スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦 千葉ロッテ最終戦 ~寂しい幕張での2連敗~

昨日は2年ぶりに幕張に行ってきました。

去年は平日日程で行けず、そのせいかファンも多くレフトスタンドに集まっていた気がする。

試合内容は御覧のようにさっぱり。

打線が完全に吉見さんに捻られていた。

どうやら西本さんからプレートの使い方を・・・なんて記事があったけど、

それだけであれだけ変わるのか?というくらい制球力が良かった。

フォアボールで崩れて、弱気になってなんて姿は微塵も感じなかった。

あれを見たフロントは、どう思っているだろうか?

私は最後までこのトレードの不可解さを感じていたが、如何に見る目がないかということだろう。

しかし、そんなこと言っていても始まらない。過去を振り返っても仕方がない。

大事なのは今。加賀が私達に希望を感じさせてくれた今日の試合。

こういう試合を続けていきたい。

バントで送ることが出来なくても、途中でサインが変わって対応できなくても

一試合一試合を大事に戦っていけば必ず強くなる。絶対なる。

何度も同じミスを冒しても、それを糧に練習していけば必ず報われる。

私はそう思って応援しているし、その気持ちに選手達が応えてくれると

信じている。

今日の試合、随所に見えた勝ちたいという気持ち、この気持ちが感じられる間は

まだまだ平気だろう。

ファンの中には去年と変わらない。なんでそんなこともできないんだ?エラーするんだ?

打てないんだ?そう思う方が多くいるだろう。

まだまだそこまで求めてしまってはこのチームは酷だ。

1センチでも1ミリでも前に進んでいることを感じられればいいんじゃない。

そう思った方が気が楽だ。

さて、そんなこといっていても借金が今季最大の9まで膨らんだ。

去年はこの時期には自力優勝が消えていた気がする。

来週はライオンズ、イーグルスとの戦い。

なんとか直行さんに連敗を止めてもらいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

尾花さん!

こんばんは!!よっしー!!
寒い中での観戦、お疲れさま!

吉見くん、ベイスターズが苦手にする、
左の軟投派、しかも西本さんにアドバイスをしっかりしてもらって、
制球が良くなったというより、少々甘くても
相手が打ち損じるだけの緩急を上手くつけていたというのに尽きますね。
で、テレビでは、ジョニーが開設で補足もしていましたが、
ベイスターズでは、ずっと尾花さんまで、コーナーワーク、
4隅をギリギリに投げるようにとアドバイスをされていたようなんです。
ところがマリーンズに来て西本さんは、フォームの一部強制もそうですが、
コーナーワークは、4隅ではなく、ベース付近にまず
投げることを心がけるようにしろ、これだけだそうです。
これで変わったということは、今までのコーチング、尾花さんも
自身のコーチングが悪かった、おまけに半戦力《トレード要員》にしてしまったという
猛省はしっかりしないといけません。これ、フロントの責任だけではないですよ。

一方、加賀くんはすばらしかったですね。逆球が多くても
あれだけ、生きたボールを投げていたら、早々は打たれません。

やっぱり打線ですよね。雄ぐらいしか工夫が見られません。
とにかく江本さんや若松さんがここ数年ずっと口が酸っぱくなるぐらい、
おっしゃるように、振り回しすぎだと思います。
あれだと吉見くんも俊介くんも楽に投げられるし、
里もリードはしやすかったと思います。
島田さんも野手に、狙い玉を絞るようにしかアドバイスをしていないそうなので、
失敗はしたものの、雄と早川大輔との間で揺さぶったように、
もっと揺さぶらないと。島田さんは、ぬるま湯につかっていた悪しき体質を
本質から変えたくて、あえて自主性を求めて、大まかな指示のあとは、
野手陣に考えて、攻撃させるようにさせているので、
野手陣がそれを少しでも実践しないと。本当に目が死んでいないことが
幸いですし、やけになっていないのも良いことなので、
自分たちで何とかする、マリーンズはそういう点では良いお手本なので、
見習わないといけないですね。プライドがあるとか、恥ずかしいととはいってられないですよ。

所沢では、石井一さんと涌井くんが出てくるでしょうから、
もう1度、原点に返って、島田さんが求めている自主性を実践する良いチャンスです!

