。それとも優勝が現実的にある球団に行くのか。どっちにいってもそれは権利ですから、正解でしょう。
もし出ていったらベイスターズという球団に魅力がないということ。そういう球団作りをしてこなかったツケだと思いますね。

あと、先日引退された木塚さん。本当にお疲れ様でしたと言いたいです。
厳しい場面を何度彼に救われたか。気持ちを前面に出す気迫溢れるピッチングスタイルは忘れることができませんね。また、一人印象に残る選手がいなくなります。寂しい限りです。

希望

こんばんは!!よっしー!!

最終戦の筒香くんのホームランと健太郎くんの好投、
そしてその前は健二朗くん、眞下くんの好投しかり、
終盤はバテも来ていましたが、年間を通じて、
よくがんばった加賀くん、終盤セットアッパーとして
投げた福田くん、啓二朗くんもだいぶ自分のカタチで
打撃が出来るようになってきた、この辺りはベイスターズの希望の光ですね。
健太郎くんはシーレックスで後半良くなったと聴いていました。
彼の悪さは逃げるところ、それがなかったのは、
終盤の消化ゲームであれ、大きい好投だと思います。
これを来季に繋げなければ。あと雄虎くんも良いんですよ。

ちなみにインターコンチには、加賀くんと祥万くんが派遣されます。
ここでキッカケをつかんで、1軍で結果と内容を残す選手も多いので、
良いキッカケをつかんできて欲しいですね。特に祥万くんには。

加地社長の挨拶、ここ数年のインフォメのみの挨拶とはいえない形式上の挨拶と比べたら
雲泥の差ですね。本当は今のオーナーも挨拶すべきで、
加地社長のような情熱とアイデアを持たなくちゃいけなかったんですが・・・。
今度のオーナーは、ノジマの社長と同様にホエールズ時代からのファンだそうですが、
情熱をどこまで持っているのか?数年後に移転をちらつかせるような発言を
していると、ファンや現場の怒りを買うだけです。
それこそ、修やウッチーがFAで出て行くことになるでしょうね。
現状では、僕は2人ともベイスターズでやっていくと信じています。
2人とも最終戦のあと、悔しい!悔しい!という発言を繰り返していたそうですから。

コーチ陣とフロントは動きが結構ありますね。
哲さんと由一さんがそれぞれコーチに復帰!山下さんは編成部長に。
杉村さんが巡回コーチ。野村さんと純さんがファームに、
中根さんが昇格。白井さんは既にファームの監督に内定。
《生え抜きのコーチの育成をしっかりしなくちゃいけないので
白井さんにはずっとお願いをしてきたそうです。確か5年越しのラブコールが
通ったカタチじゃないかな?》
さらにはジョニーが1軍投手コーチとして、加わるようです。
バッテリーコーチももう1人増やして、福沢さんに配球を専任で
教えられるようにして欲しいですよね。バッテリーコーチ補佐をつけて欲しいです。

木塚くんは本当にお疲れさまとありがとうの気持ちでいっぱいですね。
高校から知っている選手の1人。横浜魂・ベイスターズ魂を持った選手。
そういう選手が去るのは寂しい限りですね。僕も。奥さんと娘さんが
号泣していたときは僕ももらい泣きしかけましたし。
気持ちで投げる選手。気持ちの弱い選手が多いベイスターズですし、
ファームの選手に魂をつぎ込んで欲しいです。

何も言わずに静かに去った佐伯さん。来年、他球団のユニフォームを来て、
スタジアムで反骨心を魅せてくださいね。ベイスターズの選手に感じてもらいたいので!

最後にスタジアムの問題ですが、中田前市長の辞任時には、
鶴岡社長、スタジアムの問題を放り出したって激怒していたんですよね。
ところが今はこっちはいろいろやってるって再三おっしゃっていますよね。
この心変わりは何という思いとやはりスタジアムの歪な契約の仕方が、
いろいろ問題を生じやすくしているのは確かですし、林市長も加えて
話しをすることになりそうなので、今までのような10年契約ではなくて、
おそらく3年契約になりそうですが、見直すべきところは見直して、
売店等の収入や弁当などのこともいろいろ工夫したらどうかと思っています。
僕はブログでいくつかアイデアを出していますけれどね。
弁当やグッズに関しては以前から。
ちなみにやはり新球場《完全開閉式全天候型のオール天然芝のドーム
セーフコフィールドのような感じなんでしょうね。》の建設も、
やはり視野に入っているそうです。

