スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇り高きレッドスター

先日、阪神タイガースの赤星憲広外野手の突然の引退発表がありました。 

正直、びっくりですね。

首が悪いとは聞いていたもののまさかここまで酷いとは。


俊足巧打の一番バッター。ベイスターズも彼にはずいぶん苦しめられた。私もこういう一番バッターをがいればと常に思っていた。 
全力プレーこそ赤星。ファンはそういう姿に魅了されたに違いない。 

タイガースの歴史に足跡を残したであろう彼を讃えたいと思う。 

赤星選手、本当にお疲れさまでしたm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ショッキング

こんばんは!!よっしー!!

レッドスター・赤星くんの突然の引退は本当にショックでしたね。
大学も社会人も知っていますし、実はベイスターズもドラフト時に
指名候補に挙げていました。

よりによって、脊椎が損傷していたとは・・・。
僕は、桑田さん、清原さんにとって大先輩である元PL学園→
東洋大学と進学して、試合中に同じように脊椎を損傷し、
下半身不随になり、オート車いすと寝たきりの生活を余儀なくされている
清水さんを思い出してしまいました。
常に全力プレー、身体が小さくて不器用だからという彼の考え方が
そうさせていましたが、走って打って守れて、不器用な選手という
印象は全くないですね。引退は残念ですが、これから治療をしっかりして、
指導者としてまた戻ってきて欲しいと思います。お疲れさま!赤星くん!

それから雄ですが、僕もバカヤロウと思いました。
保留だなんて10年早いですよ、本当に。琢さんのがんばっているけれど、
もっとがんばれの意味は分かっていないのかと思いました。
いろいろ言いたいことがあるなら、誰もが納得する選手になれ!
それに赤星くんがどういう思いで引退をするのか、よく考えろと言いたいですね。

それから日経の記事ですが、直接は読んでいないのですが、
内容は知りました。加地さんは生粋のベイスターズファンで、
横浜を愛しているというのが大きいんだなってあらためて思いました。
社長の熱意に動かされるように、オーナーや取締役の意識も変わってきていますからね。
佐藤常務もそうですが、やっぱりよく周りが見えている人と
現場を知る人が一緒にいろいろ取り組むと、チームが変わろうとしているというのは、
誰の目から見てもよく分かりますね。本当に地元・横浜、神奈川への密着と
おらがチーム作り、ファンとして出来ることがあるなら、いろいろやりたいですね。

補強の方は、ブートチェックとスレッジが合意、篠原くんが入団、
カスティーヨが最後の詰めですね。
ドラフト組みの入団会見を見ても、地域やベイスターズ愛を感じる言葉も多いし、
本当に楽しみですね。

ふうちゃん、こんばんは。

赤星さんのような選手がプロで活躍するのを見ていると、豪快なバッティングだけが一流ではないということを感じるし、一芸に秀でていれば活躍できるんだと改めて思いましたね。。
来年からは見られないのは本当に残念ですが、これも人生。彼にはプラスにとらえて欲しいと思います。これからの人生のほうがはるかに長いですし、この決断は最良だったでしょう。

ホント、石川には赤星さんの気持ちをよく考えてみろ!と言いたいです。情けないですね、まったく。
変なとこだけ学んで、一番大事なとこを掴みきれていない。
頑張っているのは認めるし、成長の一途が見れるのは確か。だからこそ言いたくなるんですよね。

尾花さんは開幕は大輔さんと明言しましたね。相手がタイガースということもあるんでしょうが、あえて競争させるのもありかな?って思っちゃいます。
それだけ彼を信頼しているし、同時に他にライバルが今のところいないということでしょうね。
ブーチェックがはまるかはまらないか?これで来季はかなり変わってくると思います。力が発揮できなくて、俊や寺原を回すようなことになってくると苦しくなりますよ。

うっちーではないですが、社長が変わるとここまで変わるのかと最近痛感してます。加地さんのような人が社長になってくれて本当に良かったと思います。
ふうちゃんや私が理想としている球団にようやくなっていきそうですね(泣)

しかし、一番大事なのは結果であるのも事実。一歩一歩積み重ねていって頂きたいですね。

変革のとき

こんばんは!!よっしー!!

