スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010開幕戦 阪神1回戦 ~流れを自ら手放したベイスターズ~

プロ野球の醍醐味は・・・

どんなに昨年良くても悪くても0からのスタートになるということ。

横浜ベイスターズに過去を振り返る必要は無い。

前を向いていくしかない、下を向く必要が無い。

自信を持って戦っていこう。
開幕投手はランドルフ。

球団史上初の外国人ピッチャーでの開幕だそうです。

彼得意のストレート、スライダー、チェンジアップで

のらりくらりかわしていくスタイルが序盤ははまった。

うまく低目を打たせ、高目を振らせる。

たまにフォアボールは出すが、それも彼のリズム。

このまますんなりいくかな?と私も甘い考えを持ってしまった。

攻撃陣もアウェーでは願っても無い先制点が村田さんの一発によって

もたらされた。安藤さんも調子は良くなかったが、内角のボールを

うまくさばいた。

4回もうまく攻撃できていたと思う。

スレッジのタイムリーまでは良かった。

今思うと、あれだって、ホームランだっておかしくなかった。

しかし、自らベイスターズは流れを手放した。

カスティーヨにはフリーで打たせたのだろうが、なおも1アウト2塁から

ノースリーからのボール球を打ち上げてしまった。

ハマスタだったらホームランだったよなんて嘆き節も聞こえてきそう

だが、あれは頂けなかった。

こういうプレーは流れを向こうにあげてしまう。

BS解説の小早川氏も言っていたが、ベイスターズサイドから見れば

ここがターニングポイントだっただろう。

カスティーヨは守備でもやらかしていたけど。

ランドルフも不運だった部分もある。しかし、彼のリズムの一つと

片付けられていたフォアボールが命取りになってしまう。

その後も金本さんの人工芝ヒットで完全に彼の集中力が切れた気がする。

以降は、あれよあれよの展開。

城島さんにインコースをああいう風に投げれば、こういう結果になると

わかったことが今日の収穫の一つ。

あ、あと桜井広大の一発も余計。

あそこは絶対打たれてはいけない場面。

吉村も8番の悔しさをもっと見せてほしかったな。

あれじゃ、監督によっては使いたくなくなるかもしれない。

結果的にブレーキになってしまったし。

後は・・・石川は打撃は一皮剥けたかな?

よく粘っていたし、逆にうまく打てていたし。

加賀も良い度胸している。なかなかあそこまで投げれない。

独特のフォームから投げ込むのは見ていて痛快だ。



・・・またしても開幕は勝てなかった。

しかし、戦いは続く。

開幕戦は勝つに越したことないけど、負けたら明日勝てば良い。

ベイスターズに必要なのは、勝利。勝利という結果だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大事な試合

こんばんは!!よっしー!!

強いチームは144試合のうちのたかが1試合だけれど、
ベイスターズは大切な試合。常々尾花さんがおっしゃっていた意味、
今日、どれだけの選手がそれを意識して戦っていたのか、
問いたくなりました。全部が全部見られる状況になく、
ラジオもなかなか入りにくい状況だったので、
ニッポン放送を聴きながら、途中まで速報をチェックしていましたが、
攻撃面でも守備面、ピッチング面、やっぱり課題はいっぱいですね。
カスティーヨは、守備で波に乗れないと、攻撃にも生きない選手です。
時々ある集中力の欠く雑なプレー、これがなければ、
もっと高いレベルでやれる選手。日本でやれる幸せを感じているなら、
こういうプレーはいただけないですね。本当にもっとやれる選手だけに
自分で首を絞めることをして欲しくないです。
あと気になったのは、康介くんと真田くん、オープン戦はまずまずだったのに、
ファーボールを出したり、ジョーの得意コースにあっさり投げたり、
広大くんに対する配球も。スコアラーは今年、かなり分析しているので、
しっかり情報も去年とは比較にならないほど入っているはずです。
だからこの2人の配球はスコアラーよりもバッテリーの責任が大きいです。
将くんを含めて、あれは意図的だったのか?
同じ過ちを明日以降繰り返さないように。
それから裕基。なぜ8番でしかも途中交代を命じられたのか?
悔しさをぶつけろ!フォームを何のために変えたのか?
プレーから伝わってこないのが寂しい。

収穫面では、雄は、意識が変わりましたね。いろいろ言われた去年からだけに、
自覚が出ているという証でしょうね。一也くん、負けちゃいかんですよ。
あと加賀くん、もっと彼は右バッターも左バッターもインスラを生かせる選手なので、
逃げるスライダーだけでなく、インスラも生かして欲しいですね。
ポーカーフェイスであれだけの投球が出来れば、使えますから、
後は高宮くんですね。彼が出てくるだけで不安だった昨シーズンまで不安だったのが
嘘のように安心して見られます。(笑)