ふうちゃん、こんばんは。

加賀はシーズン前にここまで投げてくれるとは、首脳陣も思ってなかったのではないでしょうか。
規定投球回を投げ、尚且つ三点台の防御率ですからね。勝ち星には恵まれませんでしたが、彼がいなかったらと思うとゾッとします。来季は分析されるでしょうけど、ローテに計算できるピッチャーには間違いないでしょう。
一時の若手が出てこない…よりかは前進してますかね。ふうちゃんが挙げていた選手たちが安定した力を出してくれるようになれば、面白くなってくるんですが。

山口を先発に戻すのであれば、当然クローザーの補強は必須。ローテを揃えるか、後ろ三枚を揃えるか。限られた予算・戦力ですから難しいところです。

黒木さんを一軍投手コーチに招聘するようですが、未経験だからの不安はありますが、彼の解説はわかりやすいですし、理論もしっかりしてると聞きます。それよりも現役の時のあの熱い気持ちが彼の魅力でしょう。私は大賛成ですね。

バッテリーコーチの細分化もなるほどですね。配球、キャッチングとわけるべきですよ。キャッチャーの育成がうちのチームの鍵には間違いないわけです。
他から持ってきては、もうやめて欲しいです。


佐伯さんもいなくなり、ますます寂しくなりますね。ケチャップさんのブログを見ていて思わず涙が出そうになりました。
彼にも最後はベイスターズのユニフォームで終わって欲しかったですが、フロントがあのような考えですから、仕方がないですね。
ホント、見返して欲しいです。

新球場の建設は夢ですね。

横浜スタジアムは魅力的で愛すべき球場ですが、開場して30年以上になるわけですから、時代にあった球場は必要ですよ。メジャーを見ていてもそうですから。古き良き時代の風潮を取り入れた最先端の球場。ぜひ前向きな方向に行ってもらいたいです。

横浜スタジアム側も市や球団と大人の議論をしてもらいたい。
私たちはやるべきことをやっている。使用料は決して高くないなんて言ってるんじゃなくて、お互いにとってのwin-winをもっと話し合わないと。
事が最悪の事態になる前に本当にやれることはやりましょうと強く言いたいです。

不安

こんばんは!!よっしー!!

住生活グループは、監督等のスタッフ、本拠地問題すべて白紙だそうです。
ここでもファンは無視ですかといいたくなりましたね。
本当に会長はホエールズ時代からのファンなのかも疑いたくなります。
よっぽどそういう面ではノジマの方が熱意もあると思っちゃいますよ。

加賀くんに関しては、年間ローテまでは思っていなくても
年間を通じて働ける選手とは思っていたんじゃないですかね?
他球団からも評価が高い選手でしたし。
伸び悩みの小林太志くん《今日は内容が良かったそうです。》と
今日のフェニックスでも課題が克服されない桑原謙太朗くんが
悩みの種ですが、1軍を経験した若手、シーレックス終盤の快進撃を
支えた若手は、自信もついて、1軍のベイスターズを支えられるところまで
来つつありますよ。もう少しですね。

俊くんは僕はこのままクローザーで定着させた方がいいと思います。
あくまで今はですが。数年間はクローザーで。
その後に先発にも戻した方が、本人や球団の今後のためにもいいような・・・。

ジョニーに関しては、ライフワークの野球教室等があるので、
五分五分の気持ちのようですね。ただ僕も彼の野球理論や
的を射た解説はコーチ向きだと思っているので、
ぜひきてもらいたいです。

バッテリーコーチに関しては、シーズン前に三浦さんをフロント
転出にした際に、補充しないと心配になるといっていたように、
配球面での問題が出たので、このオフこそしっかりしてもらいたいんですよ。
FAでまたキャッチャー獲得の話しも出ていますが、
これをすべきではなく、コーチの補充が先ですね。

佐伯さんは、木塚くんのようにしてあげたかったという想いと、
負けるなよという想いが交錯しています。
他球団のユニフォームを着る姿を想像したくはないですが、
でも現役にこだわった意味というのを、ベイスターズの選手に
魅せて欲しいというのはあります。フロントの体質改善のためにも
反骨心、魅せて欲しいですね。