赤星くんは、これからのことを考えたらこのタイミングでしか
なかったかなと思います。遅くなったら本当に選手生命どころか、
生命そのものに影響が出てしまいますからね。
治療をして、またプロ野球の世界に指導者として戻ってきますよ、彼は。

さて引退といえば、呉も引退を決めました。
ブログをチェックしてあげてください。
若手の良いお手本で、頑張り屋だった呉、雄には、
赤星くんや引退を決めた呉の気持ち、琢さんの想い、次回の交渉予定は
ウッチーと同じ24日(木)の予定のようですが、そこまで考えて、猛省して
サインをきちんとするように!
一也くんがカスティーヨの入団で、危機感を感じて取り組んでいるように、
雄もそうならないと。
《どうやら来季のショートは尾花さん構想でも一也くんのようですし。》

開幕投手は、僕もビックリしましたが、逆に言うと尾花さんらしいなと思いました。
確かに現状、大輔さん以外だとトレードできた直くんになっちゃいますが、
本人は断ったそうですし、他はというと適任は寺かランドルフになりますよね。
が、先のことを考えると、それはどうかなと思いますし、先に決めると、
相当若手はがんばらないとここまで来られないよっていう表れのように思ったので、
若手の奮起にもつながるんじゃないでしょうかね?
藤江くんや小杉くんの今年のルーキー2人、フォームを矯正されて
意識改革もされた吉見くんの取り組みが分かりやすいぐらいで。
《来季はバッターが本職なんていわれないように。》
俊くんや太志くんも猛省とレベルアップに向けて考えて取り組んでいますし。
《俊くんはカットボール、太志くんは縦の変化を増やすとのこと。》
何よりポジションは違いますが、細山田くんが真吾がこれだけ打たれて負けるのは、
キャッチャーの責任っていう自覚が芽生えていますからね。
この当たりは大きいと思います。いきなりプロの壁にぶち当たった啓二朗くんや
不振に終わった裕基もフォームを矯正していますもんね。

ブートチェックが使えるかどうかは確かに大きいですが、一緒に
若手のクローザーを育てるようにして欲しいですね。尾花さんには。
考えてはいるようですが。
このオフは、選手の意識改革も大きなテーマだったので、加地さんの取り組み、
これはやっぱり大きいですね。社長就任会見で、相模原方面からのファンを
身近に来られるようにしたい。今、構想で上がっている、小田急多摩線の延伸や
新交通システムの導入に関しても見守っていきたいなんておっしゃいましたから。
由一さんがこちらの人だということをよく分かっていて、ファンもこちらは多いと
いうことを知らないと出ない発言だと思うんですよ。
このあたりも本当によく知っているなと思いました。
佐々木前社長が知らない人ではなかったとは思いますが、旧体制に
足を引っ張られたわけですからね。
そこを考えると、そういう余地さえ与えない取り組みの速さと風通しを良くするために、
しっかりとベイスターズの運営と経営を勉強させて、常務に満を持して就任を
した佐藤さんの存在があらためて大きいですね。
シーレックスを立ち上げたころの雰囲気にすごく似てきていると思います。
チームが強くならなくてはいけませんが、壊れかけた土台を壊れる前に
建て直す、本当にチームが同じ方向を向いて一体となって、やっていかないと。

ふうちゃん、こんばんは。

呉本さん、思えば今年地元で凱旋試合が出来たことが何よりの思い出になったのではないでしょうか。プロとして目立った成績を残せませんでしたが、練習から人一倍声を出す姿勢やその頑張りは誰もが認めますからね。これから先の第二の人生も持ち前のガッツで突き進んで欲しいです。お疲れさまでした。

来季のショート、石川か藤田さんか。総合的に見ると藤田さんが一歩リードでしょう。二遊間はなるべく固定したいですし、誰がレギュラーを取るのか?このまま、藤田-カスティーヨになってしまうのか?ホント、石川や山崎らはもっと危機感を持たなければですね。

