スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売10回戦 ~適材適所~

今日ほど「適材適所」という言葉を痛感したことは無い。

ジャイアンツもベイスターズも先発の谷間。

ベイスターズは今年クローザーとして期待されながら失格の烙印を押され

中継ぎでも必ずしも満足の結果を残せなかったブーチェック。

先発陣の台所事情が苦しいなか監督が選んだのは彼だった。
ここまでジャイアンツに1勝しか出来ていない。

その原因は先発がそうそうにゲームを壊してしまう。

または、中継ぎ陣が踏ん張れない。

このチームに打ち合いで勝てる状態ではまだまだない。

だからこそ先発の踏ん張りこそ勝利に繋がる。

これはどのチームにも言われることだけど。

今シーズン、尾花さんの下アナライジングベースボールを掲げ

守り勝つ野球を標榜してきた。

理想と現実。口で言うほど簡単ではない。

色々なことを言われているが、チームが変わっていることは間違いない。

結局やるのは選手。いくら監督やコーチ、スコアラー達が情報を提供しても

そこに投げられない、打ち崩せなければ意味が無くなってしまう。

今は、発展途上の段階。去年まで出来ていなかったこと、やろうとしていなかったことに

チャレンジしているんだからもう少しじっくり見ていく必要がある。

成績が悪いと監督のせいにするのはファンの悪い癖だ。

さて、本題に戻ります。

先発のブーチェックだが、うまい具合に力が抜けていたとしか言いようが無い。

それ以外は、特に今までと変わっていないし、ジャイアンツ相手にあそこまで投げるとは

思わなかった。シーレでも先発を任せるとゲームを作っていたらしいが、その辺の

情報の共有が出来ていたからこその先発ブーチェックだったのだろう。

打線は昨日致命的なエラーをしていたカスティーヨに代わりショートに藤田さんが入った。

やっと私の思い通りになった。カスティーヨのセカンドの守備はどう見てもセカンドの守備ではない。

彼がこれで腐るかどうか。熱心に練習してくれるかどうか。まぁ、取り組み方次第ですな。

うっちーのホームランが結果的に効いたけど、本人もだいぶ責任を感じているような気がした。

自分らが打てていないから負けている試合も多いと。

これをみんなが思うようになったらベイスターズは強くなるだろうな。

自分が打たれたから負けた。。。と思ったら逆転してくれた。今度は自分が逆に助けよう。

こうなってくればチームの状態は上がってくる。

ブーチェックに負けている場合ではないと思わなければいけない選手は多いと思う。

こんな状態だからチャンスなんだ!自分がスポットライトを浴びるチャンスだと思ってやって欲しい。

来週から当分上の相手スワローズ、カープとの試合。

2チームとも交流戦前とはチーム状態はだいぶ違ってきている。

ぜひ上昇気流に乗る1週間となってほしいものだ。

沖縄での試合となるので要チェックですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スローガン+

こんばんは!!よっしー!!

この3連戦はほとんどがラジオ観戦になりました。
ちょっと姪っ子が肺炎にかかってダウンしてしまったり、
祖父も同じ時期に一時危なくなったり、バタバタしていたので。

このところのベイスターズを見て思ったのですが、
フルシーズン・フルパワーに加えて、フルカバー、
アナライジング・ベースボールをしていかないと
チーム全体の底上げにつながらないんじゃないかと思いました。
ラジオは本当に良く情報が入りやすいので、そこからですが、
ようやくデータの大切さ、1球の大切さがわかりだしたのは、
最近になってからだそうですからね。まだまだチームすべてが変わるのは
時間がかかるということです。チームキャプテンは、僕はウッチーや
修ではなくて、雄でも良いと思っているんです。
ウッチーや修は、抱え込みやすく、声掛けは上手くても
大声でまとめるというのは無理な性格ですからね。
雄は、乗りやすい選手で、横浜高校でももまれてきたわけですし、
意外とそういう部分に自覚を持たせたら、さらによくなるんじゃないかと思っています。
1番、2番が少しずつカタチになってきていますしね。
修に関しては、ラジオで開設をされていた田尾さんが
直接話をしたそうですが、相当悩んでいるそうです。
突っ込んで泳がされないだけましですが、もしかしたら、
田尾さんは体調不良《心も不良》にあるんじゃないかとおっしゃっていました。
身体も心も万全になるにはまだ時間がかかるかもしれません。
だからこそみんなでフルカバーをとなおさら思ったんですが。
これは昨日のカスティーヨもそうですが、エラーをした選手のカバーもそうですね。

