スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を代表する3選手。

20091104211423
今月のベイスターズのカレンダー。 


藤田、真田、下園の3選手。

今年、結果を残し、来年も計算できる選手になりました。


特に藤田選手は、来年は要になってやってもらわなければいけない選手。それくらいの選手になったと思います。
二番セカンドで、もしくはショートでがっちりやって欲しいですね。

しかし、プロは甘くありません。怪我もあるでしょうし、相手のマークも厳しくなるでしょう。それを乗り越えてこそ真のプロ野球選手。頑張ってほしいです。

また、チームが最下位であっては、いくら個人の成績が良くても何も意味がないのも事実。勝つためにはどうすれば良いか?そのための練習を繰り返すのも個々のレベルアップと同様に大事のことでしょう。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横浜ベイスターズと横浜Fマリノス、共に新監督を迎えて新たな船出!

今日は、新聞休刊日を利用して取り上げている 横浜ベイスターズと横浜Fマリノスが共に新監督を迎えたことに伴い、 マリノスは少し早めのシーズン統括と両チームの来季に向けて 取り上げていきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

来年の主役

こんばんは!!よっしー!!

少なくともこの3人は来年の主役に躍り出ないことには、
ベイスターズが躍進することはないと思っています。
この3人が主役に躍り出ることで刺激を受ける選手が
たくさんいますから。

横須賀で相当若手は絞られているようなので、
意識改革もしっかりと進めて欲しいです。

あとブログの問題ですが、あまり過敏になることはないかなって思います。
もちろんブログが主になっているなら危機感がなさ過ぎなので、問題は
大きいですが、どこかで息を抜く、力を抜くのも大切ですから。
どうしても成績が悪いとブログにかなり目が向いちゃうみたいですが、
なんでもブログのせいにするにも良くはないです。
むしろ僕は意識と取り組みの問題と以前からいっている通りなので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふうちゃん、こんばんは。

来年は今年以上にもっと首脳陣が試合に使いたくなるような選手が出てきてほしいですね。仕方がないから誰誰ではなく、使いたいと思われないと。今年何回言いましたかね。。
ピンポイントで補強するのは金があれば簡単、やはり現有戦力の底上げがないと。チームは成熟していきませんよ。
うーん、ブログもちょっとした息抜きならいいんですがね。それが主になったら困りますね。四六時中野球のことだけを考えつつ、息抜きに何かを見つける。それがブログもなら私は何も言いません。

安斉くんは背丈もあって腕も長いしおもしろいんじゃないですね。みっちり下半身から鍛えれば、化けるでしょうね。
地元中心に、神奈川のベイスターズを目指すためにも、今回はなかなかのドラフトだったと思いますし。

仰るとおり。目先のことばかり考えすぎてもダメですね。去年、今年の悔しさを来年にぶつけたいのは、百も承知。だからといって、それに固執しすぎてしまっては、元も子もないでしょうね。
今回のトレードも正直びっくりですが、もし、実現したなら戦力面では大きいには大きいですよ。
ただ、直行さんはマリーンズってイメージが合ってると思いますし、彼もそのつもりだったのではないか?と思うと、何か違和感が拭いきれないですね。


どうやら

こんばんは!!よっしー!!

ブログが主にならなければと思っていましたが、どうも1人怪しいのが・・・。(^^;;
雄もそうならないと良いですが。
パシフィックの選手はブログの使い方、仕方が上手いのに、
どうしてベイスターズの選手は・・・。
現有戦力の底上げ、1番痛感したのは、やっぱりここ数年、
シーレックスのディレクターをして、ベイスターズの総合コーチに上がり、
編成統括になった哲さんと編成部門編成担当になった由一さんは
すごく痛感したみたいですし、社長と佐藤常務も含めて
地域の大切さも身に染みたみたいです。
それが不健全を健全に、変える、改革というのと地域を大切に
という言葉を何度も訓示等で使ったというのが大きいんでしょうね。

