スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ヤクルト6回戦 ~日々努力。日々成長。~

甲子園での悪夢のような敗戦もこのチームには良い糧にしていかないといけない。

久しぶりの松本での試合。

慣れない球場での試合はプロとしての本当の実力が試される場面が多くなる。

 


今日は非常に見所の多い試合だった。

まずは、僅差で勝利出来たこと。素直に喜びたい。

1回表。結果的に先制点を与える形にはなったが、今日の吉見さんは良い時の吉見さんだと思った。福地さんのゴロもアンラッキーだったし、デントナの当たりも不運な当たりでタイムリーになってしまった。石川にはこれからもショートを張っていくつもりならあれぐらいの当たりは処理できるようにならなければ。ただし、今は仕方がない。ああいう当たりをこれからも何度も経験していくだろう。勘と経験の妙は紙一重だが、今日も粘り強い良いヒットを打っていた。それだけに守備でのもうワンランク、ツーランク上にいってほしい。

スワローズの先発はユウキさん。康介さんもそうだがトライアウトから這い上がってきた選手が頑張っているのを見ると敵味方関係なく嬉しい。地獄を見た者の強さを二人からは感じた。彼らを見て、横須賀で燻っている選手達はどう思っているだろう。

先制されると苦しくなるチーム状態だったが、今日は粘り強い攻撃を見ることが出来た。

それぞれの点に意味がある、内容のある得点だった。

相川さんの裏の裏を読みきったうっちーのうっちーたるところを見せてくれたタイムリー。素直に変化球だったらどうだっただろう?とも思ったが、あそこでライトにストレート打ち返せるのはさすがだ。

下園も非常に内容がある打席を見せてくれている。打ったホームランも見事だったが、4打席目の打席を見て彼をこれからも起用してみたいと思った。

あそこで塁に出れば最高だったが、変則の左相手にあそこまで粘れたのは良い自信になったのではないか??

さて、決勝点を放ったのは地方球場に相性が良い印象を勝手に持っている佐伯さんだった。

その前に、藤田さんの走塁を今日のポイントの一つに挙げたい。スローカーブをうまく拾って塁に出た。ここで彼が100%に近く盗塁を決められる選手であれば、積極的にいかせたかったが、3.4番を見ればなかなか動きづらい場面でもあった。その3.4番は凡退したが、パスボールがベイスターズに味方した。転がった所がラッキーだった部分もあるが、藤田さんはよく走ったと思う。あそこで3塁に行けたことが、佐伯さんのタイムリーに繋がったと思う。

その佐伯さんも積極的によく打ってくれた。チャンスであればあるほど積極的にいけるところが何ともベテランらしい。頼りになりますね、本当に。

追加点は奪えなかったが、スワローズのセットアップ陣を見れば仕方がないか。

その虎の子の1点をうちのセットアップ陣がよく凌いでくれた。

木塚さん、真田、康介さん、山口とよく投げてくれた。

今日のポイントをもう一つ挙げるとすると7回か。

嫌な形で川島慶を出してしまった、あの回。今までの流れだと一気にひっくり返されていただろうが、バントをさせず、ゲッツーで討ち取れた。ここの場面は非常に大きかったように思う。

康介さんは日に日に信頼を勝ち取っていますね。ただ、登板過多にならないように気をつけてもらいたい。

最後の継投方法も賛否があるだろう。あの起用法も理解できるし、結果が良かったので何も言う必要はないが、山口のこれからを考えると、1イニングしっかり任せても良かったとちょっと思った。

何がともあれ、結果が勝利であったこと、これを素直に喜ぼう。素晴らしいナイスゲームでした。スワローズには本当やりやすそうですね。

大事なのは明日。相手は上位にいるチーム。そう簡単には勝たせてくれないだろう。気を引き締めていってほしい。

スポンサーサイト

阪神12回戦 ~真のクローザーへの試練~

甲子園には魔物が住んでいる。

高校野球でよく言われる言葉だが、昨日の敗戦は、まさに魔物に襲われたような敗戦だった。

先発はマストニー。ストライクゾーンで適度に球が荒れてくれれば、昨日のような展開を期待できる。
だが、自分で狙ってコースを突くことができないだけに、その日その日のピッチングになってしまうのが、難点だ。
なんだかんだで抑えてしまうピッチャーは計算しづらい。次の当番時に、フォアボールで崩れる姿も容易に想像出来てしまうが、ローテがいないだけに彼には投げてもらうしかない。

そのマストニーが招いたピンチを木塚さんがよく踏張りましたね。
赤星さんをゲッツーに取れたのが何より大きかったが、評価したいのはやはり向かっていく姿勢。それがあったからこそバントも失敗させたし、あれだけバットに二度当たったのも抗議できる。幾多の試練を潜り抜けてきた強さを感じることが出来た。
康介さんにもその強さを感じることが出来た。左のセットアップマンが不在だっただけに彼の存在は貴重だ。
そして、昨日は山口でひっくり返された。

弱いチームは、負けるべきとこで負けるから弱い。当たり前だが、昨日は負けたらいけない試合。別に山口どうこうではなく、あそこまでパターンに填まった試合は最近まったくなかっただけに一つ形づけられるという意味でもすんなりいってほしかった。