忍耐力

ふうちゃん、こんにちは。

具体的な指示をせず選手の自主性に任すという島田さんのやり方は間違っていないと思います。
仰るように根本的から変えるには、そのようなことを継続していかなくてはならないでしょう。
後は選手が実践できるか否か?やっていることが結果に結び付いていかないことが多いと挫けたくもなりますがやり続けないといけませんね。

そして求められていることよりもさらに個々人が工夫しないと。

打線は内川、村田、スレッジという顔で打てる選手がいるわけです。
爆発した時は手がつけられないでしょうが、裏を返せば、この3人だけマークしておけば大火傷はしないということですから投げるほうは楽ですよね。
石川はだいぶ打撃面では成長してきましたが、もっといやらしく投げるとこなくてフォアボールを奪えるぐらいな1番打者にならないと。
2番は現状藤田さんが内野の安定を考えると妥当でしょう。
藤田さんもバントとか細かいことを当たり前にできるようになって頂きたいですね。
アチャもライトで使いたい気持ちはわかりますが、守備を見ていると怖くて使えません。藤田さんが結果を残せないなら、守備を目をつむってアチャにセカンドを守らせるようにしてもよいでしょう。競争意識を高めれば相乗効果が出るかもしれないですし。

となると外野なんですよね。あれだけ競争が激しいと言われていたのに、スレッジのレフトが仕方なく埋まっているくらいですからね。総じてみんなアピール不足。
結局金城さんのベテランながらの安定感に頼らざる得ないのが現状です。

その中でも下園は頑張っているほうでしょうか。

あと、吉村の不振も痛いです。彼がきっちり打っていれば打線の厚みがもう少し違っているはずですから。とにかく腐らないことですね。これが成長の過程なんだと。この時があったから今があると思える期間にしてほしいですね。

裕基

こんばんは!!よっしー!!

ライオンズ相手に、しっかりこのところの反省が生きた試合をしましたね。
石井一さんも決して良くなかったですが、それを初回から畳み掛けたのは、
良かったと思います。明日はおそらく涌井くん、同じように自主性を実践できるか。

雄は、確かにファーボールがもっと選べれば申し分ないですが、
出塁率も良くて、守備でもエラーは1つだけですよね。
今日、文化放送で解説をされていた駒田さんもおっしゃっていましたが、
頑なになっていた打撃フォームの改造や守備への意識が
変わったことが生きているように思います。
1番打者としての資質は十分持っているわけですし、
あとは現状に満足せず、もっともっと出塁率をあげること。
そして一也くんは、2番打者に定着すること。
相変わらず2番は日替わりで、下園くんや大輔《降格になりましたが》が
努めることが多かったので、一也くんがやっぱりいて欲しいですね、ここには。
雄太くんと信吾が昇格で、それぞれ、やることは分かっているはず。
カスティーヨに脆さが出てきているだけに
《逆にセカンドの守備では、以前ほどの軽率さは消えつつあるので、
やっぱりセカンドがやりやすいんでしょう。》

今日は、ウッチーがポイントゲッターになりましたが、
修と絶不調のスレッジが、どういうカタチでさえ、
ポイントゲッターとしての役目を果たすこと。不調に陥ると難しく
考えがちの2人なので、もう少し頭を柔らかく!