スタジアムの問題ですが、僕はスタジアムはスタジアムで残すべきだと思っています。
30年以上経っていながら、防災設備、耐震対策はマツダスタジアムに続いて、
良いんですよ。時代にあった新球場を作るにしても、スタジアムと兼用して、
スタジアムはスタジアムでの良さというのをしっかり見せられるよう、
今は、横浜市、スタジアム、球団、そして新しい親会社が、
移転をちらつかせるようにせずに協力する時期が来たんだと思っているので、
市民に愛される、ファンに愛されるスタジアム作りをまず望みます。

ふうちゃん、こんばんは。

住生活グループが統一ブランド『LIXIL』の認知向上が球団買収の理由の1つであると、明確に言っている以上『横浜ベイスターズ』にはまったく拘らないと想像は出来ますね。
やっぱり、日本のプロ野球は企業の広告塔にすぎないんだなと改めて思いました。プロ野球球団を持つということの意味を彼らがどれだけ深く考えているのか。
買収する立場からすれば、自分達が買うんだから好きなようにやりますという気持ちなんでしょうけど、一企業の独占欲ばかり強くてはいけませんよ。
たかがファンと括ってしまっているようでは先も見えてます。

『全てを白紙』

これが変更ありきなのか、現状を加味しての発言なのか。当事者しかわからないのですが、とにかくまだ何も決まっていないということであってほしいです。。ファンの意見、現実的な視点を考えるとやはり横浜をフランチャイズ、愛称は横浜ベイスターズ、を基本線とする。
そういう答えが早く聞きたいです。

選手も練習に集中出来ないかもしれませんが、秋こそレベルアップする大事な時期。
来年は本当に心機一転の年になるのは確かなわけですから、しっかりやっていってもらいたいです。

落ち着かない

こんばんは!!よっしー!!

人事に触れるなで、ファームに配置転換のはずだった
野村さんが退団で、ジョニーは結局、入団固辞で断念。
こんな騒動が続いていて、昨日もあんな発言を
新オーナー側がしたら、不信感をもたれて当然でしょう。
修もウッチーもFAは白紙。
やっぱり日本のプロ野球を本当の意味での地域密着型プロ野球チームに
したいと思っている人はいないんですかね?
僕が言いたいことは以前も言ってきていますが、
今週の週べで豊田さんと綱島さんが同じことをおっしゃっていますね。
そのうち、ブログでも書きますが、なぜ『横浜ベイスターズ』なのかを
考えて欲しいです。

選手も首脳陣もフロントも不安だらけの秋季練習、キャンプ、ドラフトですよ。
住生活グループの会長。それを本当に分かっているんですかね?

ふうちゃん、こんばんは。

ますます混迷の一途を辿るベイスターズ。そもそもTBSは球団譲渡するにあたって段取りしていたのでしょうか。
ホントに水面下で交渉して詰めるとこを詰めれなかったのか?来季への大事な時間をこの問題だけで使ってしまっていることを想像てきなかったんですかね。考えれば考えるほど呆れてしまいます。

ただただ静観するしかないのですが、住生活グループには、ふうちゃんが仰っておられたように、横浜ベイスターズという球団がなぜ横浜ベイスターズなのか?をよーく考えてもらいたいです。

黒木さんもガタガタしている球団で投手コーチなんぞしたくないでしょう。
人事には触らないで頂きたいのは結構ですが、触るのが遅くなれば腐ってしまうと言いたいです。

ファンの中にも

こんばんは!!よっしー!!

TBSと住生活グループの間で、いろいろ人事に関しても水面下では
話しはしていると思いますが、オーナーが軽々しくいろいろ話すなということもあるんでしょう。
ただ、白紙、白紙というのでは、いろんな人が不安を覚えるだけ。
ここは住生活グループもなぜ『横浜ベイスターズ』なのかと共に考えない解けないところです。
珍しく松澤知事も今回の買収での一連の会長の発言には不快感を示していますね。
ファンの中にも球団が残れば企業名がつけば良いという考えは、
いい加減捨てないと、プロ野球自体の衰退につながることに気がついてほしいですね。

野村さんの退団とジョニーの固辞、野村さんはスカウト転身を打診されたようですが、
いろんな面で人事が混乱しそうですね・・・。
吉田さんが昇格だけではどうしようもないですから・・・。
バッテリーコーチ補佐と共にキチンとコーチ陣も早く固めないといけませんから。

ふうちゃん、こんばんは。

月内には球団売却問題は何等かの決定はされるのでしょうが、相変わらずガヤガヤ周りが煩いですね。
住生活の会長も何も決まっていないのなら自分こそ何も言うなと言いたい。
松沢県知事の談話を鬱陶しいと発言したのが真実だとしたら人間性を疑いますね。鬱陶しいって…、大人が公然で言う言葉ですか?