しかし、阪神だってすんなり諦めてくれるはずもない。また、こちらも諦めさせるぐらい追加点を奪えなかったのも敗因。

山口には試練となったが、野球は連帯責任なのだから自分に責める必要はない。反省するなとは言えないが、良い意味での割り切りが必要だ。
強いて言えば、新沼さんの経験不足か。
ストライク先行でいかせたかった気持ちもわかるが、狩野さん、葛城さんの場面は正直過ぎたのかもしれない。特に狩野さんは初球から来ることは前の打席からもわかっていたはず。
あの場面、ピッチャーは弱気になってはいけない。キャッチャーは冷静でいなければならない。よく実感させられた場面であった。

打撃陣は少しずつではあるが、形になってきたか。

3試合連続で先制できたのは自信になるて思う。

これまた結果論だが、藤川さんをあそこまで攻めながらも攻めきれなかった。このことがサヨナラヘ流れを呼んでしまったのかもしれない。

どんなに良い試合していても負けは負け。結果が全て。だが、まだ、昨日のような負けのほうが野球を見ている感じがする。

これからも道程は険しい。五位のタイガース相手にこの試合展開なのだから。

今のベイスターズには相手など関係ない。こういう言葉は強いチームの言う言葉たが、私たちも相手を見る余裕なんて無いと思う。

交流戦 東北楽天3回戦~三年連続で仙台へ~

まぁ、序盤から大量失点しなかっただけでもよしとしなければいけないか……。
83714520.jpg

今日のオーダーは耳を疑った。一番に吉村。二番にジョンソン。機能はしなかったが、何かを変えようという意識は感じ取れるオーダーだった。
序盤の数少ない好機に点が入らなかったことが全て。中盤以降は永井投手が素晴らしかった。

グリンも試合は作ったが……という感じ。
フォアボールが絡んで点の取られ方が良くなかった。結果論であるが、失点回に山崎さんの場面でゲッツーだったらと思ってしまった。嫌な予感がするなと感じているうちにフォアボール×2ですからね。良いコースにはいっていましたが、決め球に苦労しましたね。このピッチングでもよしとしなければいけない所が苦しさを余計に感じる。

両者とも見応えという場面は少なかった試合だった。
永井投手が快投だったのか、うちの打線が情けないのか。

何か淡々とゲームが進んでいってしまった気がする。

もうどうにも止まらないのか。


これからのシーズンどうなるのだろうか。

交流戦 北海道日本ハム最終戦 ~ファイターズファンにも失礼な2連戦~

この2連戦はファイターズファンにも失礼な試合だったとまず言いたい。

こんな試合しかできないことがとても恥ずかしい。

昨日のウォーランドの悪送球。

今日の小山田さんのボーク。

その他にもプロらしくないプレーの連発。

もはや勝ち負け以前の問題にもなってきた。

今更、練習不足を言っても仕方がない。これが実力。

今日は総括するまでもない凡試合。見ていて久しぶりに最後まで見る気がなくなった。

チームに関わる全ての人間が、こんな試合をしたことを恥ずかしく思って欲しい。

明日から、一つ一つのプレーを大事にやっていくこと。

それしか言いようが無い。

どうやら最悪の状態をキープしたまま仙台での観戦になりそうだ。

交流戦 千葉ロッテ最終戦 ~チームを救った横分けハンサムボーイ~

泥沼の7連敗★★★★★★★

選手はとにかく前に進んで戦っていくしかない。

今日の先発はエースの大輔さん。

今日勝てなければ連敗はますます膨らんでいくでしょう。


今日は初回から見ることが出来ました。

大輔さんは審判のストライクゾーンの広さをうまく使っていたと思います。

そこに投げわけられるから大輔さんはここまで勝ってきたんですけどね。

点を取られた回は、早坂にも失投、大松さんにも結果的に甘い球をもっていかれました。

昨日もそう。打たれたホームランは彼が得意とするスウィートスポット。変化球のすっぽぬけをうまくもっていくバッター。あの辺は確実に持って行く。

8回の場面、新沼さん、吉見さんのバッテリーはよくストレートで勝負しましたね。あれでかわそうとしたら、また打たれていたでしょう。

そして、今日の唯一の得点した5回。

先頭の石川のセーフティ。これが流れを引き寄せたわけだが、こういう試みは評価できる。石川が成長しているのを感じますね。ただ、守備面ではまだまだ余裕がないかな。でも、一つ一つ経験ですね。

続く新沼さんがこれまたうまく繋ぎ、大輔さんはバントを決め、続く当たっている金城さんがデッドボール。この時点では正直嫌な予感がした。当たっているバッターがこういうケースで逃げられると得てして次のバッターは結果を残せないことが多いから。

そして今日のヒーロー、北川さん。よく打ちましたね☆

ノーツーとカウント有利から打ちにいった時はあんな難しい球打たなくてもと思いましたが、今考えるとその積極性が良かったのでしょうね。それを信じている田代さんだからこそあのホームランがあったのだと思います。

