スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島東洋3回戦 ~審判は神様じゃけんのぉ~

「審判は神様」

野球の世界ではよくそんなことを言われる。

その前に審判もプロであるべきだ。

普通にやっていて当たり前。何かあったら文句を言われる立場にあるのは酷だとは思うが、だからといって今日のような対応をしてもらっては困る。というより残念でならないですよ。あんな形でしか纏められない審判団はプロとは言えない。


先発はウォーランド。前回の巨人戦では立ち上がりに難があったが、今日は無難に乗り切れたことが大きかった。(序盤はあまり見れませんでしたが)

広島打線の調子がそこまで当たってないことを差し引いても良く投げたといっていいのではないか。フォーム等に怖さはないけど、そこそこのピッチングができる。そんなピッチャーだろう。

あと、崩れる時はマストニー同様にフォアボールから。コントロールが良いわけではないので如何にしてバッターに振ってもらうか?でしょうね。

今日はピッチャー陣の頑張りに尽きる。

ウォーランドが残したピンチを真田がよく消してくれたし、山口もプレッシャーのかかる場面で良く投げてくれた。ストレートが素晴らしいものがあるだけに、今後は変化球の使い方が課題か。しかし、2イニングを投げ、特に9回のピンチをよく凌いでくれた。今日の勝因の一つでしょう。

裕也さんも落ち着いてました。相手の守護神が打たれた中、多少投げづらさがあるのかな?と思ったけど、気持ちにブレがなかったですね。素晴らしい。

一方、打撃陣は、というより、首脳陣に今日の達川さんの解説を聞かせたい。

「戦力の無い弱いチームが、戦力豊富の強豪の野球やったって勝てない。もっとアグレッシブに動かないと。動く勇気を持たないと、ファンも離れていく」

まさにそのとおりだと思いました。動かないのか?動けないのか?松本だって山崎だって育て方次第で大きく変わってくるでしょう。走れる選手はどんどん走らせれば良いんです。(8回の暴走をしろとは言いませんが)

バントだってそう。10回の場面。佐伯さんのナイス選球眼、天気の神様の力もあって勝ち越せたから良かったものの、せっかく金城さんのツーベースで得たチャンスをバントで送って1アウト三塁。まさにセオリーですよね。犠牲フライでも1点でも取れる野球は結構だが、それをやるなら徹底的にその野球を覚えこませないと。

佐伯さんが仰っていたことが、身にしみる。

全てはファンの為。今のチームは勝っていけば変わる。その為にチームみんなで全力を尽くして頑張った勝利。

素晴らしいですね。人格者ですね。ほんとにこの人がいてくれて良かった。

 

最後にあまり言いたくないけど、審判に一言。

もっと、色々勉強しましょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。