球団保有のメリットが広告宣伝であるという考えは日本プロ野球の原点からも仕方がないだとか、球団名に企業名が入るのは仕方がないだとか、これがファンを含めての日本プロ野球界の考えなんですね。がっかりというか情けないというか、せめてベイスターズファンには横浜ベイスターズという球団に誇りを持ってほしいんですが。

監督・コーチ人事も白紙は結構ですが、売却が決まってから全てを決めるのでは遅い。水面下でも良いから今のフロントに一任するくらいやっていてもらいたいです。
現場の選手、首脳陣もたまりませんね。。結局、いつも後回しである現実が悲しいです。

余計なことを・・・。

こんばんは!!よっしー!!

月末には決まる買収問題ですが、あの会長さんの鬱陶しいのひとことが、
それまで勝ってもらえるからって喜んで味方になっていたファンまで
怒らせちゃいましたね。
思っていても公の場で口を出したら、ダメでしょ。本当に人間性を疑われます。
マスコミにその部分だけ強調しないでと思っているのかもしれませんが、
言ったのは確かですからね。

日本の野球は企業野球。いつまでこんなことを思っているんでしょうかね?
ファンもそうですが、若林オーナーもそうですよ。
特にセリーグのファンに多いのも特徴ですが、パリーグのCSとファイナルが
BSで放送され、セリーグのCSが1戦めがCS放送のみ、2戦目が、
デジタルハイビジョンのサブチャンネル。セリーグがもう置かれている状況が
分かると思いますが。これに危機感を感じないとおかしいですよ。
パリーグは、いまだに企業名をつけているチームが全部ですが、
地域に根付いているので、外しても十分やっていけると思いますよ。
セリーグはどうかというと、胡坐をかいているようではダメですね。
だからこそ『横浜ベイスターズ』なんですけれど。やっぱり豊田さんや綱島さんの
週べのコラムの言葉はここでも重いなと思います。

監督・コーチ陣、フロントに関しては白紙を強調していますが、
ドラフトや秋季キャンプが迫っていて、秋に監督がいないということは
今年は作ってはいけないからって、社長がしっかり防御線を敷いていますね。
極端な言い回しはしていませんが、新会社のオーナーが白紙だ白紙だといえば言うほど、
いろんなところに亀裂が産まれるだけですね。
今回の発言は僕もがっかりを通り越してだから、地元の企業や地域で
支える球団作りをしないといけないのにと思ったのは言うまでもないです。

用意不周到

ふうちゃん、こんばんは。

来季へ向けて1日も早く動きださなければいけないのに、今年は球団譲渡問題に揺れているベイスターズ。

住生活グループが白紙を強調すればするほど、現場の混乱を招く、まさにその通りです。
あと数日で結論が出るでしょうが、決まってないなら何も言うな!って叫びたいですよ。
年内までに人事は決める?本気で言っているんですかね?プロ野球のことがわからないなら現フロントと納得いくまで話せばいいじゃないですか!こうしている間にもやらなきゃいけないことは山ほどあるんですから、その辺をよく考えてもらいたいです。
また、TBSの用意『不』周到さは今に始まったことではないですが、本当に最後までやらかしてくれます。球団譲渡をスムーズにもう少しできなかったか?疑問でなりません。
相変わらず現オーナーがまた口走ってますが、なんなんですかね(苦笑)

ドラフトも迫ってきています。こんな揺れている球団に指名されても当人達は不安で仕方がないでしょう。少なくてもドラフト迄にはしっかりとした結論を出して欲しいです。

そして、うっちーがFA行使を明言したようです。残留を念頭においているかはわかりませんが、彼は必要な選手。勝ちに飢えている、優勝争いの緊張感のなかやりたいという気持ちは重々わかります。
うちに出来るのは、本気でそういう球団にするという意思表示と態度しかないでしょう。出ていくとすれば選手に好かれるチーム作りをしてこなかったツケがまわってきたということですね。

先手

こんばんは!!よっしー!!