で、裕基ですが、シーレックス情報で、今日は5打数5安打。
延長でセンターオーバーの決勝ホームランを打っています。
ほとんどがセンター方向のライナー性の当たりになってきているそうなので、
これは一時期の絶不調から脱出しつつあるかもしれません。
文化放送でゲスト出演していた今井翼くんももっとも気にしていましたからね。
裕基のことは。このことを聴いたら、喜んでいると思いますよ。
《本当に根っからの根強いベイスターズファンで心強くて、
ファンとしてもありがたいです。翼くんには。》
勇気も本当に今の苦しみを超えれば、僕はまた成長と進化を
続けると思うんですよ。島田さんもあえて鬼にしてシーレックスに
落としたわけですし。今日をキッカケに、内容の良い状態が続けば、
ベイスターズ昇格も本当に近そうですね。

一方、ピッチャーのランドルフは内容が相変わらず良くなさそうで、
怪我からの復活とはいえ、心配ですね。アドバイスをちゃんと
聴いていれば良いんですが。

一歩ずつ

ふうちゃん、こんにちは。

ライオンズとの2連戦。うちのチームの可能性と脆さが両方垣間見えた試合となりましたね。
昨日の試合もあれだけミスが出れば勝てません。誰々云々言いませんが、ああいう失敗を成長の糧にすれば良いんです。
ミスして悔しい、もっとうまくなりたい!その気持ちをプレーにぶつけて欲しいですよ。
最後まで諦めない攻撃が見えたのも良かったんじゃないですかね。石川もよく粘りました。
しかし、初回の2点止まりになってしまったことがああいう流れを呼び込んでしまった原因の一つでしょう。ヒットは打てども点が取れない。効率よく点が取れないのはなかなか解消されません。
あと、いざというときのライオンズの機動力。あれは本当に羨ましいです。片岡さんも顔で走れる選手。タイミングはアウトでもキャッチャーが慌ててくれる。そんな強さがある気がします。

明日からのイーグルス戦。一つは社内でもう一つは友達と観戦予定です。ホームでの成績がビジターよりも悪いのはなんだかよくわかりませんが、ハマスタで応援してくれるファンのためにもしっかりとした試合を見せてほしいです。

構えすぎ

こんばんは!!よっしー!!

石井一さんとの対戦は良かったんですが、
涌井くんとの対戦は、脆さが出た感がいっぱいです。
真吾は、攻守で足を引っ張った分、危機感を感じないと!
将くんがもう少しで昇格できそうと聞いているので。

雄も粘りが出るようになっていますが、相変わらず三振が多いのは、
反省しないといけない部分。
機動力に関しては、だいぶ進歩をしていますが、ライオンズや
マリーンズと比べるとまだまだですよね。
悔しさと学ぶもの、両方が上手くミックスされれば、ベイスターズも
もっと変われるんですけれどね。

それからりビジターよりホームの方が、成績が悪いこの状況ですが、
僕が感じたのはホームのときは、ずいぶん構えすぎのような気がしています。
まだまだそういうチームではないのに、ホームだからという隙みたいなものですかね?
見ていていろんな面で感じるんですよね。
いつもチャレンジ精神を忘れないで欲しいです。
観戦、ぜひベイスターズに活を入れてきてください。

0-12

ふうちゃん、こんにちは。

昨日は今年一番っていうくらい最悪な試合を見せられました。あれだけ好き放題にやられるのは逆に見事ですよ。
ワタシが球場に着いた時は既にブーチェックに変わっていましたが、まぁ簡単に打たれること。
球速よりも球が遅く見えましたし、出所がはっきりしてます。尾花さんも他にいないから使っている感じがします。
小林と小杉はもう経験しかありません。自分の力を出せれば抑えられるものをもっているんですから。小杉は勝負球が甘い気がしました。

打線は恥ずかしいですよ。井坂ー山村-井上-青山で完封されたわけですから。当たりが正面つく場面もありましたが、ホームであれでは…。

昨日見て改めて思ったのがカスティーヨの守備が緩慢過ぎることですね。ピッチャーがモーションに入っているのに低く構えないから一歩目が遅れる。普通のセカンドなら処理できる当りが何本かありましたよ。

ここはやはりショートに藤田さん。セカンドに石川に落ち着けてもよい気がします。カスティーヨの打撃は確かに魅力的ではあるんですがね。

今日は、岩隈さんでしょう。点はそうとれないと思います。昨日の恥ずかしい試合を取り返して欲しいですよ。

残念なホームゲーム

こんばんは!!よっしー!!