トレードに関してですが、僕もえ、直くんってビックリしたんですよ。
メジャー志向の話しが出ていますが、マリーンズの顔でもあり、
愛妻を亡くして、子どもとの時間を大切にしたいと言っていた直くんなので、
合意するとは思っていなかったんですよね。
那須野くんには、なぜ彼がトレード候補の筆頭になったのかしっかりと考えて、
マリーンズですべきことをしなくてはいけないですね。
あともう1人はやっぱり慎二プラス金銭で間違いないみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふうちゃん、こんばんは。

那須野さん、自分への甘さを捨てきれなければ、どこ行っても同じですよ。
人に言われる前に、まず自分自身に厳しくなければ、プロなんかでやっていけるわけありません。
ポテンシャルは高いから、心機一転して活躍を期待したいと思います。

となると、左が一枚も二枚も足りなくなってきますね。先発はバッター吉見さんぐらいだし、セットアップも数はいれど安心して任せられるのがいないですからね。

ニュースで広島のキャンプ模様がよく見られますが、謙二郎さんの熱血ぶりに注目していますが、やっていることが明快で良いですね。
うちはまだ体制も整えられて無いわけです。出遅れていると言うことをみんなが認識し、、オフを少なくしてでも首脳陣と選手の考えを同じ方向性に持っていかなければ。

監督不在とはいえ

こんばんは!!よっしー!!

那須野くんは、おっしゃるとおり、意識改革、自分への甘さを
変えなければ、マリーンズでも同じことの繰り返しでしょうね。
工藤さんがずっと期待していて、いろいろアドバイスを送って、
去年は秋季キャンプまでは良かったですが、そのあとの自主トレ以降の
取り組みの甘さはいうまでもないので。
工藤さんがもったいないな、もったいないなってずっと言っていたのが、
すごくファンとしても心が痛みます。

左ピッチャーに関しては、どうやら台湾人の選手の補強《支配下1人、育成1人》にまず
全力で注ぐみたいです。
兵役等のお国柄の問題をクリアできるように、、常務やスカウト
《酒井さんがスコアラに転身なので、新たに加わったオオユキさんかな?》が
渡台をして、向こうのチームと大使館等で話し合いを慎重にするみたいです。
あとまだ金銭トレードがあるんじゃないでしょうかね?
おそらく交換トレードはもうないはずなので。他の外国人投手2名は、
1人は右で1人は左で、先発やセットアッパー以降を柔軟に対応できる投手を
考えているみたいで、日本の野球経験者や他球団との契約が漏れた選手も
獲得対象に含んでいるみたいですね。

謙二郎さんは、本当にやることが明快ですね。ただファンはすべて
納得しているのかというとそうでもないみたいですね。
契約保留者が続出したりというのもあるんでしょうかね?

ベイスターズもさちこカフェをチェックしてみると、かなりハードだけでなく、
内容も濃い感じを印象受けます。これは新監督の意向がすでに伝わっているんでしょうし、
それぞれがあまりに今までが拙かったということを、意識したことの
現われだと思います。ずっとファンも感じていたことで、遅いことかもしれませんが、
それでもやらないままでいるより、しっかりと改善して取り組んできている、
監督の発表が早く出来れば何よりでしたが、ドラフトやトレードの進め方を見ると、
全然先の見通しが暗いとこの秋は今のところは思いません。
去年と一昨年は、もう秋の時点で、僕、もう今から不安でしょうがないって
ずっと言っていましたよね。よっしーもかんじてらっしゃいましたが、
危機感のなさが漂いまくっているのが明白でしたから。
もちろんすぐに良くなるということはないですが、やっぱりすべきこと、
しっかりやって欲しいです。悔しい想いをしたのならなおさらです。

ふうちゃん、こんばんは。

台湾人選手はベイスターズとはあまり縁がありませんが、古くから日本プロ野球に名選手を輩出していますね。最近ではチェンが大ブレークしていますが、ポテンシャルは良いものを持っている選手が多いと思うのでぜひ獲得に結びつけてほしいですね。