初回のバント失敗は取り消すことはできませんが、よく打ってくれたと思います。

ただ、この4点で終わってしまったこと。これは猛省ポイントだし、今日の勝利で波に乗っていく為には、1点でも2点でも追加点が欲しかった。点が取れるチャンスはあったんですから。

大輔さんの足の状態が心配ですね。あれだけ撥ねたから骨には異常は無いとは思いますが。。。

今日は救援陣が踏ん張りました。やっとこさっとこという感じでしょうか。大輔さんの気迫をみんな感じたのでしょう。

今日のヒーローは新沼さんも挙げたいですね。よく勇気をもってストレートを要求しました。先にも挙げましたが、吉見さんは大松さんに、山口は井口さんに勝負球をストレートにした。これが良い結果になりました。特に井口さんのシーンは一杯食わされましたね。

イニングまたぎで山口というパターンは極力避けたかったけど、彼も、チーム事情がわかっているのでしょう。よく踏ん張りました。

北川さんの満塁ホームランでなんとか連敗は阻止しましたが、相変わらず課題は浮き彫り。結果でチームが好転していけば良いのですが、そう簡単にいかないのがベイスターズ。

今日も岡本哲司さんの総合コーチ就任というニュースがありました。

なぜ今頃??最初から置けなかった理由でもあったのでしょうか?

解せないですね。その場凌ぎの感が否めません。

このまま結果が好転してもしなくてもフロントの更迭こそ、ベイスターズ再生の一歩でしょう。それは変わりません。

交流戦 千葉ロッテ3回戦 ~昨年に、負け方似てきた、7連敗~

このチームは負ける癖だけは伝統的についているようだ。

ピッチャーが踏ん張れない、序盤からゲームを崩す、昨年の負けパターンに酷似してきている。

バッターも追いつかない程度の反撃。ピッチャーが踏ん張っている時はバッターが打てない。バッターが打つときはピッチャーが崩れる時。ここ数年はこういう試合ばかりだ。

今日打った選手はみんな素晴らしい当たりである。適時打も出たし、ホームランも出た。

しかし、言い方悪いが負けたら何も意味が無い。いくら打っても負けたら何も意味が無い。

負け試合でボカスカ打つより、ここ一番で一本打ってくれる方がはるかに価値がある。

しかし、ピッチャー陣は化けの皮が剥がれて来たという感じか。

ボール、ボール、ストライクを取りにいったところを打たれる。この繰り返し。

練習不足なんでしょう。自分でストライクを自信もって取れる選手がこのチームには何人いるか。ピッチャーの質が悪いのか?指導者が悪いのか?それともホームスタジアムがバッター有利というのがピッチャーの成長を妨げているのか。

ルーキーキャッチャーの細山田にも疲れが見えてきた。

彼はよくやっている。今年の一番の収穫になりそうだが、このまま全てうまくいくほどプロは甘くない。彼が一人前のキャッチャーになるまで何年かかるかわからないが、彼には将来ベイスターズの扇の要を張ってもらわなければならない。その時までチームの低迷は覚悟しなければいけないだろう。

2002年から続くチームの低迷・惨状はやはり正捕手が抜けたということが大きく響いている。シゲさんが抜け、鶴さんが抜け、相川さんが抜け。今更こんなこと言いたくないがこれで勝てというほうが無茶である。勝てるわけないでしょう。

このままチームの問題点を挙げていけば朝になってしまうのでこの辺にしましょう。

とにかくここまできたら連敗を止めるのは至難の業。とにかく先取点を与えない。1点ずつしっかり取って行く。無駄な点を与えない。当たり前のことだが、そのことが大事になってくる。

今年も去年と変わらず歴史に残る大敗を喫したいのか??

そんなこと選手もファンも望むわけないだろう。

とにかく「勝利すること」このことだけを考えてほしい。

タイムリミットはもうすぐそこまで来ている。

交流戦 福岡ソフトバンク2回戦 ~なす術なしの5連敗~

これがチームの勢いというものなのか・・・・。

いや、勢いだけではない。

選手一人一人の技術や意識。ホークスとは比べ物にならない。

今日は初回の2点で終戦していたような感じがした。

打線が繋がらない繋がらない。点が入らない。

1番、2番がほとんど出塁していないのだから無理も無いか。

これで5連敗。去年あれだけ負け続け、今年も今のところ負け続けている。

去年とは違う兆しは見えてきているが、まだまだ、他のチームと戦えるレベルにはいっていないことはこれまでの戦績から見ても明らかだ。

楽しみな選手は出てきているが、シーズンに入って試行錯誤している段階では話にならない。

今シーズンをどういうシーズンにするか?そろそろ目指すべき方向が見えてきた気がする。

「種を蒔き、水をやり、芽を出させ、花を咲かせる」

選手を一人前にさせるのと、花を育てるのはよく似ている。

花壇の中に、一輪、二輪、花が咲いているうちに、他の芽が出て、花を咲かせたいものだ。

また、摘み取られる前に、今のメンバーで、このチームの優勝が見たい。

私は切にそう願っている。

 

プロフィール

よっしー

Author:よっしー
ただの野球馬鹿であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロ野球FREAK
順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。