今年、思うような成績を残せなかった吉村もキャッチャーの責任の重さを痛感した細山田や武山も今年の経験を来年以降に繋げればいいんです。
また、かわすことを覚えてしまった各ピッチャーも尾花さんによって本来持っているものが再認識出来るようになってくれれば。プロになったからには良いものを持っているんですからね。
加地社長、佐藤常務等の取り組みは非常に興味深いです。この前の日経にもありましたが、横浜公園内に屋台などを出したいという取り組みもぜひなんとかしてもらいたいです。条例の絡みがあるからなかなか難しいですが、千葉や仙台Jリーグなどでもおしゃれなフードコートが出ています。そういうのが楽しみで来場する人が必ずいるはずですよ。

私みたいに野球だけあればいい人間ばかりでないですし、ちょっとでも興味があを好きになってもらうか?難しいですが、やれることはまだまだあるはずです。




こんばんは!!よっしー!!

呉は本当にがんばり屋さんが誰もが認めるところなので、
どうやら野球から離れるみたいですが、これからもファンは
応援を続けるし、呉ならやれると思います。
本当は引退なら、球団の中に入っていろいろやって欲しい1人ですけれどね。

ショートは、ファンの間でもいろいろ意見が割れていますね。
カスティーヨを入れる、一也くんを入れる、雄の場合はキャンプでの取り組みに
掛かってきますね。憲晴くんは、ショートのこだわりがありつつも
セカンドも取り組むようにしたいと思っているので、本人がどこまで食らいつけるか・・・。

俊くんのことは、早速スポーツ紙の記事になっていましたね。
近々おそらく書かれるんだろうなと思っていましたが、思ったより早くて
こちらがビックリしましたが。(笑
どうやら)カットだけでなくツーシームも覚えるみたいで。
あのストレートを生かすこと~をしっかりと考えて欲しい。

それぞれ呉の『魂』を受け継いで、自分の『魂』をどこまで引き出せるか・・・。
本当にオフの過ごし方に掛かっているぞ。

そんなこんないっているところで、予想通りの金銭トレードがありましたね。
マリーンズから早川大輔くんを獲得です。
外野の両打ち、守備は上手い選手。小技も出来なくはない。
年齢が34歳ということもあり、結構ファンの間で意見が割れていますが、
僕は的確な補強だと思いますね。当初予想していた選手とは違いましたが、
若手の育成を考えたら、こういう選手を補強しないと。
またマリーンズからというのがビックリですけれどね。

加地さんは、フードコートのことも考えてらっしゃいましたね。
日産スタジアムが出来て、横浜公園は無理なんですかね?
出店の条例、トラブルが多いから厳しいんでしょうけれど。
林市長に代わって、市も少しは協力して欲しいですけれど。

にわかというか、例えば、デートの一環で野球観戦につれ来られたキッカケで
ファンになった子や野球教室でファンになった子、地元や隣の厚木市や海老名市の子などは、
厚木の自主トレ組に会ったことがキッカケでファンになった子なんていうのは、
結構僕の子どものころからいますし、今、大学生の弟の世代には特に多いですよ。
僕もまだ小さいころに、団体でスタジアムのファン感に10人ほど、
連れて行ってあげたことがありますし。何がキッカケになるか分からないですし、
あまりに露骨な意図的なキッカケはどうかとも思いますが、
へえ、面白そうって思われるようなキッカケはぜひ作って欲しいです。
そんな加地さんもまだまだアイデアを隠しているようですよ。
ファンブログを見ていたら、ファン感の黄門ブースで実際に聴いたファンの方がいるみたいで。
話しを聴いて一気にファンになったなんていうコメントを見て、チョッと笑っちゃいましたけれどね。