さて、日本シリーズも終わり、本格的なストーブリーグに突入しました。

まず、監督人事。ジャイアンツから三願の礼で迎える尾花氏をフロントを全面バックアップすること。
過去と同じ過ちは二度と起こしてはなりません。

ピッチャー陣が崩れたら投手出身の監督を迎える。牛島さんの時をよく思い出します。結果を残せなかったら短期で首をすげ替えるなんて、まさかしないでしょうね。

それと、ジャイアンツに迷惑をかけたこと、これは猛省すべきでしょう。前フロントと同様にアマチュアフロントと言われても仕方がありません。
誰かが口を滑らさないかぎり情報は漏れないと思うんですが。


そして、トレードの正式発表。
両球団の思惑が一致したとありますが、決まった以上、当該選手達には奮起を期待したいですね。
直行さんには、ローテをしっかりはってもらわなければ。再来年メジャーへ行くのか?なんて声も聞かれますが、とりあえず来年、結果を残して頂きましょう。

あっさり

こんばんは!!よっしー!!

日本シリーズが終了したら、いろいろすぐに動くとは思っていましたが、
監督もトレードも予想通りすんなりでした。
尾花さんもジャイアンツもすんなり了承してもらえたというのはありますが、
情報漏れ、これ、なぜかベイスターズのオーナーと社長が謝罪をしていますが、
漏らしたのって、実はジャイアンツ側なんですよね。
記事が出る前に向こうのオーナーが怒っていましたもん。
誰ってマスコミに逆取材をしたという話しが出ていたぐらいで。
今回は珍しく、しっかりと箝口令をベイスターズ側は守っていました。
これはやっぱり哲さんや由一さん、そして弘田さんと
現場を知る人間がフロントに入ったことと、やり手の佐藤常務が
加わったのが大きいと思いますよ。
3年3億での契約は本当かどうか分かりませんが、
しっかりと3年間を任せて欲しいし、バックアップもしっかりして欲しい。

補強に関してもお金でなく実をとる補強をするという話しをオーナーと社長が
言っていたぐらいなので、しっかりとそれを見せてもらいたい。
ただ補強にお金をかければ良いわけではないし、
このチームの問題は明確で、チームの底上げこそ大切ですからね。

で、トレードなんですが、那須野くんと慎二から俊雄に変わりましたね。
現場にしっかりと意見を聴いたそうですよ、今回は。
それで慎二では困るという話しが、現場からも選手からも出たことで、
マリーンズは中堅捕手の補強を願っていたことから、俊雄に代わったそうです。
また捕手かよって話しですが、他に野手を出せないチーム事情を加わってのこと。
前フロント陣のときに、しっかりとドラフトで、先を見据えた指名も
しなくてはいけなかったというのがこういう面でも出ていると思います。
こういうところにしわ寄せが来てしまうので。
那須野くんは工藤さんとマリーンズファンをもう裏切るなよといいたいし、
俊雄は、これをチャンスだと思ってしっかりとやって欲しい。
直くんに関しては、ブログを読むとしっかりとトレードを受け入れているし、
FAのことは抜きにして、期待もしていますし、マリーンズの顔で、
ファンに愛されている選手が移籍してくるわけですから、しっかりと
ファンとして支えてあげたいですね。僕自身、アマチュア時代から好きな選手でもありますし。

台湾の選手は、もっとベイスターズ初期のころに、当時スカウトだった松岡さんや
OBの意見を聴いていれば、もっと獲得する機会はあったと思います。
去年も獲得を目指していましたが、見送りになりましたけれどね。
本当にポテンシャルの高い選手が多いですし、台湾球界がまたもや八百長問題で、
ゆれている時期なので、日本で、しかもベイスターズでプレーしたいと
言ってくれている選手を、しっかりお国柄の問題をクリアにして入団にこぎつけて欲しいです。

あと、どうやら直くん獲得で撤退報道が出ていた藤井くんの獲得にも向かうみたいですね。
争奪戦になるのは必至ですが、関東に戻りたい藤井くんがどう判断をするのかも
気になるところです。おまけにCランクの選手なので、金銭のみ。
おそらく尾花さんや哲さんら要請で撤退から獲得へを変わったんでしょうが、
マネーゲームをしないで、上手く獲得できたらフロントをさらに見直しますけれどね。
尚成は、残留か海外の意識が強そうですね。チョッとビックリしましたが。