昨日は、最悪の試合でしたね。
太志くん、僕もテレビで見られる前に替わっていましたから。
ブーチェックは、前々回は、カットが上手く効いていて、内容も良かったですが、
あの1試合だけで、投げ方が投げ方なので、やっぱり球速の割には軽いということですね。
小杉くんに関しては、シーレックスでずっと調子が良いと聴いていて、
球速もストレートは150キロ前後を出していたそうなんですが、ベイスターズで投げた2試合共に、
球速は140キロを超えるぐらいが最高で、あとは130キロ台前半ばかり。
そうなると変化球もよっぽど緩急がないと効果がないので、やっぱり打たれますよね。
シーレックス観戦組の方が、全く違う姿にかなりショックを受けていました。
ブーチェックはどうなるのか分かりませんが、小杉くんはもう1度シーレックスで出直しですね。
替わりの昇格は、康介くんと阿斗里くんですが、康介くんセットアッパー要因に対して、
阿斗里くんの場合、翌々は先発を期待されているので、
セットアッパーで、シーレックスで積み重ねてきたものをしっかり出して、
先発の座を勝ち取ってほしいですね。

打線は今日は岩隈くんを打って、復調気配。
特にスレッジが復調気配ですね。修も。
ただ、今日は審判がとにかくエース対決に足を引っ張り、
低目を取らない分、どうしても勝負球が高めになっていましたよね。
リードもその審判の癖を生かさないといけないんですが、
最後の最後でまた真吾がリードでよくなかったですね。
解説をされていた佐々木さんは、俊くんのウイニングショットがないのは、
ストッパーとしては良くないからとおっしゃっていましたが、
それは僕も同じで、オフに取り組んでいたフォークをしっかり
精度を上げて、モノにしてほしいんですが、それ以上に、
真吾のリードが単調で、慎重さに欠けていましたよね。
このところそれが目立って、しかも致命的な失点につながっているので、
真吾は人一倍悔しさと猛省をしてほしいです。
もちろん、先発マスクだった細山田くんも。サインミスを犯すのは、
問題外。研究熱心な選手だけに、反省を次に生かしてほしいです。
もちろん俊くんも慎重さと大胆さ、そして悔しさを!
神奈川新聞の記事などは厳しい意見も出ていますが、下をむくことはないし、
今は尾花さんもおっしゃっているように、若手にはこういう経験が大事ですからね。
無駄になることはないですから。1つも。
捕手陣には、今日みたいに最後の最後でホームランを打たれる、
サヨナラホームラン、サヨナラ打を打たれる際は、もっともっと悔し涙を
流すぐらいになってほしい。かつての正捕手だった方たち、
亮二くんもみんなそういったところから急成長をしていますから。

一也くんはよくがんばっていますよね。僕も攻守で荒さのある
カスティーヨは、少し外しても良いかなって思っています。
苦労人の選手だけに舐めない選手だと思っていましたが、
舐めてかかっているのは、いくらメジャー等で守備のよさを
買っていた僕でも、許しがたいので。

苦難

> ふうちゃん、こんばんは★
>
> 投打の歯車が噛み合いませんね。
>
> またしても軟投派の武田勝さんに捻られてしまいました。
>
> 正太郎の当たりを糸井さんのスーパープレイで阻まれるなど
>
> ついていない部分もありましたが、押さえ込まれたと言って良いでしょう。
>
> 残念なのはせっかく代走を出していたのに一か八かのプレーをしてくれなかったこと。
>
> たぶんあれでホームへ突っ込んでもアウトになっていたかもしれません。
>
> ただ、後ろがクリーンアップではない。代打に出てくるバッターも武田さんを
>
> 簡単に打てないことを考慮してもあそこは勝負してよかったのでは?と感じます。
>
> これからベイスターズが本当に勝負に徹していくならああいう場面でしかける勇気を持たないと。
>
> なんだかぼんやりした試合になってしまいました。相手のペースに合わしてしまう。悪い時のこのチームの癖ですね。これ以上周りが見えなくなるうちにやるべきことをしっかりやっていかないと。
>
> 今年はまだ改革元年。結果よりも内容・成長重視。来年、再来年以降に繋げる為にも1試合1試合大事に戦っていかないと。
>
> 負けて悔しいなら練習して悔しさを爆発させてプレーをしろ!!と強く言いたいです。
>
> 若いうちは失敗して何ぼ。もっともっと苦労しないと。
>
> まぁ、私がいつも上司に言われていることですが。。。(苦笑)
>
>

予想通り

こんばんは!!よっしー!!