あと江本さんの順位予想ですが、僕は3月の頭に知ったんですよ。
ニッポン放送のヤギさんの番組の方が順位予想の話しは早かったので。
江本さん正気と思いましたが、話しを聴いて納得しました。
変えるべきところが変わると結果にも内容にも現れる、それがキャンプだったから
ということだそうです。5位予想のドラゴンズと入れ替わる可能性もあるがというのは、
せっかくのチャンスを逃したら、そうなる可能性もあるということみたいですね。
ただ尾花さんやコーチ陣の話しや選手の取り組み、話しを聴いて、
今年は本当に面白いし、変わったと思ったというのは間違いないみたいですね。
それは松本さんやベイスターズ担当のケムケム煙山さんもかなり感じているようです。

ふうちゃん、こんにちは。

新生ベイスターズの勢いというものを見せられたのは序盤のみ。
逆転されてからは意気消沈が目に見えていました。
そして輪をかけるように追加点を取られジエンド。
去年何回見たことか。

仰るとおり。あの試合がどれだけ重要か。選手で理解しているのがどれくらいいましたかね。

誰が悪い彼が悪いではなく全ての人間が同じ気持ちだったか?本当に問いたくなりました。

橋本さんのリード。強気のリードで非常に基本に忠実でした。
だからこそ城島さんの対応はもったいなかった。内見せての外対応で1打席目討ち取ってるので余計にそう感じました。

高宮さんね。非常に安定してました。去年得た自信は大きかったのですね。
右にも左にも対応できるのは非常に心強いです。

昨日負けたので今日の試合は大事です。おそらく寺原でしょう。
気持ちを見せた投球を期待したいです。そんなに怖くありませんよ、タイガースの打線は。

終わってみれば・・・。

こんばんは!!よっしー!!

終わってみれば、またジョーですか!
しかもサインの意図が木塚くんに伝わっていないって・・・。

点は取るも、その後が続かず、寺はまたもや点を取って
もらったあとに自滅。中盤。持ちこたえて同点に追いつくも最後は・・・。
ジョーに同じようにやられちゃダメでしょう。
タイガースを乗せちゃいますよ。向こうは新井くんも金さんも決して
状態がいいとはいえないのに、ジョーが目立つだけでも乗れるだけのチーム。

収穫は牛くんと俊くん、そしてウッチーに1本が出たということぐらいかな・・・。
あと本当に野手では、雄がよくやっていますね。
雄があんなに変わるとは、高宮くん以上の衝撃です。(爆)

明日はどうやら吉見くんと能見くんですね。
この2戦の悔しさと初歩的なミスを犯した反省、キチンと生きるかどうか・・・。
生きれば、変わってきているというのは分かるんですけれど。
さてどうなりますかね。
あ、そうそう、変わったといえば、タイガース側からすると、
この2戦、ベイスターズが変わってきていると感じているようです。
打線もしつこくなってきたし、ピッチャーもランドルフこそばたっとしたものの、
大崩れせず、我慢が出来るようになっていると。
初歩的なミスをしてしまったら、元も子もないんですけれど。
変わってきているだけでなく、それを結果と内容に結び付けないと。

直くんは、やっぱりスタジアムの開幕戦になりますね。
大輔さんは、どうもその後には昇格出来そうな雰囲気です。

今年はより厳しい目で見ていますが、厳しい目で見ているのは
それだけやれるチームだと僕は思っているからこそで。
ファンの期待を裏切るなというのではなくて、自分に対して裏切るなと言いたいですね。

ふうちゃん、こんばんは。

開幕三連戦、なんとか一勝二敗で終えましたね。
随所に光るプレーを見せながらも課題も多く出た色々と収穫があった開幕カードになった気がします。

二戦目ですが、先制したあとの逆転。一戦目もそうだったわけで、あの場面は相当神経を使わなければいけなかったはず。
エラーまでは仕方がない、そのあとですよ。
簡単にマートンに二塁打を打たれ、同点、逆転と。
細心の注意を払っていたのかな?バッテリーは。と感じざるを得ません。

最後のサヨナラはもう問題外。基本以前の問題。
逃げの外を続け、最後はベンチと意志疎通が出来ていないお粗末な展開。
尾花さんも頭が痛いでしょうね。
ただ、同じことを続けなければ良い。次はあんなことはやめてほしいですね。

今までなら完全に三連敗パターンですが、なんとか食い止めたのは大きいですし、今年の一つの道筋がついた気がします。こういう試合が増えていけば力になりますよ。

しかし、高宮さんは頼もしさすら感じます。昨日のMVPの一人でしょう。右も打ちづらい気がしますし、右左関係なく任せられるのは大きいです。牛さん、山口と三本計算できますね。

そして藤江はよくやりました。試合は見れなかったのですが、抜擢に応えましたね。
去年悔しい思いをして色々と悩んで、このような結果が出たのは本人は嬉しいでしょう。

ここからが

こんばんは!!よっしー!!