ふうちゃん、こんばんは。

尾花さんの招聘が今後色々な波紋を呼びそうですね。何かジャイアンツは喧嘩別れの形を取りたいが為にわざと誰かがリークしたのでは?とまで思ってしまいます。
まぁ、優勝チームの投手チーフをヘッドハンティング自体が異例ではあるんですがね。。

ところで、マリーンズの橋本さんがFAしましたね。ベイスターズ入りが決定的と言われている状況ですが、核となる捕手の補強は必須だっただけにぜひ契約に結び付けてほしいです。
今年の大コケの原因は数あれど、捕手流出で慌てて補強した実績のある野口さんがまったく戦力にならなかったことがかなり大きかったように思います。
結果的に細山田、武山、新沼さん、俊雄と実績が無い選手に経験を積ませてあげることになったわけですが、やはり一軍レベルではきつかったですよね。
将来的に見れば、彼らは良いキャッチャーになれる素材ではありますが、現時点でプロのキャッチャーとして戦える人材の補強はやはりするべきでしょう。

仰るように藤井さん獲得できればフロントやるじゃない!と思いますね。経験のある先発左腕、そしてジャイアンツキラーですからね。尾花さんが一緒に打倒ジャイアンツを目指そうと直に出ていけば在京意識が強い藤井さんの心を動かせるかもしれません。彼もぜひ全力で獲得に走ってほしいです。


見直した!

こんばんは!!よっしー!!


尾花さんの招聘も、ヘッドハンティングのカタチになるから、
しっかりとお詫びとお礼をしたかったということでの昨日の謝罪だったんですね。
一方、瀧鼻さんも情報漏れのことを詫びたようで。
お詫びとお詫びで契約がスムーズにいくとは・・・。
でも本当に、原さんは同士として評価されたのは嬉しいとコメントが出ていますが、
井原さんとの確執の話しはたびたび出ていましたが、一部のフロントとぶつかった面も
あったなんていう記事も一部で出ていますね。
だとリークしたのはその中かもしれませんね。
瀧鼻さんから逆取材をされた某ラジオ局のアナウンサーもびっくりしたんじゃないですかね。

それから将くん、宣言をしましたね。どうやら他球団で手を挙げる球団はなく、
《タイガースもジョーを獲得しちゃいましたから。》
すんなりと19日(木)に即決しそうですね。今回は、昨年の反省もあって、
慌てての捕手補強ではなくて、事前調査をした上での補強というか、
実はこちらも一昨年からラブコールを送っていたわけで、そのあたりの連携は
しっかりとれているみたいですね。慎二を中心にして細山田くんと真吾、
支配下登録される予定の杉本くんも含めて、育成をしながら、
慎二と将くんを上手く兼用して、細山田くんと真吾にもいろんな面から学ばせる
ということになるんでしょうね。
野口さんは、けがを黙ってFA宣言してきたので、球団の調査不足も問題でしたが、
本人もこれは良くなかったですね。けがならけがなりのチームでの扱い方も
出来たと思うので。
将くんは、肩が弱くなっているのが気になりますが、気心が知れている
福澤さんもバッテリーコーチとして今はいるので、送球のコツさえつかめば、
それなりにカタチになると思います。細山田くんは、決して肩が強くないですが、
送球のコツを知っていたからこそ、前半は糖類も刺せていたわけですし。
もちろん、なかなかクイックが出来ない投手の多いベイスターズなので、
そのあたりも尾花さんと野村さん、新コーチ2人がもう1度しっかりと
鍛えなおして欲しいです。