今日の試合後のミーティングは、尾花さん2試合続けて同じ展開、
《正確に言えば、2年越しにこの内容。》でショックで5分近く沈黙だったそうです。
若手には良い勉強になるのは確かですが、
同じように投げられて、同じように打ち取られる、学習能力がないと
言われてもしょうがないです。
甘いボールを見逃し、難しいボールに手を出す。
勝くんを相手に何度見せられてきたか・・・。
修の責任感のある言葉だけが救いですけれどね。

リスクがあっても思いきった作戦を取るのももちろんですね。
苦手のぴっちゃーだからこそ、いろんな面で工夫をしてほしというより、しなさい!
自分で考えてする。もうハナから腰が引けているのを見ると、
すごく寂しく思いますからね。

加賀くんが2試合続けないようが良く、身体も心もスタミナもついてきているので、
それを援護してあげないと。失投よりもスタミナがついてきているのは、
本人にとってもチームにとっても大きいですよ!

泥沼にはまる前に

ふうちゃん、こんばんは。

ミスミスミス。あれだけミスをすれば野球になりません。
せっかく年に1回の相模原での試合なのに、ファンを裏切った選手達は
猛省しないと。元気なのは1・2番だけ。クリーンアップがあれではチームに
勢いが出ませんよ。
今日も監督はコメントが出ないんではないですかね?
頼みの直さんでしたが、完全にファイターズに読まれていましたね。
1回を見る限りそんなこと感じなかったのですが、簡単に打たれてしまいました。
武山との呼吸も合っていなかったですし、残念でした。
武山は相変わらず簡単にいってしまう癖がありますね・・・。

さぁ、いよいよ泥沼にはまってきましたよ。どんなチーム状況でも下を
向いてはいけません。負けて下を向いてどんどん雰囲気が暗くなってしまうのは
避けたいです。

下からてこ入れも必要だし、今年が勝負ではないんですから、どんどん思い切って
やって欲しいですよ。

この前、ふうちゃんも仰っていましたが、何を構えてるんだ!という感じです。
もっともっとがむしゃらにアグレッシブにやれよ!と言いたいですよ。

ミスから失点

こんばんは!!よっしー!!

マウンドの傾斜がなくて、土が硬い相模原は、
直くんにとって初登板で、投げにくかったようです。
直くんなら順応できるかなと思ったのですが、
真吾のリードが相変わらずですね。
相手は直くんのデータを持て余すほど持っているので、
単調にいったらやられます。ましてやミスをすれば、
すぐに漬け込まれる。今日の尾花さんは、
お話しになりませんって怒り心頭ですよ。

先日、ラジオに電話出演した慎太郎くんや
先に出演した直くんが、それぞれファイターズとマリーンズの
ベンチの違いとして、ベイスターズの選手、
特に若手が、点差が離れた試合になると、声を出さない、
出せない、シュンとしているというのが気になったそうです。
何点差があってもあきらめてはならないし、声を出して盛り上げる。
これも若手が、監督から使ってもらう1つの見せ所でもありますし、
そういう部分も意識改善を徹底しないとダメですね。

今はファンも耐え時ですが、ここでズルズル行けば、
ここ数年と同じ。こちらもやっぱり選手の意識だと思います。
今日の阿斗里くんもそうですが、シーレックスですごく調子が良かったのに、
今日はボールも高ければ、荒々しさもすっかり無くなっている。
制球力を意識して、大人の投球をしようと思わず、もっと
若々しさ、持ち身の荒々しさを出して投球をしてほしいですね。
このあとまだチャンスがあるのか、シーレックスで出直しになるのか分かりませんが・・・。
将くんが昇格するようですし、出来たら阿斗里くんを残して、
シーレックスでも慎二と共にバッテリーをよく組んでいた将くんが、
阿斗里くんのよさを引き出してほしいです。