住生活グループは、ウッチーがFA宣言行使を明言しても相変わらず、
買収が少し予定より遅れる可能性が出てきた、監督やコーチ人事は
12月にずれ込む可能性が高く年内に決まればなんっていっていますが、
それでは遅いんですよ、本当に。もうすでに現場が混乱していますから。
本来であれば、ドラフト編成会議の最終決定《大石くんで、外れの本命は加賀美くん。》のあとに
コーチ陣の発表でしたが、出来ませんでしたからね。

ウッチーが痺れを切らしたのもそこにあると思います。
これからの球団のことをどう考えているのか、ハッキリ言っていますからね。
そこで哲さんが先手を打って話しをしましたね。ちゃんと謝罪を含めて。
一応、秋季練習の最初にこの混乱の謝罪を社長と共にしていますが、
きちんとしたというのは大きかったんじゃないですかね?
確かに現オーナーがいろいろ話しすぎですが、住生活の方も後手後手を踏んでいるので、
今は何もいえる立場にはないですよ。ファンも置き去りにされているわけですから。
《この辺りは一昨日の神奈川新聞の社説でも書かれていましたね。》

修もFA宣言の行使を示唆するような発言をしていますが、加地さんも哲さんも
全力で引き止めるといっているので、2人とも早く結論が出しやすくなるんじゃないですかね?
もちろんそれは残留です!僕は回りがいろいろ騒いでも移籍はないと信じていますからね。
ウッチー自身、修自身もマスコミにいろいろ本来の発言の趣旨とは違ったことを書かれて、
ファンが混乱したことで、マスコミへの不信感も強いので。

真の市民球団に!

ふうちゃん、こんばんは。

…、うーん( ̄~ ̄;)なんていうかある意味予想通りのお粗末様な結果ですね。結果的に交渉決裂になってしまいましたが、この球団の置かれている様々な負の部分がおおっぴらになって良かったんじゃないですか?
住生活グループに関しては何も言うことは私はありません。好きでもない人と付き合うことが出来ない、それだけでしょう。


来季もTBSが持つことになりそうですが、やる気のなさを露呈し手放そうとしただけに修羅場が待っているでしょうね。
だとすれば、市民球団への道を切り開く機会にするしかありません。
名実共に横浜ベイスターズになる良い機会にするべきで、TBSの最後の奉公はその道筋をつけることでしょう。

とりあえずドラフト前に落ち着きました。フロント・現場は来季へ向けて再スタートです。
しっかりと首脳陣を固め、FA組には最大限の誠意を見せること。
選手たちはこの騒動を言い訳にしないこと。この秋は全てにおいてレベルアップしなければ。

ねえ、予想通りに!

こんばんは!!よっしー!!

長引くと出た時点でというか、鬱陶しい発言あたりには、
もうこうなると予想をしていたので、ああやっぱりね、予想通りねって感じです。

TBSとしては、ドラフトどころかもっと早い段階で決着をして、
誰も不安にさせないオフをと思っていたようですが、住生活が、
本拠地移転を譲らなかったのが最大の今回の破談の要因ですね。
夜になって知りましたが、新潟と静岡草薙のダブルフランチャイズを
提案していたようですが、TBS側はマルハ《旧大洋漁業グループから》との
約束である、1軍は横浜スタジアムを本拠地として、
2軍は横須賀スタジアムを本拠地にするという点は絶対に譲る気がなかったということですね。

TBSに『横浜』が守られた感じでもありますが、もう1つずっといい続けていた
『横浜ベイスターズ』という会社名やブランと銘が入らないチーム名の重みというのも、
多くの野球ファンやベイスターズファン、神奈川県民や横浜市民、
野球関係者やマスコミなどからも反発を招いたというのも大きかったようですね。
TBS内は予想が出来ましたが、住生活グループの職員の中にも反発をしたそうですしね。
神奈川新聞の社説や照明灯に出ていた一市民の声って間違いじゃなかったんだなと思いました。
さすがに今回ばかりは、横浜市も神奈川県も『横浜ベイスターズが横浜をフランチャイズにしていることが当然』と
いう想いばかり考えて、反省しなくてはいけない点も多く、しっかり出来る支援をしていかないといけないと
いう声も出ていますね。

修や一部の選手からは困惑の声も出ていますが、その一方で某選手
《あえて言いませんというより明日には分かるかと。》は、
『自分たちがすべきことをすれば良いこと。こうなるのも選手の責任でもある。』と、
普段はおとなしいこの某選手からこういうコメントも出ています。
ファンも変わらないといけないしすべきこともありますが、こういう部分は、
結果的に良い回転を仕掛けているのかもl知れません。
もちろん、TBSはこの1年、厳しい眼を向けられるし、すべきこともいっぱいあるので、
また身売りをおそらく今度は意欲的なノジマになる可能性が高いでしょうが、
それまでの手腕、強化というのを一体となってしていかないと。
どうか現場を置いていくことのないように、加地さんだけが砦みたいになることなく。
FAの2人も自分たちで変えていくという意欲を見せてほしいですがね。
ウッチーにはいの一番に加地さんも哲さんも話しをしていますが、
修には明日するはずですからね。