あと今度のフロント陣、哲さんと由一さんが中心で、
間に弘田さんもいる、そして、社長と常務が進言をするカタチを
しっかり取れているみたいで
藤井くんの獲得にあたっても見直しましたね。
やっぱり現場をよく知っているものが入ると
若手の育成を阻害するような補強では意味がないし、尾花さんと
話しを聴きながら、どうするか最終決定をするということですから。
13日(金)に監督就任となるその日に編成会議を開き、
そこで最終的に決定するそうです。タイガースは真弓さんや現場は獲得に
消極的なのに対し、フロントは獲得する気でいるようですね。
このあたりの温度差は結構影響が出そうな。
マリーンズはどうやら前向きにということみたいですね。
藤井くん本人もお金じゃなく環境と投手としての使われ方を評価対象に
ということになると、在京志向が強い選手なので、
獲得に名乗りを上げると有利に交渉できるように思いますね。
若手の尻をたたくためにも、僕は獲得に向かって欲しいです。
あと、どうもまだ投手はもう1人、金銭でトレードがある気がしてならないんですよね。
気になる選手がいますが、今は名前を挙げないでおきます。

野手は、外国人とトライアウトで獲得見込みのようで、もしかすると
もうトライアウトに出る選手の中で考えている選手がいるのかもしれませんね。
あとドラゴンズから戦力外通告を受けて、トライアウトに参加する
中里くんもチェックしているみたいです。スワローズやジャイアンツも
獲得するんじゃないかという話しもありますが、こちらもどうなりますかね。

ふうちゃん、こんばんは。

尾花監督の就任が正式に発表されました。
投手コーチには元ホークスの岡本克道さんの名前が挙がってますね。自分の薫陶を受け、同じ目線を持っている者を置くのは良いと思います。監督もピッチャーばかり見ていられないですからね。

尾花さんは、このチームを強くしたいという気持ちはあると仰っていました。
縁も所縁もないベイスターズの監督を引き受け、0から、いやマイナスからのスタートのチームですからね。生半可のことではないでしょう。でも、そう言ってくれたのが私は嬉しかったですね。

生まれ変わったフロントも最大限のバックアップを約束してくれていますし、思う存分やって頂きたいです。
現場のことを理解してくれている岡本哲さん、由一さんがフロントに入ってくれたことがホントに大きいんですね。これが普通でなければいけないんですが、ようやく変わってきました。
かなしんには頂いた戦力でやると編成はフロントに任せるというニュアンスですが、他紙は要望があるとなってますが、やはり、自分の要望はあるでしょう。


尾花さん就任!

こんばんは¡¡よっしー¡¡

発表されましたね。尾花さんの就任。
ベイスターズの投手コーチは、元ホークスで現香川の岡本克道さんで間違いなさそうですね。
トレーニングコーチも香川から来るそうです。
5位指名の福田くんも香川、香川と縁が深くなりそうな。(笑)
その福田くんが他球団のスカウトや元スワローズの敏腕スカウトの
安田猛さんから絶賛されていますね。
一度野球をやめようと思ったとこから這い上がった選手。今年の藤江くんや小杉くんと
似た面もありますが、なおさら期待しちゃいますね。
あとシーレックスの投手コーチと尾花さんの要望次第で付けるとされる
打撃コーチ補佐ですね。

僕も、今日ラジオを夕方聴きながら作業をしていたら、松本さんの番組内で、
尾花さんと松本さんが監督就任にあたって、先日話したみたいで、
ベイスターズを強くしたいということ、みっちり若手を鍛え上げるということ、
かなり気合いが入っていたと聴きました。
とにかく、若手を鍛え上げたいという意識の方が強いみたいです。

それからフロントとの連携もしっかり出来ているようですよ。
13日(金)に就任会見で、そのあとにキャンプを視察、編成会議で、
補強面を話し合って、尾花さんも要望をおっしゃるそうで、
そこで藤井くんの獲得に関しても議題にあげるそうです。
本当に哲さんを中心にして、脇に由一さんと弘田さんがいるというのは
大きいと思います。あと前常務と違って、暴言もはかない、
悪しき体質をしっかり決別させた佐藤常務も
本当にかなりのやり手ですね。木塚くんの残留・評価もキチンとして
くださいましたし。ベイスターズ愛が強くて、ファンを大切にしてくれている
木塚くんが出るなんていうことになったら、また選手から不信感をもたれますからね。
そのあたりもずいぶん変わったと思います。
急に他球団が獲得に消極的になって気tレイルのが気になりますが、
もしかしたら、もう話しが出来ているなんていうこともあるのかと思ったりもします。
ジャイアンツにトライアウトをせずに入団した中里くんのこともありますしね。
他が手を出せなかったそうなのでね。
あと台湾の王くんの入団もほぼ決まりました。お国柄の問題をクリアできたみたいで。
あと育成枠で獲得する予定のもう1人か2人《たぶん2人》も、お国柄の問題を
もう少ししたらクリアできるみたいで、すんなりと入団できそうですね。
今回はこのあたりもバッチリ。
スレッジもどうやらホークスとの争奪戦に参戦しそうです。
マネーゲームをしないで、獲得できるかどうか。

