スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦 千葉ロッテ3回戦 ~昨年に、負け方似てきた、7連敗~

このチームは負ける癖だけは伝統的についているようだ。

ピッチャーが踏ん張れない、序盤からゲームを崩す、昨年の負けパターンに酷似してきている。

バッターも追いつかない程度の反撃。ピッチャーが踏ん張っている時はバッターが打てない。バッターが打つときはピッチャーが崩れる時。ここ数年はこういう試合ばかりだ。

今日打った選手はみんな素晴らしい当たりである。適時打も出たし、ホームランも出た。

しかし、言い方悪いが負けたら何も意味が無い。いくら打っても負けたら何も意味が無い。

負け試合でボカスカ打つより、ここ一番で一本打ってくれる方がはるかに価値がある。

しかし、ピッチャー陣は化けの皮が剥がれて来たという感じか。

ボール、ボール、ストライクを取りにいったところを打たれる。この繰り返し。

練習不足なんでしょう。自分でストライクを自信もって取れる選手がこのチームには何人いるか。ピッチャーの質が悪いのか?指導者が悪いのか?それともホームスタジアムがバッター有利というのがピッチャーの成長を妨げているのか。

ルーキーキャッチャーの細山田にも疲れが見えてきた。

彼はよくやっている。今年の一番の収穫になりそうだが、このまま全てうまくいくほどプロは甘くない。彼が一人前のキャッチャーになるまで何年かかるかわからないが、彼には将来ベイスターズの扇の要を張ってもらわなければならない。その時までチームの低迷は覚悟しなければいけないだろう。

2002年から続くチームの低迷・惨状はやはり正捕手が抜けたということが大きく響いている。シゲさんが抜け、鶴さんが抜け、相川さんが抜け。今更こんなこと言いたくないがこれで勝てというほうが無茶である。勝てるわけないでしょう。

このままチームの問題点を挙げていけば朝になってしまうのでこの辺にしましょう。

とにかくここまできたら連敗を止めるのは至難の業。とにかく先取点を与えない。1点ずつしっかり取って行く。無駄な点を与えない。当たり前のことだが、そのことが大事になってくる。

今年も去年と変わらず歴史に残る大敗を喫したいのか??

そんなこと選手もファンも望むわけないだろう。

とにかく「勝利すること」このことだけを考えてほしい。

タイムリミットはもうすぐそこまで来ている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。