さてドラフトです。大石くんでいくことはほぼ間違いなく、
外れの場合は、左腕優先という声が出ていますが、当日まで決めかねている
回避球団が左腕指名を匂わせているところを見ると、外れた場合の
指名は加賀美くんになりそうですね。相思相愛ですし、
元々僕は加賀美くんは伸び盛りだと思っているので、大石君を外した加賀美くんであれば、
それはそれで納得です。2位が難しいところですが、乾くんを指名できたら
御の字なんですけれどね。あとおそらく他は今年もいろいろ
挙がっている選手と共に地域性が考慮されそうです。
このあたりの意識は変わっていないようで。《これはすごく大切ですね。》

ふうちゃん、こんばんは。

今朝の神奈川新聞、あらゆるところに売却交渉破談の記事関連が乗っていました。こんな事態で紙面独占というのがなんとも…。
売名行為だ!なんだと色々とニュースが報道にあがってきてますが、気になったのは住生活グループが神奈川県内の球場に移転案があったというのが驚きでした。
先方が本気であったかどうかは終わった話。今後も売却話は燻るでしょうし、横浜がフランチャイズ、尾花監督、横浜ベイスターズというのが暫定という感が否めません。
また、横浜に残って良かったではなく、神奈川県、横浜市、横浜スタジアム、横浜ベイスターズ、そしてファン。みんながより一層協力していかなければいけませんね。

選手たちは自分達のやるべきことをやること。自分達の腑甲斐なさがこのような事態を招いたまでは思わなくても良いですが、見返してやるぐらいの気構えがほしいです。

ドラフトですが、投手中心でふうちゃんの予想通りの加賀美くんや荒波と地元密着の指名ができましたね。相変わらずアマチュア界に疎い私ですが、良いドラフトだったのではないでしょうかね。

新しい船出

こんばんは!!よっしー!!

移転案を否定し続けていた時点で、何かあるなとは思っていました。
でも新潟はあくまで本拠地ではなくて出来ても準フランチャイズ、
年間10試合程度でというのが、管理をしている団体としては
新潟県知事にお願いをしてきていたようですが、知事がこちらも先走った感じです。
静岡草薙は整備中で、ベイスターズとしてもお世話になってきていたというのも
あったんでしょうね。ただその静岡も急に来た話しで、前向きに検討とはいえ、
大慌てになったのは確かのようで。
野球のスケジュールを知らなかったといい続けていた住生活の姿勢もやっぱり
問われる問題だと思います。地域性の問題もですね。

売却話しは今後もあるでしょう。ノジマになるかどうかは分かりませんが・・・、
ただ地元企業を中心にした、やはり本当の意味での地域球団、
神奈川県、横浜市、横浜市、横浜スタジアム、横須賀スタジアム、
球団とファンもしっかり支える球団作りをしていかないといけませんね。
つくづく考えさせられました。ブログでも一連のことは書きましたが、
選手の中にも責任の重みを感じているのがいるというのは、
これからの財産なので、それをまた生かしていかないと。
修もウッチーも『自分の必要性』云々はいまさら言うまでもないでしょ。

ドラフトに関しては、須田くんが先というのは予想外というか、評価が他球団でも
高く、外れ1位に上げていたのが4球団あったようですが、
その上で、地元意識が強く相思相愛で伸び盛りの加賀美くんと
同じく横浜志望でずっといた荒波くん《大学時代から追っていた
稲嶺くんのスカウティング努力も実って感慨深いです。》、
他にもしっかりポイントを抑えた指名が出来ているので、そういう点では良かったと思います。
左投手はという声も出るでしょうが、須田くん自体が左殺しですから。
乾くんが獲れるに越したことはなかったですが、岩見くん同様、
フォームが崩れかけている状況で、指名するのはかなりリスキーだったと思います。
そういう点ではしっかり加賀美くんを指名できたというのは大きかったと思いますね。
欲を言えば、もう1人バッファローズに5位指名された、神奈川出身で、
やはり地元志向の強かった深井くんが獲れていれば文句なしでしたが。
ここは駆け引きもあって難しいですね。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。