そうそう、今回は来年のドラフトに向けての動きも早く、
《本来はこちらもすでにかなり積極的に動いていて当たり前なんですが。》
来年も当然地元の好素材は積極的に獲得するそうです。
今回は、堀井さんや編成、他のスカウト、社長や常務のブレも
今のところは特になく意思が統一されているように見受けましたね。
新聞に出ているところでは横浜高校のオールラウンダーの野手の
大石くんをもう徹底マークしているみたいですね。
現状は上位指名の選手ではないので、
中位から下位指名での獲得を上手く出来たら、このあたりも
変化がしっかり出てきているというところが見られそうです。

ふうちゃん、こんばんは。

いつもストーブリーグに突入するのは早かれど、ここまで毎日マスコミを賑わしてくれるのはなんだか気持ち悪くなってきます
人が変わればここまで変わるのか、やる気を出せばここまで変わるのか。。佐藤さんですか、やりますね。ホント、前常務とは大違いですよ。

今日、マリーンズのシコースキーの獲得を目指すという記事が出ましたね。
外国人枠でクローザーを獲るというのはシコースキーのことだったんでしょうか。まぁ、見知らぬ選手を獲るよりもある程度実力の把握している選手の方がリスクは少ないのは確かですけど。
これで、藤井さん、スレッジと獲得できたら、戦力的にはかなり整ってきますね。
しかし、野球はチームスポーツ。前々から言ってますが、チームとして如何にまとまれるか?個人個人がバラバラではいけません。
そこらへんが課題になってくるでしょう。

あと、これまた元マリーンズの杉原の獲得がこちらは正式に発表されましたね。NOMOベースボールクラブでプレーしていたんですね。こういう選手が再び夢をつかむのは非常に感慨深いものがあります。ぜひ、尾花監督の元で一花二花咲かせてほしいですよ。


サプライズ

こんばんは!!よっしー!!

本当にここまでストーブリーグが騒がしいと気持ちが悪くなるのも確かですね。(苦笑)

編成会議も13日(金)の予定が1日早まり今日12日(木)に。
哲さんが尾花さんに話しを聴いて、常務と相談の上で
今日のうちの編成会議にしたようです。
シコースキー、藤井くんの獲得を目指し、スレッジも。
全員獲れたらこれまたすごいですが、この変えようという意識だけでも
十分現場としては、上が変わろうという意識は伝わるでしょう。
キャンプで若手が眼の色を変えて、取り組んでいるのが何よりの証拠ですね。
おそらくシコースキーはセットアッパーではないかと思います。
尾花さんがとにかく若手を鍛え上げてというぐらいなので、俊くんか寺が
ストッパーになる気がしますね。個人的には俊くんをしっかりと鍛え上げて、
先週、大輔さんのラジオに出演した佐々木さんもおっしゃっていたように、
もう1つウイニングショット《もう一段違うフォークならなお良し》を教え込んで
欲しいです。尾花さんさえ良ければ、佐々木さんを臨時コーチで招いても
いいんじゃないですかね?
あとは本当にぬるま湯体質がどれだけ変わるか?選手の意識ももちろんそう。
ここまでの秋季練習やキャンプの様子だと、変わりつつあるのは感じますが。
同じ方向を向くことの大切さ、しっかりと感じて、親会社もフロントも現場も一体とならないと。

