スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ヤクルト6回戦 ~日々努力。日々成長。~

甲子園での悪夢のような敗戦もこのチームには良い糧にしていかないといけない。

久しぶりの松本での試合。

慣れない球場での試合はプロとしての本当の実力が試される場面が多くなる。

 


今日は非常に見所の多い試合だった。

まずは、僅差で勝利出来たこと。素直に喜びたい。

1回表。結果的に先制点を与える形にはなったが、今日の吉見さんは良い時の吉見さんだと思った。福地さんのゴロもアンラッキーだったし、デントナの当たりも不運な当たりでタイムリーになってしまった。石川にはこれからもショートを張っていくつもりならあれぐらいの当たりは処理できるようにならなければ。ただし、今は仕方がない。ああいう当たりをこれからも何度も経験していくだろう。勘と経験の妙は紙一重だが、今日も粘り強い良いヒットを打っていた。それだけに守備でのもうワンランク、ツーランク上にいってほしい。

スワローズの先発はユウキさん。康介さんもそうだがトライアウトから這い上がってきた選手が頑張っているのを見ると敵味方関係なく嬉しい。地獄を見た者の強さを二人からは感じた。彼らを見て、横須賀で燻っている選手達はどう思っているだろう。

先制されると苦しくなるチーム状態だったが、今日は粘り強い攻撃を見ることが出来た。

それぞれの点に意味がある、内容のある得点だった。

相川さんの裏の裏を読みきったうっちーのうっちーたるところを見せてくれたタイムリー。素直に変化球だったらどうだっただろう?とも思ったが、あそこでライトにストレート打ち返せるのはさすがだ。

下園も非常に内容がある打席を見せてくれている。打ったホームランも見事だったが、4打席目の打席を見て彼をこれからも起用してみたいと思った。

あそこで塁に出れば最高だったが、変則の左相手にあそこまで粘れたのは良い自信になったのではないか??

さて、決勝点を放ったのは地方球場に相性が良い印象を勝手に持っている佐伯さんだった。

その前に、藤田さんの走塁を今日のポイントの一つに挙げたい。スローカーブをうまく拾って塁に出た。ここで彼が100%に近く盗塁を決められる選手であれば、積極的にいかせたかったが、3.4番を見ればなかなか動きづらい場面でもあった。その3.4番は凡退したが、パスボールがベイスターズに味方した。転がった所がラッキーだった部分もあるが、藤田さんはよく走ったと思う。あそこで3塁に行けたことが、佐伯さんのタイムリーに繋がったと思う。

その佐伯さんも積極的によく打ってくれた。チャンスであればあるほど積極的にいけるところが何ともベテランらしい。頼りになりますね、本当に。

追加点は奪えなかったが、スワローズのセットアップ陣を見れば仕方がないか。

その虎の子の1点をうちのセットアップ陣がよく凌いでくれた。

木塚さん、真田、康介さん、山口とよく投げてくれた。

今日のポイントをもう一つ挙げるとすると7回か。

嫌な形で川島慶を出してしまった、あの回。今までの流れだと一気にひっくり返されていただろうが、バントをさせず、ゲッツーで討ち取れた。ここの場面は非常に大きかったように思う。

康介さんは日に日に信頼を勝ち取っていますね。ただ、登板過多にならないように気をつけてもらいたい。

最後の継投方法も賛否があるだろう。あの起用法も理解できるし、結果が良かったので何も言う必要はないが、山口のこれからを考えると、1イニングしっかり任せても良かったとちょっと思った。

何がともあれ、結果が勝利であったこと、これを素直に喜ぼう。素晴らしいナイスゲームでした。スワローズには本当やりやすそうですね。

大事なのは明日。相手は上位にいるチーム。そう簡単には勝たせてくれないだろう。気を引き締めていってほしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。