しかし相模原では本当に負けてほしくなかったですね。
ファイターズカラーに染まるのではなくてベイスターズカラーに染めないといけない
場所ですからね。加地さんもおっしゃっていましたし、選手もそれを
意識してプレーしてほしかったです。

ふうちゃん、こんばんは。

昨日の試合を見ていても嫌なほどベンチの暗い雰囲気が伝わってきましたよ。
どんな時でも下を向くなと言い続けていますが、チームとして未熟なのだから下を向く暇なんてないんです。
まぁ、雰囲気を変える起爆剤・精神的な支柱として佐伯さん当りの昇格を考えても良いかもしれませんね。

予想通り、セリーグ下位3チーム惨敗という記事が出ましたが、これが現状ということを受け入れなければいけません。
点差ほどの実力差はないと私は信じていますが、このままズルズル行くことはあってはなりません。
反省すべきは反省し、継続することはチャレンジし続ける、これしかないでしょう。
石川が打撃面では楽しみになってきましたし、加賀も期待以上の働きをしてくれている。他の若手もどんどんアピールしていかないと。尾花さんに見てもらいたいんだ!という気持ちでやらないと、今年のオフに仕分けられてしまいますよ。若手の突き上げ、中堅の期待通りの活躍、ベテランの個々一番での勝負強さ、このサイクルをこれからも目指し踏ん張って欲しいです。

ベンチ

こんばんは!!よっしー!!

ベンチでの若手の様子、移籍組の選手、ほとんど感じるみたいですね。
直人や将くんのコメントもありました。
ウッチーが以前、気がついてオーバーアクション的にベンチを
盛り上げていましたが、それぐらいでも若手にはやって欲しいですね。
本当に下を向いていたら、使ってもらえないまま、
またシーレックスに行くことになる、良いのか、これでと言いたくなるので。
佐伯さんの昇格、どこかで必要になる選手だと思っていますが、
今は尾花さんも若手にいろいろ覚えさせたいみたいです。
佐伯さんもそれをしっかりと理解してくださっているようで。
今日は、細山田くんがマンツーマンでいろいろ指導を受けたそうです。
下手だから練習をするしかないし、覚えこませないといけないでしょっていうことだそうです。
マリノスの和司さんの『ようするに下手なんですよ。だから練習しかない。』という
合言葉を聴くようで、本当にこういう貴重な機会を無駄にしないで欲しいですね。
賢い細山田くんなので、反復練習も怠らないと思いますが。

雄は、バッティングそのものは楽しみですが、疲れがきているのか、
少し下半身に粘りが無くなってきていて、三振も目立つようになって来ていますね。
この疲れに慣れると、またさらに上にいけると思いますが。
加賀くんも身体と心のスタミナ不足を指摘されて、シーレックスでしっかりと磨いて、
ベイスターズでもそれが実践できつつある。これは楽しみですね。
祥万くんも投げることに良くなってきているので、阿斗里くんも
刺激にして欲しいですね。シーレックスに落とされずに済んだということは、
まだ期待をされている証拠ですから。

我慢

ふうちゃん、こんばんは。

今日の負けで9連敗ですか。それでもまだ17の借金ですから、これからでしょう。
今年から何もかも変わると思っている方達はブーイングの1つでもしたくなるでしょう。大阪で罵声を浴びせたファンの気持ちわからなくはないですが、まぁまぁ落ち着きなさいよと。

個々数試合は情けない試合を見せてしまっていますが、今年は粘り強く戦えていたのも事実。交流戦だって少なくても5試合は勝ち試合。これからも方向性を間違わず進んでいって欲しいです。

尾花さんは長いスパンでチームを変えていく。今年だって一年掛けて選手達を仕分けしていく。私はそう思います。
思えばシーズン前に大見得切っているかのような発言は本気でそう思っていたのもそうですが、選手たちに私はこれくらい求めるよ、出来ない選手は来年無いよ。というものだったのかもしれません。

まぁ、負けるにしても気の抜けた試合はして欲しくないですけどね。

まさに我慢

こんばんは!!よっしー!!