それから杉原くんの獲得はサプライズでしたね。
けがでマリーンズ殻戦力外通告を受けてを退団した後、けがを治して、
NOMOベースボールクラブ入り。そして活躍をしてきてここまで
きましたからね。トライアウトに参加する予定だったようですが、
どうやら参加しないまま獲得した感じですね。
まだ彼は24歳だし、けがをしない身体作りが出来ていれば、
面白い存在だと思います。若手の刺激にもなりますしね。
プロへの復帰は本人の願いでもありましたし、願いがかなった今、
ここで羽ばたいて欲しいですね。

あと台湾からは、王くんが支配下枠で、頼くんが育成枠で契約というのと、
2人とも育成枠で契約というのと両方の記事が出ていますね。
共同通人経由と時事通信経由で記事が分かれているみたいですが、
どちらになるにしろ、素質が見込まれてのことで、まだ若いですし、
この2人もこのチャンスをしっかりとモノにして欲しいですね。

ふうちゃん、こんばんは。

尾花さんの就任会見にチーム再建への並々ならぬ想いを感じましたね。引き受けた以上は全力を尽くすという気持ちが伝わってきました。
自ら仰っている分析野球がどこまで浸透していくか?非常に楽しみです。
しかし、どんなに名コーチが監督になろうとやるのは選手。ふうちゃんも何度も仰っていますが、意識の改革が各選手どこまでできるか?まずはここでしょうね。

課題はピッチャーばかり言われますが、野手陣も全てを変えるぐらいの気持ちが必要ですよ。自分は今まで結果を残しているから、今までどおりやって、何も変える必要がないと思う選手もいるでしょうが、今までの野球と変わる部分を首脳陣が提案するならば、それに従わなければいけない時も出てくると思います。その辺を納得いくまで話し合ってもらいたいですね。
攻撃面は新しくヘッドに就任する島田さんを中心に組み立てていくのでしょう。経験をかなり積まれた方なので私の思い描く効率よく点を取りにいく野球を見せてくれることを期待したいです。

今日一部のスポーツ紙でホークスを自由契約になった篠原さんの獲得が報じられていますね。
左投手は一人でも二人でも欲しいのですが、篠原さん怪我の具合が気になりますね。怪我している場所が場所だけに慎重にいってほしいですし、尾花さんが再生できるとふんでの獲得ならいいのですが。





スタート!

こんばんは!!よっしー!!

本当に尾花さんは気合が入っていますね。
実績を買われての監督へのヘッドハンティングですし、
いろいろ思い描いているものがあるのはよく分かりました。
茶髪等の禁止という話しも出ていますが、それだけ
ファンに恥ずかしくない格好、姿勢を見せろということなんでしょうね。
育成コーチに蓬莱さんが就任しましたが、
僕はこのあたりも若手の育成だけでなく教育係という意味合いが
強いんだろうなって思いました。
ライオンズ時代に清原さんと若手の教育係をしていて、清原さんが
頭が上がらない恐れる方とも言われているぐらいで。
デーブの復帰がなかったら、おそらくライオンズに復帰していたと思います。
ライオンズからの打診があったのも記事で見ましたし。
先にベイスターズの方に決まっていたのかもしれませんが・・・。
今までのような姿勢や取り組みだと、真っ先に雷を落とされるのは、
尾花さんよりも蓬莱さんからかもしれませんね。
主力もそう。自分は主力だからという姿勢は捨てたほうがいいと思います。
野手では修とウッチー、裕基、ピッチャー陣はクローザーとしてキチンと
教え込むとおっしゃっている俊くんへの期待が大きいわけですから。
《ラジオでの発言からするとやっぱり球種を増やさせる感じですね。)
期待をしてもらえるのは、それだけ自分を評価してもらえているということ、
もっと上を目指せるということを意識して取り組んで欲しいです。
島田さんは、打撃だけでなく走塁面もしっかり叩き込むはずです。
権藤さん時代のコーチの完全分業制にも近いのかなとも思いますが、
風通しは良いはず。思いっきり鍛えて欲しいと思います。