ふうちゃん、こんばんは。

まだまだ灯が消えませんね、うちのストーブリーグは。ホントに熱いシーズンオフです。

早川さんの獲得にはビックリしましたね。私のイメージは俊足巧打で思い切りの良い印象があります。
ただ一部報道にあるようないわゆる悪童のイメージはどうなんでしょうか。
私はそんなイメージはもったことないですがね。。
それぐらい熱い気持ちを持っているんならむしろ歓迎ですよ。
まぁ、うちの母親は早坂が来るんだって?と見事な勘違いをしてました(笑)

これでセンターは早川さん、金城さん、下園の争いになりますか。外野もレフトにスレッジを置くんでしょうか。熾烈ですね。誰もがチャンスがあるわけですから切磋琢磨してほしいですよね。

にわかって言うと言い方悪く聞こえますが、いかに、そういう人をスタジアムに呼ぶかですよね。強ければもちろん人は来るでしょう。ただそれでは長続きしない。固定化させるのは、野球をベイスターズを好きになってもらわないと。
加地さんのアイデア期待したいですね。

バット投げ!

こんばんは!!よっしー!!

悪童は、バット投げのことでしょう。
ファンの間でもそちらの印象が強いようで、
獲得に賛否両論出ていたぐらい。
本人も意図的にしたことを認めちゃいましたからね。
《ボビー命令だとは思いますが。》
ただ審判の重鎮の中村さんにあれだけ厳しく次をしたら、
厳しい罰を与える《年間単位の出場停止もある》といわれただけに、
本人は分かっているはずですよ。
僕も彼は、俊足巧打の方がイメージが強いです。
年齢のことが心配されていますが、走れて守れる選手だけに、
本当にセンターのポジション争いは熾烈ですね。
一方で、若手の野手の育成をシーレックスでもベイスターズでもしっかり
出来る環境がやっぱり整いつつありますね。
が、ここは下園くんや啓二朗くんが、金太や早川くんから
ポジションを奪うようになって欲しい。ベイスターズの底上げは
そういうところですしね。

ショートとセカンド、センター、ポジション争いが一気に熾烈になりましたね。
ピッチャーもそうですが、どこまで生え抜きが意地を魅せてくれるのか?
僕はそれが楽しみですね。

それからファンを増やす、僕は自分のブログで何度か取り上げましたが、
大学生のアイデアを借りて、いろいろやってほしいというのは今でも変わらないんですよ。
学生世代がスポーツへの関心は1番強いんですから。
本当のファンを増やすためには、地元の大学と協力していろいろ取り組む。
産業能率大学だけでなく、もっといろいろやれることはやって欲しいですね。
出店が難しくても球場内での学生が考えた地産地消弁当やイベントなんていうのは、
すぐにでもベイスターズが出来る環境にありますからね。
球状に足を運ぶキッカケがない女子大生や女子高生、
あるいは男女を問わず中学生のファンも結構いるんですよ。
気軽に来れる雰囲気、環境づくり、ぜひ運営面で魅せてほしいですね。

ふうちゃん、こんばんは。

私も早川さんのようなタイプは好きなんで、歓迎したいですね。ああいうタイプ、うちにはいないですし、うまく刺激になってくれればと思います。
ホントに、今季の補強でどれだけチームに相乗効果が出るのか?非常に楽しみですね。
さて、石川が更改しました。倍増で背番号も7ですか。期待されていますね。
ケチつけるわけでもないし、彼にはやってもらいたいと思っていますが、まだ時期尚早じゃありません?
私だったら、試合に出させてもらった上での成績なので、契約してくれるだけでありがたいと思いますし、背番号を若くするのを打診されてもまず断りますね。恥ずかしいですもん。今季の成績で一桁背負っても。彼がどのような気持ちかわかりませんが、死に物狂いでやらなければ、試合にさえ出れませんね。

彼らは新加入の選手を出番なしにさせるぐらいでやらなければいけません。
もし、生え抜きたちが誰も認める活躍をしてくれれば、強くなるでしょうね、ベイスターズも。


体調が下り坂で

こんにちは!!よっしー!!