今はまさに我慢ですね。僕はある程度、この展開も予想していたんですよ。
必ずどこかでバタバタ崩れるときが来る、それを選手たちがどう自分たちで
意識を変えて、立て直していくのか?今年2010年の大きなテーマだと思います。
だからこそ今年は意識改革の年。本当に多くは変われないんですよ。
ファンも罵声して、鬱憤を晴らしたいんでしょうが、それも我慢しないと。
解散するなんて立て札は、もってのほか。自分をアピールしたいだけの自己満足のことでしょう。

良い試合を出来ていれば、脆い試合も多いのが今のベイスターズ。
1つ1つ替えていかないといけないわけで、よっしーがおっしゃるように、
まず選手の意識改革に取り組jんでいますよ。尾花さんも島田さんも。
じゃなきゃ、失敗をした選手をすぐにシーレックスに落として、しかも
課題をしっかりと与えて、その上で克服させて昇格させる。そういう
循環になっていますから。分かりやすいのが加賀くんと信吾、雄太くんですよ。
加賀くんはスタミナをつけ、信吾は走塁技術と足を生かすバッティングを
取り組んでいる。雄太くんは、凡打こそ多いものの、粘り強くなってきている。
まずこういうところからですよね。同じ過ちの繰り返しは良くないですが、
変わっているのは確かです。フロントは、補強とトレードに動くような
話しも出ていますが、外国人選手の補強はあったとしても《ただ登録人数の
問題上、誰かが落とされるわけですが。》、
トレードはしない方が良いですね。今は、フロントと現場、シーレックスの
循環をもっと良くして、コミュニケーションもしっかりととること。
というのは、シーレックスでも課題が一緒なんですよね。
ベンチで若手が声を出さないで、佐伯さんや野口さん、田代さんに怒られる。
これではダメ!最低限すべきこと、基本的なこと、もう1度しっかりやらないと!

仕事と作業

ふうちゃん、こんばんは。

こういう状況で如何にチームとしてまとまっていけるか?
投手と野手の信頼関係をもう一度しっかりと見つめなおすことも大事ですし、首脳陣とも意見をぶつけ合えばいいんですよ。
フロントもフルシーズンフルパワーを掲げたなら、最後まで現場の声を聞いてバックアップする。
こんな基本的なことが出来るかどうかでこの先大夫変わってくると思います。

予想通りにあのようなファンの罵声が取り上げられましたが、勘違いも甚だしいですよ。
そのうち、監督解任とでも言いだすのではないですかね?本当にベイスターズが好きならもう少し考えて大人の行動してもらいたいです。

若手が声を出さないなんて考えられないですね。ずっと野球やってきたなら、自分のやるべきことってのは言われなくてもわかるはずなんですが。
言われてやるならただの作業。自分から考えて、積極的に取り組んでこそ仕事をしたと言える。私はそう思います。

コミュニケーション

こんばんは!!よっしー!!

首脳陣とフロントで、補強とチームのあり方、方向性の確認をしたようです。
トレードは僕は今はすべきではないと思っているので、これは封印して欲しいです。
ただ、意思の疎通、現場とフロントが一体となって、目指している方向の確認、
これはここ数年ではなかったこと。一体となってやる、まずこれが大事ですね。

そして若手の声だしの問題は、ベイスターズで出来ていないということは、
シーレックスでももしかしたらと思って、聴こうと思っていたら、
ちょうど観戦組の方が入れてくださって。なるほど、佐伯さんが怒るわけだと思っていました。
ということで、正太郎とジェニーちゃんがシーレックス降格で、
佐伯さんと裕基が満を持しての昇格となります。