さて篠原くんの獲得がでましたね。藤井くん獲得の見送りが出たときに、
ピッチャーはいろいろ補強が進んでいるからという尾花さんの発言の意味が
分かりました。尾花さんがしっかりとけがのことも把握しての獲得だと思います。
しっかりと治して、セットアッパーとして出てこれるようになって欲しいですね。
僕が気になるといっていた1人が実は篠原くんでして。
尾花さんがいろいろホークス時代に指導して、あれだけやれたピッチャーだったので、
けがさえ良くなればもしかしたらという想いがありました。
他でも篠原くんの獲得を評価している方がいますが、僕も結構評価しています。

あと、ブログでベイスターズとマリノスの記事を書きました。
チョッとごちゃごちゃしちゃったので、分かりにくいかもしれませんが、
少しでも伝われば幸いです。(^^;;

ふうちゃん、こんばんは。

私、蓬莱さんをあまり存じ上げないのですが、外からの新しい血が選手を活性化してくれるのが楽しみですし、このチームで当たり前になっている習慣、雰囲気を間違っていると思ったらどんどん喝を入れていって頂きたいです。

私が勝手に思っていることかもしれませんが、このチームは理にかなっていることを練習などを取り組んではいるけども、周りからその練習はどういう意図があって、自分がどれくらい理解しているかを問われるとあまりうまく答えられない選手が多いのではないか?と思っています。
練習の為の練習がマンネリ化してしまっている。新しい首脳陣にはこの一掃をまず期待したいです。

身なり云々が話題になっていますが、こういうことに拘るのが良いか悪いかの是非を問うのではなく、こういうことを監督自ら言わなければいけない環境にあるということを選手もファンも認識しなければいけないですね。
私は、やることをやれば身なりなどそこまで厳しく言う必要もないのではと基本的に思います。しかし、自分達が置かれている立場を考えれば、やるべきことはわかってくるでしょう。
また、ただ単に髭、茶髪、長髪禁止と頭ごなしに言うのではなく、そういう雰囲気作りからしてあげなければいけないのかもしれませんね。

山口は尾花さんの期待を背負ってますね。基本はクローザーなのでしょうが、ピッチャーの基本のきから徹底的にたたき込んで欲しいですね。今年、色々な経験して、それを、来年にどれだけ生かせるか?楽しみですよ。


雰囲気

こんばんは!!よっしー!!

ブログにコメントありがとうございました。
あれだけごちゃごちゃした中でのしっかりとしたコメントに感謝です。

蓬莱さんは、少年野球の監督からの異色のプロの出戻りなので
そちらの方ばかりがめだっっていますが、ライオンズ時代は佐伯さんみたいに、
キチンと礼儀や身なり、言葉遣いなど相当厳しい方と聞きました。
尾花さんの身なりの件もそうですが、よっしーもおっしゃるように、
本当は言われてするのではダメなんですよね。
今回、すでに分かりやすくて、ベテラン組みや修は、もう言われる前に
髪型、格好をキチンとしてきていますから。
ヒゲになれちゃっている、小山田くんやデンさんもひげをそっちゃったので、
かなり違和感がありますけれど。(^^;;
ただ結果も何も残していない若手が色気づくなというのは
僕も分かるので、練習のための練習になっているというのは、
佐々木さんや江本さん、若松さんもずっとおっしゃっていたことですし、
その一層もしないといけません。
横須賀は、見に行かれた方もかなりかわったとおっしゃっていますね。

俊くんは、僕もラジオの尾花さんの発言からすると、
クローザー第1候補で間違いないと思います。
俊くんや健太郎くんが的確な指導にすごく納得したようですし。
前から指摘されていたように、単に力だけ入れて、何も
考えていないようなボールを投げてやられるのではなくて、
意図を持って投げる、今のベイスターズの投手陣、
ほとんどにいえることなので、しっかりと頭と身体に叩き込んで、
来年、大きく変わったと思われるようになって欲しいですね。

ふうちゃん、こんにちは。

この三日間、強制休暇になりまして、今日、久しぶりに長浦に来ました。
どれだけ、雰囲気が変わっているのかがとても楽しみですよ。


尾花さんは本格的には春から動くと言ってますが、早くも指導の熱が上がってきているようですね。
守備の拙さなどを嘆いていたみたいですが、逆に今まで如何に適当にやってきたのか?が浮き彫りになっていいんじゃないですかね。
プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。