チョッとここ数日体調が下り坂で、
夜は薬の影響もあって、ひどい眠気に襲われて
そのまま寝てしまって、なかなかコメント出来ずスミマセン。

雄は倍増に背番号も7、期待の現われですね。
しかも背番号7は、スーさんがお前がつけろって後押しを
してくれたようで。
カスティーヨの契約が合意《来日はウインターリーグ全日程が終了する1月の予定》して、
ひとまず補強も完了。雄は、なおさらポジションを奪う立場なので、
期待を裏切らないようにしっかりとやらないと。
これから1人いろいろとやるという自覚が芽生えているのは結構。
ただ出塁率3割なんていう低い目標ではダメ。4割以上目指すつもりでやらないと。
ちなみに僕も、今年の雄のような成績で、たとえ先輩から
欲しい背番号をつけろといわれても、もう1年待ってくださいと言いますね。
早川くんと稲田くん、カスティーヨ、この3人の入団は、
生え抜きの意識を確かに変えているようですよ。負けるな生え抜き!

あと補強に関してですが、完了は完了ですが、ドミニカかベネズエラから、
保険で選手をチェックするそうで、選手やチーム状況によっては育成枠での
獲得もあるようです。チェックは野手1名と左ピッチャーみたいですね。

ふうちゃん、こんばんは。

お体の具合はいかがですか?寒い日が続いていますので気を付けてくださいね。

さて、燃えに燃え上がったベイスターズのストーブリーグも一段落しました。
かなしんに来季の予想スタメンが出ていましたが、大方はあの通りになるでしょうね。ただ、何があるかわからないのがペナントレース。石川も自分の置かれている立場をきちんと認識して、やっていってほしいですね。
内藤もそう。結婚して守るべきものが出来た来季こそ真価が問われます。今年得たものを無駄にするかしないかは本人次第。来季は今年みたいに試合を出させてもらいことは出来ないでしょうし、監督の考えを理解しなければ、代打にさえ使ってもらえない、それぐらいの危機感をもたないと。

勝つことが最大のファンサービス。それを証明するためにも来年は非常に大事な年。変わらなければいけない年。例え優勝できなくても、クライマックスに出れなくとも、あぁ、ベイスターズは変わったなと思わせなければいけない年だと思います。




やるからには優勝

こんばんは!!よっしー!!

ここ数日と比べるとだいぶ体調は良いですが、
強い眠気はまだ突然襲ってくるので、
その流れには逆らわないようにしています。
体調を万全にすることが先決ですからね。

とりあえず補強は完了で、競争が始まります。
スタメンは、神奈川新聞と日刊スポーツが予想しているのが、
1番現状では近いんじゃないでしょうかね?
雄であれ、憲晴くんであれ、がけっぷちといわれている信吾であれ、
本気でポジションを奪わないことにはシーレックスで
開幕を迎えるなんていうことになりかねません。

これは結婚した雄太くんもそうですね。
代打に甘んじることなく、ポジションを奪いに行かないと。
もう彼はシーレックスは完全に卒業です。

来季は、ボーダーラインやがけっぷちと呼ばれる選手たちが、
どれだけ死に物狂いで取り組むのか、それも楽しみですね。
何かキッカケさえつかめば、大きく変わる選手は、ベイスターズには
ゴロゴロいるんですから。意識改革、順調に進んでいますが、
真価が問われるのは、春季キャンプ、オープン戦、来季の公式戦ですね。

最下位、しかもダントツでの最下位での優勝を目指すというのは、
大笑いされるかもしれませんが、やるからにはクライマックスではなく優勝を。
走攻守で、アグレッシブにいって、2010年型ベイスターズをみせないと。

あと、補強に関してなんですが、ドミニカとベネズエラを中心に、
まだ保険で選手をチェックしていくそうです。チーム状況やこれは
という選手がいたら、育成枠での獲得も考えているようです。
1人は野手で、もう1人は左ピッチャーみたいですね。