今日で言ったたら、ブーチェックが、先発としてめどをつけたのもそうです。
セットアッパーで投げると力んで、無理やりストライクを取りにいこうとするから、
シーレックスで先発であえて投げさせて、それを矯正させたそうですが、
ブーチェックは、こういう内容だと先発向きなのかもしれませんね。性格的にも。
本人も結果をつかんだといっていますし、次回も期待します。

あとカスティーヨに対する補足。神奈川新聞の某記者さんも
田尾さんもおっしゃっていましたが、ミスを承知で使っている以上、
それで懲罰交代を命じたのなら、しっかり声をかけてあげて、
今、何をすべきか本人にしっかり伝えることも大切だとおっしゃっていました。
これ、なるほどと思ったんです。声出しもそうですが、声掛けの部分でも
ベイスターズ、シーレックス共にかけている部分で、大切なことだと思うんですよ。
誰かがそれをカバーする、一也くんのように競争意識を植えさせるのも、
本人の意識と取り組みを変えるためにも最低限の声掛けを、
コーチ陣、尾花さんも忘れないでほしいです。

フルカバー、僕はあえて今のベイスターズに必要な要素として、
全選手、首脳陣に意識してやってほしいです。
走塁面やゆさぶり面、駆け引き面で少しずつ進歩も見えてきているので。

団結力

ふうちゃん、こんばんは。

フルシーズン・フルパワー・フルカバーですか。
なるほど。
野球はチームスポーツ。今のサッカー日本代表を見てもそうですが、団結力に勝るものはありません。
チームとして如何にまとまっているか。良い選手ばかりいても勝てません。

ベイスターズのようなチームは選手も限られているわけですから、監督の考えの下に考え実践していくしかないんですよね。

ミスをしてもみんなで盛り上げる。口で言うだけでなく、雰囲気でみんなでやろうぜ!という風になれば必ず強くなるはずです。

昨日の藤田さんの適時打にカスティーヨが笑顔で迎えていましたが、大事ですよ、ああいうのは。

監督は結果を残せなかった、ミスをしたから、はい、ダメ!とはしないんじゃないかな?って思ってます。一軍の登録・抹消を見てるとそのように見えなくもないですが、適材適所を探しているんでしょう。

適材適所といえば、小林太も起用法は見えてきた気がするんですが。
彼はロングリリーフタイプでしょう。出来れば先発ですが当分はロングリリーフで様子を見ても良いと思います。

村田さんがこのような状態になっているからこそ、周りのフォローは大事ですよ。技術だけでなく、精神的なフォローはやれていそうで出来ていない気がします。彼ほどの選手ですから、技術的な原因はほんの微々たるものでしょう。

村田には任しているではなくてチーム全員で盛り上げていけるか?見物ですね。
なんでも良いと思いますよ。グランドに入ったら先輩後輩ありませんから。仰るように石川辺りが声張って叱咤激励したって良いでしょうし。

サッカー

こんばんは!!よっしー!!!

まさにサッカーの日本代表もそうですね。
僕、絶不調であっても予選は2勝1敗で通過すると予想した
3%の1人なんですよね。得点までは当たりませんでしたが。
能活や佑二が、あれだけ負けていながら、現地に入ってすぐの
インタビューで、チームがまとまったと強調していたので、
よっぽど何かつかんだものがあるんだろなって思ったんですよ。
ハッタリを言える器用な選手ではないですからね。
それにも通じる部分としてベイスターズもフルカバーをすることが
底上げにつながるんじゃない、チームとしてもっとまとまるんじゃないと思ったんですよね。

けがをして登録抹消になった直人が、早く昇格したがっていますが、
ベンチで盛り上げる、声を出す、声をかける、意識してやれば、
本当に少しずつ変われると思うんですよね。
カスティーヨはムードメーカーでもありますが、基本の徹底を教えれば、
良い競争になると思います。一也くんを笑顔で迎えるあたりも、
まだまだ折れているどころか、反省もしていると思いますからね。