1戦目、2戦目と見たら負けてしまったので、
3戦目は全く見なかったら勝ったという複雑な気分ですが、
2戦目は、寺の注意不足というか去年までの反省が生きていない、
それがバッテリーの呼吸を乱した要因かと。
サヨナラは本当に問題外ですね。しかも尾花さんと福澤さんの
意思も違っていたんですから。尾花さんが自分の中途半端な指示が
拙かったと認めている点は幸いですが、ベンチワークのズレというのは
非常に良くないこと、すぐにミーティングして、確認しあったそうなので、
今後しないで欲しいです。

本当にこれは3連敗覚悟かなと思ったら、藤江くんが攻めの投球で、
リズムを作り、ジョーを抑えたことで、勝負がありましたね。
1つ苦言を呈せば、ヒーローインタビューはキチンとユニフォームで。
アンダーシャツで臨むのはよろしくない。ここは反省。
あとはセットアッパー陣の連投が続きそうなのが気になるところですが、
こういう接戦を取ることは本当に大切ですね。だからこそここからが大切です。
高宮くんは去年の終盤の好投が大きなキッカケになりましたし、
牛くんはここ数年の悔しさをオフにしっかりと取り組んだ成果ですね。
俊くんを含めて勝ちパターンで使えそうですね。後は加賀くんも。
康介くんと真田くんだけがチョッと心配ですが。

あとシーレックスも調子良いですよ!筒香くんにそろそろ1発が出ても
おかしくないなと思っていたら1発も出ましたが、それ以上に、
少ない野手陣にもかかわらず、ポジション争いが激しくなっていて、
それが結果と内容に現れているんですよね。
ピッチャー陣もやっぱりゴールデンエイジとよばれる、
健二朗くん、祥万くん、阿斗里くん、松山くん世代が面白いですね。
祥万くんは今シーズン、セットアッパーとワンポイントで使えるようにするようですが、
ずっと内容が良いので、いつベイスターズにあがってくるか楽しみにしています。
今日、先発要員で吉見くんが昇格になりましたが、おそらく太志くんも
近々あがると思われます。

早々1つ苦言が。今シーズンから正式導入したビデオ判定が相次いでいますが、
予想通りのことになっていますね。使いすぎというのと、審判自身が、
自分のジャッジに自信を持てないような状況が生まれていますね。
常々危ぐをしていたようなここまでの流れ、いろんな角度のビデオを
導入して欲しいという要望よりも、ビデオを使わないで堂々と審判自身が
判断してジャッジを下せるように努めないとダメでしょう。
ビデオ判定で試合の流れを止めるし。どれだけ使わないで正しくジャッジを
下せるかが大切だということに気がついて欲しいですね。

あともう1つ思いっきり余談ですが、今年からケムケムはベイスターズ担当から
スワローズ担当に変わったそうです。ベイスターズ担当は、おそらく洗川くんと
山内さんですね。

ふうちゃん、こんばんは。

ビデオ判定も良し悪しですよね。試合時間の長さが問題視されているのに、それを逆行する形になっています。
セリーグの2ケースはいずれもフェンスインかどうかの判断。あれぐらいは審判がジャッジしないと。
本来の審判6人制であれば防げるような内容だったし、審判の存在価値も無くなりますよ、このままだったら。
ストライクやファールの判定だって、やり方によっては審判なんていらなくなってしまいますしね。

まだ

こんばんは!!よっしー!!

まだビデオの設置数を増やして欲しいという
話しが出ているようで。
自分たちのジャッジにそんなに自信がないのかいと言いたくなりますね。
ビデオに頼らない自信を持ったジャッジを下すという審判がいて欲しいです。

それからベイスターズ。もったいない試合を落としたと判断をするのか、
あそこまでやれたと判断をするのか、それによっても違いますが、
僕はあくまで前者ですが、ただ、悲観をすることもないなと思ったのも確かでしたね。
僕、実はこのジャイアンツ戦で敗戦した場合の選手の声やファンの声は
どういう風になるのかって気になっていたんですよ。
悔しいと言う声が真っ先に来るというのは、去年とは全く違うということですし、
尾花さん、やっぱりよく考えていると思いましたね。攻撃面でも。
直くんもチョッともったいないと言えばもったいなかったですが、
あれだけやれれば文句もなし。俊くんは、ファーボールと死球の重み、
真のクローザーへの道に進むためには必要な経験ですし、これを乗り越えないと。
去年も何度か失敗をしましたが、失敗しないと成功もないですから。
経験は無駄にならないし、今は1つ1つ階段を上るのみですね。
あとは、ウッチーと修、裕基の早期の復調を期待。
雄は、バントの失敗はポジションを続けるためには、命取りになるので、
これはしっかり決めるべし!
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。