ファンのマナーの問題は、シーレックスでもここ数年、
結構問題になっているんですよ。どうも本当に罵声やプラカードは、
全然関係ない自分のストレスを発散したいだけ、目立ちたいだけのようで、
ファンの間でも注意をしあったり、ケチャップや職員が直接注意を
ということになっているそうです。ベイスターズの方もそうなるかもしれないですね。
本人はしてやったりなんでしょうが、全く持って自分勝手で恥。
ファンも我慢をまだまだしないといけませんから。

佐伯さんの昇格で、ベンチ内の若手、シーレックスと同じように、
かなりカツが入りそうですね。本当はそうではいけませんが、
それですべきことに気がつくかどうか・・、これからですね。
若手には、今すごくチャンスなんですけれどね。

自信

ふうちゃん、こんばんは。

昨日は打線が今季最多得点。当たりだしたら止まらない当たらない時は静かなままのベイスターズの特徴がもろに出た試合となりました。
打つべき人が打ってくれて投げる人がしっかり投げれればゲームになると再確認できましたよ。
カスティーヨもあの打ち方ができるのに、バッターボックスに入るとブンブン力ばっかり入ってしまうんですよね。
スレッジもタイミングが狂うと修復不可能になってしまい、調子が復調しない期間が長い。昨日だって打つには打ちましたが彼の力を考えるとまだまだまだぐらいでしょう。
うっちーの初回の2ランも流れを考えると大きかったように思います。下園も土曜日の失敗を取り戻そうと必死でした。ああいう姿を見ると起用したくなりますよ。
ピッチャー陣ですが牛田さんが離脱してますますリリーフ陣が苦しくなってきましたね。寺原をセットアップでなんて記事もありましたが、本来ならそこで投げるべき選手が結果を残せなかったのが痛いんですよね。なるべくだったら寺原は先発で使いたいですよ。

昨日も一昨日もブラゼルに打たれてましたが、怖くても内や高めをついていかないと。
うちは同じ選手にやられすぎ。ピッチャーもバッターも。ミーティングで言われたことを実践していけない難しさを感じますね。

あとは

こんばんは!!よっしー!!

昨日は、姪っ子が風邪でダウン、そして病院に行き出した間に、
祖父が容態急変で、見られたのは1回だけだったんですが、
内容も良かったみたいですね。
打つ時は打つ、大味な試合なのかと思っていたら、
内容も良かったと聴きました。まだまだ波のある修が気になりますが、
スレッジといいカスティーヨといい、矯正が上手くできつつあるのかなと思います。
むしろ気になるのはやっぱりピッチャー陣ですよね。
祥万くん抹消で、寺が上がってきますが、阿斗里くんが残ったところを見ると、
先発もありそうですね。寺はしばらくリリーフでいくそうなので。
本来であれば、太志くんがもっとしっかりして、先発に回れるのが
理想で、谷間に阿斗里くんがとなればいいんですけれどね。
シーレックスの主力陣が、またピリッとしないそうなんですよ。
今年の高校生ルーキーや、ゴールデンエイジ組(健二朗くん世代)は内
容がずっといいのに対して、中堅組が内容がイマイチ。
シーレックスにいちゃいけないピッチャーもいるんですけれどね。
若手の活躍にやる気が落ちていては正直この先プロでやれないぞと思っているぐらいです。
誰とはあえて言いませんが。むしろ負けてられないとなると回転も
良くなるんですけれどね。シーレックスも良くなるし、自然とそれがベイスターズ昇格、
定着の道につながりますから。あとは過信にならない自信が欲しいところです。

苦慮

ふうちゃん、こんばんは。

ベイスターズ、苦しい戦いが続いていますね。私も最近試合が見れたり見れなかったりです。今日の試合はじっくり見れたので後で感想アップします。
村田さんがなにか悩んでいるのかなんなのか元気が無さすぎますよ。流しているわけではないのでしょうが、あれではチームの士気にも影響があるのではないですかね。

内川、村田らへんの選手がキャプテンシーを持ってガンガン引っ張っていかないと。以前から先頭に立つ人間不足を指摘されていますが、将来ベイスターズが強くなるにはそのような選手がいなければ。
それにみんながくっついていってまとまっていくんだと私は思いますね。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。