尾花さんの選手の登録・抹消ですが、けがや病気などを除いては、
必ず課題を与えて落としています。このあたりは、権藤さんのときに
似ていますね。克服するまで上げないとか、1つクリアしたら、
上げるとか。結構徹底していると思いますし、選手も納得しているんじゃないかと思います、
健太郎くんも課題を克服しての昇格、次の登板も楽しみですし。
ブーチェックもそうですしね。

修は、野球人生で初めてのこれだけの不調になっていますが、
逆に言うと、カバーをする選手、俺がやる、チャンスが来たともっと
思ってほしいんですよね。まだまだ修とウッチーに頼り切りなので、
そこからの脱却が大切。下園くんと雄にそのあたりを期待したいですね。
金太のように、代打や途中出場でも腐らずに結果と内容を残してくれる
選手がいるのも大きいですし、良いお手本になりますから。
佐伯さんといい、もっともっと気がついて、自分たちで考えて、いろいろ
結果を恐れずにプレーしてほしいです。シーレックスの選手たちにも
刺激を与えて欲しいですから。

ローマは一日にして成らず

ふうちゃん、こんばんは。

先週はまったく試合が見れませんでした。

ベイスターズ、またまた元気が無くなってきましたね。
沖縄での試合は興行的には良かったのかもしれませんが、試合内容の方はさっぱり。
非常に新鮮味のあることで楽しみにしていたんですがね。
ここに来てなんとなく負けてしまった試合が多くなってきた感じがします。
今年は無駄な試合など一つも無いはずなのに、選手から戦っている気迫がどうも感じないんですよね。

サッカー日本代表、惜しくもパラグアイにPKで負けましたが、最近あれほどまとまった代表はなかなか無かったのではないでしょうか。
あれを見たら今のベイスターズは同じ戦う集団としては物足りなくなるのもしょうがないですかね…。

負けのペースは昨年と変わらなくなってきましたが、チーム自体は変わってきているのもまた事実。

ここ一番での勝負弱さ、、誰かも言っていましたが惜しいところまでいってその先に行けないのは実力・経験が無いから。今年一年、いや、二年でも三年でもとにかく色んなものを経験して欲しいです。
バントミス、走塁ミス、判断ミス。色んな失敗をしていますが、糧にしなければ。
若手は経験。主力はとにかく結果を残すこと。かならず、それが噛み合う日が来るはずです。

カスティーヨがシーレ行きになりました。明日から、大幅なオーダー変更がありそうですね。

ハーパー!

こんばんは!!よっしー!!

やっぱり基本的なところでミスが多いです。
僕も見られた試合は少なかったですが、
尾花さんがお冠になるのも分かります。
ただベンチワークもミスを恐れて少し消極的になっている部分もありますね。
特に攻撃面では。
選手もベンチも臆病になるなって思います。もっとアグレッシブにいかないと。
最下位という事実、これだけの借金がある事実、もっと受け止めたら、
いろいろやれるはずです。

カスティーヨに代わって、ハーパーが昇格です。
シーレックスでの打撃の内容はずっと良かったそうです。
守備はまだ目をつぶってくださいだそうです。(苦笑)

あと、相変わらずシーレックスも意識が低い試合が多くて、
結構、厳しい声が出ています。勝っても内容が伴っていない。
ピッチャーは特にチャンスなんですが、それを分かっていないのは
困ったものですね。あとがないという意識が欲しいです。

負け癖

ふうちゃん、こんばんは。

ミスが目立つ試合が相変わらず多いですね。思わず溜息が出てきてしまいます。

そんななか明るい話題は村田さんの復調とハーパーの打撃でしょうか。
村田さんはドラゴンズ戦での2発をテレビで見れたのですが、構えてからトップの位置にしっかりバットが置けてスウィング出来ていましたね。
良くないときはリラックスしているようでなかなか形になっていませんでしたから。
来た球を自分のスウィングをする、この難しさを改めて痛感したでしょうし、よい経験になったと思います。
ハーパーですが打った場面はあまり見れていないのですが、あまり体重移動をせずに打つ感じがですね。
ペタジーニ?みたいなイメージですかね。
ただ、低めの見極めで苦労しそうな感じがします。
自分の打てるゾーンにボールを呼び込むことが多く出来るようになれば、結果を残してくれそうですね。