そうそう、年またぎで、tvkでベイスターズ特番がありますが、
これはしっかりとチェックしないと。

ふうちゃん、こんばんは。

ベイスターズくらぶが無くなってから、tvkで久しぶりのベイスターズ番組ですね。大晦日にやるなんて初めてでしょうか?どんな内容になるのか非常に楽しみですね。

ここ数日の報道を見ていても加地社長はますます色んなことに取り組もうとしてますね。自らライトスタンドに行こうとしたり、今までこんな社長いませんでしたね。
何事もチャレンジする姿勢、これは何より大事なことだと思います。
地域密着、横浜らしさを全面に出していく。賛否はありますが、私は支持したいですね。

中南米方面へのパイプは強くしていきたいですね。
メジャーリーグへの供給源になっているこの地域は今後ますます大事になっていくはずですから。
ピッチャーは何人でも必要ですから、特に要チェックしてもらいたいです。


スポンサー

こんばんは!!よっしー!!

『ベイスターズくらぶ』は、tvkでもやりたいと考えているようですよ。
ただスポンサーが付かないのがどうしても・・・。
今回は、そういうのも含めて、1日に集約してやってしまおう、
ファンも一緒にやろうということみたいですね。
でも年またぎで相変わらず観覧・参加希望者が・・・。(苦笑)

加地さん、本当にとにかくスタジアムをベイスターズ一色にして、
スタジアムも球団の管理下に、そして地元・神奈川に活性化を
もたらしたいってずっとおっしゃっていますね。
まだまだ評論家の方からしたら、今までが今までなので、
足りないとかこれでもダメと批判の対象にもなっていますが、
僕も積極的にやって欲しいと思います。今までの
悪かったものをすべて出し切るつもりで。

ちなみに峰岸さんや先代オーナーだった故・中部慶二郎さんは、
スタンドに足を運んで、ファンの意見を聴いてくださっていたんですよ。
峰岸さんは旧体制のしがらみにあって実行できなかった部分もあって、
なかなか思うようにいかない部分があってかわいそうだったと思います。
裏金問題の責任も背負い込まされちゃいましたし。
中部先代オーナーは、ホエールズから地域密着型の球団作りとして
ベイスターズに変えてくれた方なので、それだけでも大きかったと思います。
ただ、とにかく加地さんはジャイアンツの滝花オーナーが、
試合中にスタンドの全シート枠からの観戦をして、グラウンドがどう見えるのか?
ファンはどう感じているのか聴いていたのとすごく似ていますね。
年間シートをずっと購入して観戦していた生粋のファンですもんね。
そういう点も大きいと思います。

補強に関しては、バレットに売り込まれたようで、
キャンプでテストをするようですね。採用するか否かは、
育成できるかどうかになるんじゃないですかね?
ずっとドミニカ、ベネズエラ、台湾を中心にチェックを続けているようですし、
バレットは、優先順位からしてもこの後じゃないでしょうか?
ただ優秀な選手が出ているドミニカとベネズエラですし、
メキシコにも結構優秀な選手がいますから。
中南米はルートを強固にして欲しいですね。日本に来たい
外国人選手もたくさんいるんですし。

ふうちゃん、こんばんは。

不況、不況と言われている世の中ですからね。協力してくれていた所はどこも苦しいでしょう。
よっぽどの費用対効果がなければ余分なものに資金はどこも出さないわけですし、逆にベイスターズがそこまでの価値がないということでもあるんでしょう。

バレットはいかがなもんでしょう。完全に売り込まれている感じがしますね(苦笑)
スワローズであのような結果になって劇的な変化は望めないと思うんですが、首脳陣が修正すれば戦力になると判断すればまた話は変わりますね。
極論言えば何かしらの特徴が少しでも見いだせれば検討してもいいんじゃないか?と思います。
球速がある、フォームに特徴がある、クセのある変化球を投げる。その人その人独特なものを如何に見いだすか?そこは渉外の腕の見せ所ですよね。

中部先代オーナーのような野球が大好きでしょうがない、球団を我が子のように見守るオーナーが少なくなりましたね。これはすごく感じます。
プロ野球球団を持つということがどういうことか?改めてそれを考えさせる時がきていますね。
原点回帰。横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズに変わった時のあの気持ちに今こそ戻りたいです。


プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。