ところで、タイガースとの2戦目、あの試合はよく勝ち切れたと思いますが、尾花さん、九回に直接マウンドに行ったみたいですね。
ピッチングコーチの立場云々言いますが、ああいうのが自然に出てくるのは良いと思います。
熱いものを指揮官が見せることは選手にもプラスになるはずです。

去年より負けペースが増えてきたという批判はごもっともですが、最初からうまくいくはずないんですよね。何年も同じことを言ってますが、このチームには無駄な試合など1試合もありません。良い部分が出始めているのですから、選手たちはチャレンジ精神を忘れないこと。ファンはチーム・選手達を信じることが大切ですね。

プロとして恥ずかしいプレーをしてしまうのは仕方がありません。そこから本人が何を学ぶのか?その方がはるかに大事ですよ。

これからが

こんばんは!!よっしー!!

借金が増え続けるといろいろ言われますし、
これからだと思います。データの大切さと自主性に気がつき始めて
取り組みだしたのが5月の中旬ごろから。時間はかかって当然です。

修に関しては、スタジアムの場外の後のライトへのポテンヒットの内容が
すごく良かったので、これは復調しつつあるのかなと思いました。
あと気になったのは、もしかしたら、わき腹も痛めていたんじゃないって思ったぐらいで。
腰砕けや引けたスイングになっていたのは、わき腹を痛めていたりっていうのは
なかったのかなぁと思いました。
甲子園でもしっかり下半身と腰のひねりを加えて、自分のスイングをしていましたし。

ハーパーは、仁志さん曰く、前にツッコむことが少なく、研究熱心なので、
それがよく出ているのかもと思いました。
僕はペタジーニよりもかなり古いですが、トラクスラーを思い出しました。
選球眼もだんだん良くなっていますし。あとは守備の意識ももっと
強く持ってくれたら。

尾花さんの直接マウンドの声掛けは僕も良かったと思います。
これからも場面、場面で出てくるでしょうね。
直くんや大輔さんのようなピッチャーだけでなく、若手のより
高いところへの意識付けになったらいいんですけれどね。

まだまだミスをカバーできるところまでは出来ていないですが、
走塁やバントの意識って、だいぶシーズン全般と変わってきていると思います。
そういうところからでしょうね。

湘南、今季まで。

ふうちゃん、こんばんは。

随分のご無沙汰になってしまいました。7月は公私共にバタバタしてしまい、なかなかブログを見る時間がありませんでした。

ベイスターズ、一進一退の戦いが続いていますね。成績が落ちればマスコミの格好の餌食。色んなこと言われてますが放置ですね。
昨日、一昨日とスワローズに連勝しましたが、上位と下位とレベルの差がセリーグはやはり感じますね。 当面はこの3チームの中で上に行くのが目標となるんでしょうか。

そして、何より残念なニュース。湘南シーレックスが今季限りらしいですね。
十一年目に入ったシーレックス、徐々に浸透していった反面、それに見合う効果がどれだけ横浜ベイスターズとしてあったかはわかりかねるという部分もあったかと思います。
賛否両論出ると思うし、決まったことは仕方がないことですが、本当に残念です。

シーレックス

こんばんは!!お疲れさま!よっしー!!

ベイスターズは、いろいろ外には言わせておけばいいじゃないですかね?
ただ選手の意識が変わらないとここはダメですから。
尾花さんと島田さん、野村さんに要求があるなら、
自主性の意味を考えて取り組まないとダメです。

そしてシーレックスですが、とにかく残念です。
経費削減が主な目的ですね。
加地さんが横浜職を強めたい話しが一部で出ていますが、
地域色の大切さを訴えている方が、湘南シーレックスの意義、
存在は分かっているはずですから。

結局、日本は企業スポーツで、本当の地域のプロチームになりきれなかった
ということなんでしょう。
ずっと言っていたことが、こういう面でも表れてしまった、
本当に残念です。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。